Top > アビリティ > 【チャクラ】


アビリティ/【チャクラ】

Last-modified: 2019-06-02 (日) 23:22:41

FF5以降登場するアビリティ。モンクのお馴染みの技。
気を練って自身のHPを回復する技なのだが、細かな効果は作品によって微妙に違う。


関連項目
特技/【チャクラ】


FF4TA Edit

ヤンの娘・アーシュラが使える。

回復量は「ケアルラ一回分 + 現在HPの14~16%」。
ケアルラはアーシュラの精神を元に計算される。
待機時間はかかるものの、回復量はポーションより高いので、
状況に応じて使い分けるのが基本となる。


月齢が新月の時には、意外なほど高い回復量になる。
集結編以降は、回復は本職の白魔法使いに任せればいいので気にならないが、ヤン編では頼りになる。
レベルカンスト(Lv.40)で装備品補正付き、月齢新月で1000以上の回復が可能。

FF5 Edit

モンクが習得できるコマンドアビリティ。
自分自身のHPを回復し、猛毒暗闇状態を治療する。
ノーコストで使用できるが、回復量はかなり少ない。


ひそかに魔法倍率を参照するため、魔力の低いモンクでは効果が薄くなるアビリティ。
回復系ということでプロテスとシェルの影響を受けない。
が、致命的なことに魔法防御力の影響を受けてしまう。しかも基本威力が30と低い。
魔力の高い魔道士系ジョブは魔法防御力も高いため、高倍率低威力となって回復量が微妙。
逆に素の戦士系だと低倍率普通威力となって、これまた微妙な回復量となる。
活用するためにはかなり特異な運用法をする必要があるため、非常に微妙なアビリティとなっている。
ボーンメイル装備中だと回復ではなくダメージになる。

  • 手に入る時期を考えると、
    火力船あたりでクルーダストの放つフラッシュでうけた暗闇を治療するのが主な用途だろうか。
    少なくともこの時点なら回復量もさほど不満はなさそうであるし。

【視聴覚室】

検証動画

FF5(iOS/Android版) Edit

魔法防御力の影響は受けず、純粋に魔力のみで回復量が決定されるようになった。

FF11 Edit

モンクがレベル35で習得するジョブアビリティ。
HPを回復し(回復量はVIT値依存)、毒、暗闇状態を治療する。
一部の装備品やジョブ特性で強化が可能。


詳細はこちら→チャクラ

光の4戦士 Edit

武道家のレベル3アビリティ。消費AP3。
自分自身の最大HPを2倍にする。重ねは不可だが、他アビリティの重複は可能。
表示は999で止まるが、実際は1000を超える。


最大HPがあがるとリジェネ回復量もあがる。防具をそれなりに鍛えていればほとんど回復いらず。
ちなみにルクスと重複する。

  • 界王拳は3倍までということか…

TFFCC Edit

条件発動系の特殊アビリティ。
曲が1/2まで進むと発動。HPゲージを一定量回復する。

レベルCP効果
Lv15曲が1/2まで進むと発動。HPゲージ7%分回復
Lv29曲が1/2まで進むと発動。HPゲージ12%分回復
Lv313曲が1/2まで進むと発動。HPゲージ18%分回復

フリオニール(Lv1~3)、カイン(Lv1~2)、エッジ(Lv1~2)、ガラフ(Lv1~3)、サイファー(Lv1~3)、プリッシュ(Lv1~3)、アフマウ(Lv1~2)、フラン(Lv2~3)、ラムザ(Lv2)、ティファ2nd(Lv1~3)、マキナ(Lv1~3)が覚えられる。

FFRK Edit

レア3のモンクアビリティ。使用回数は2×精錬度(1~5)。
効果は自身を大回復し、攻撃力を一定時間アップ(効果:小)。
回復量は精神依存。沈黙状態でも使用可能。
生成に必要なオーブ(中)は力5個、聖8個。

チャクラ【IV】 Edit

アーシュラの超必殺技。
味方全体に以下の効果。

  • 最大HPの割合回復(効果:中)
  • 踏みとどまる状態にする
  • 一定時間、魔法防御力(効果:大)

必殺技が付いている装備は「ルーンの爪【IV】」。修得ボーナスは攻撃力+10。
2017/6/12、アーシュラ初登場のFF4TAイベント「ファブールの王女と師父」装備召喚第2弾で追加された。