Top > アビリティ > 【まもり】


アビリティ/【まもり】

Last-modified: 2019-08-06 (火) 19:52:15

関連:アビリティ/【ぼうぎょ】アビリティ/【まもる】特技/【守る】


FF5 Edit

ナイトのジョブレベル2で修得するコマンド型アビリティ。要累計40ABP。
次のコマンド入力まで『物理攻撃で受けるダメージを無効にする』。
魔法攻撃は防げない。また、状態異常の追加効果も防げない。
単にこれだけを装備して使ってもあまり意味がないが、「かばう」(非コマンド型)と組み合わせることでその威力を発揮する。
低レベルクリアでは極力敵からのダメージを抑えるためによく使われる。

  • カウンター」などの反撃アビリティが発動した瞬間に「まもり」は解除されてしまうので、複数回攻撃を行う敵パーティ相手(クリスタル×4やギルガメなど)にこの組み合わせは向かない。
    • 効果がなくなる判定が良く分からなかったのだが、そうかカウンター発動で解除されてたのか。
    • カウンターが発動すると解除されるため、モンクをマスターした後のすっぴんだと勝手にカウンターを発動させてしまい、「まもり」と「かばう」の組み合わせは出来なくなる。
      そのためこの戦法を使う時は「かばう」キャラのジョブを『ナイト』にする事。
    • カウンター以外で解除される行動は魔法バリアがある。
  • 庇われるキャラが歌うことで、ドーピング系の歌も遮られることなく歌い続けることが可能。

スロウと併用すると、次のコマンド入力までの時間が長くなるので使いやすくなることも。

  • バーサーカーと組ませることで、コマンド入力の隙を突かれることがなくなり、より完璧な防御法となる。

祝福のキッスと「かばうまもり」を組み合わせる事によって、全てが無効化される。
身も蓋もない攻略法の究極形である。

  • 調合・祝福のキッスがバーサク耐性無視というのがスゴイところ。

FF8では類似のアビリティとして「ぼうぎょ」がある。
こちらは魔法攻撃を半減する効果もあり、カウンターを発動しても解除されない。


その性質上盾・武器・アクセサリでの回避が無力となる回避無視の物理攻撃を防ぐことも可能。
解除されるまで永続する(追加のコマンド入力が不要)というのも利点だろうか。


GBA版まではこびとカエル状態でも次のコマンド入力まで何度でも打撃を無効化する。

FF5(iOS/Android版) Edit

通常時はスマホ版でも従来と同じ性能
次のコマンド入力まで物理攻撃で受けるダメージを何度でも無効にする。
カウンター」などの反撃アビリティが発動した瞬間に「まもり」は解除されるのも従来どおり。


パワーヒット側の仕様変更により、「分身」や「ゴーレム」と並んで「まもり」によるパワーヒットの無効化が可能となった。


小人・蛙時限定で、何らかのアクションがまもり中に起こると解除される。
これらに関してはスマホ版からの弱体化要素である(ver1.1.3で確認)。

  • 小人・蛙中のまもりは物理攻撃を1回だけ0にした後解除。
    ゴーレムや盾・回避武器・エルフのマントによる回避・白刃取り・分身でも解除される他、敵暗闇によるミス、攻撃魔法、回復行為でも解除される。以上は構えが解ける事から判断できる。
  • 回復でも解除なので、リジェネ中に回復が発生すると敵の攻撃が当たる前に解けてしまう。

スマホ版では発動時に光が出てプロテスの音がするようになった。
また、効果中に打撃を受けた時の音が「キンッ!」に変わることはなくなった。


以下の項目は旧バージョンによるもので、現行のver1.1.3には当てはまらない

スマホ版で弱体化を受けたアビリティの一つ。
具体例はギルガメの項目を参照。
-これまでは「次のコマンド入力まで有効」だったのが、スマホ版では「ゲージが満タンになると解除される」ように変更された。
スマホ版でターン送りができるようになってものまねなどが強化された一方、その影響でこのアビリティが弱体化してしまった気がする。