【バレイナのほら穴】

Last-modified: 2020-10-09 (金) 12:40:52

トルネコ3

【グレートバレイナ島】を歩いていると出会す可能性があるダンジョン
ランダム遭遇系ダンジョンの例にもれず、全5階と非常に短い。
【ポポロ】編で一旦グレートバレイナ島にたどり着くと、以降は【エンディング】を迎えるまで【遺跡の大空洞 北】以南のこれまでのダンジョンと施設には後戻りできなくなる。
ゆえに、その間に稼ぎができるポイントはここと【山脈の尾根】のみになるのだ。
 
出現するモンスターはポポロ編の各ダンジョンに出現するモンスターが多く、
1Fは【神々の道】、2Fは【試練の道】、3Fは【密林の墓場】に出現するモンスターが中心で、
4-5Fは山脈の尾根低層~中層のモンスターと神々の道のモンスターを上手く合わせた感じになっている。
よってダンジョンの短さに反して非常に多彩な種類のモンスターが登場し、
【メイジももんじゃ】【ホイミスライム】【ドラキーマ】【キラーマンティス】【キメラ】【トロルボンバー】【エビルポット】【メガザルロック】と、仲間モンスターとして有用なモンスターも多い。
キメラやトロルボンバーを仲間にしたいならば危険度が高い山脈の尾根よりは、ここで狙った方が良い。
要するに、ポポロ編の各ダンジョンで有用なモンスターを仲間にしそびれた時の際の救済措置、という感じである。
【経験値】と言う点では山脈の尾根深層や【邪悪な風穴】のモンスターに劣るものの、
様々なモンスターがピンからキリまで出現する都合上、レベルが低い仲間モンスターのレベル上げにも丁度良い。
 
アイテムは、武器・防具・巻物は一切登場せず、矢も普通には落ちていないが、反面さまざまな【杖】【草】が入手できる。
やはり(爪以外の)武器・防具・巻物・矢を基本的に使用できないポポロ編を意識したと思われる設定。
ポポロ編を終えてイベントが進むと、トルネコ単騎でのシナリオ攻略となるので必然的にここでアイテムの調達を行うだろう。
消耗品を集めるにも便利なダンジョンだが、基本的には拾っても未判別の状態となっている。
稼ぎたい杖、草が決まっている場合は、その欲しいアイテムをあえて倉庫から引き出し、1個以上持っている状態でこのダンジョンに入るといい。
文字は黄色いが名前だけは判別される為、識別の手間や識別の為の一回分の浪費が省ける。
壺に関しては【保存の壺】【回復の壺】しか落ちていないので、識別するまでも無く判別が可能。
「入れる」タイプの壺なら保存の壺で「押す」タイプの壺なら回復の壺で確定である。
3Fには【リリパット】、4Fと5Fには【アローインプ】が出現し、【水晶】も存在するため、トルネコが邪悪な風穴に挑む前に矢をかき集めるのにも便利。
どちらかと言えば、常に【トルネコ】との距離を取り、より威力の高い【鉄の矢】を放つアローインプの方が割りに合う。
また3Fは盾の修正値を下げる【くさった死体】や、草や巻物を切り刻むキラーマンティスも出現するため案外厄介なフロア。
くさった死体が行う物投げ攻撃による事故死にも注意が必要で、幸い【とじこめ投げ】の危険性こそ無いが【もろはの杖】あたりを不意に投げつけられると死が見える。
総合的に4Fと5Fが矢の回収に適しているだろう。
キメラやメイジももんじゃを一撃で倒せるぐらいのレベルになっておきたい。
万全の態勢を整えてから最後の難関、邪悪な風穴に挑もう。
 
なお、トルネコ編の場合、【イネス】【ロサ】の同行も可能。
特にロサと入る際は、【さそりかまきり】、キラーマンティスにより【草】【巻物】の宝物が切り刻まれてしまう。
また、【泥のワナ】が初登場。全階層に出現するので、【キャラメルパン】を持っていると苦戦必至。 
仲間キャラクターを連れて行くことで、このダンジョンの違った一面を垣間見ることができる。