Top > モンスター > 【ダイブイーグル】


モンスター/【ダイブイーグル】

Last-modified: 2019-08-11 (日) 19:18:51

FF2 Edit

大戦艦や海上で登場。
耐性や特殊攻撃もなく、ステータス上も攻撃力がやや高いぐらいでそれほど見るべきところはない。
飛行しているため空中属性を持つ武器に弱い。
WSC版~GBA版のグラフィックはよく見ないとキノコに手足が生えた化け物のように見える。

  • 俺はFC版のが下の茶色の部分が顔でそれ以外が羽だと思ってた。でもそれだとダイブであってもイーグルじゃないな。
  • なぜだかFC版の説明書の一番最後に天野氏のイラストが載っている。
  • FC版のCMではタイトルロゴのバックにも使われていた(FF1のパッケージイラストとセット)。
    ロゴは実際に発売されたものと違うので、仮絵としてスタッフのお気に入りをチョイスしたのかもしれない。
    まさか、「開発中はダイブイーグルが重要なポジションだった」なんてことはないと思う。

FF3 Edit

山頂へ続く道に生息する。
通常攻撃に石化の追加効果を持っているため、大変に恐ろしい。
発動率こそ高くはないようだが、それなりの頻度で石像と化すので心臓に悪い。


何が恐ろしいってこの時期はまだ、きんのはりを購入できる店が存在してないのである。
当然のことストナやらエスナなんて贅沢な魔法も使えない。
ここまでに宝箱から拾った、わずかな金の針だけが希望の綱となる。


一応、倒すと金の針をドロップすることがある。


山越えが終わってしまえば、直後にステータス回復の泉がある。
仲間が石像になってしまっても、諦めずにまっすぐ山頂を目指した方が良い。

FF3(DS版以降) Edit

FC版と同様、石化効果が恐ろしいモンスター。


突属性に弱いため、弓矢で攻撃すればほぼ一撃。


せめてもの救いはFC版と違い、直前のカナーンで金の針が購入できること。

  • シーフで金の針を盗むことができる。

FF4 Edit

ゲーム序盤、バロン周辺地域で登場。
コカトリスルドランベビーの色違い。
タカの姿をしていて、常にレビテト状態である。
倒すと稀に召喚獣「コカトリス」を落とす。


DS版でおなじみの「くちばし」はSFC版系列でも使う。
ただし、「混乱したときに、自分に対して使う(=要は自爆技)」と言うもの。
もっともこんな敵に混乱を使うことがないので、気付かない人多数。

  • この点はコカトリスとかなり共通している。
    DS版での強化のされ方を含めて。

FF4(GBA版) Edit

新たな亜種にミストイーグルも加わった。

FF4(DS版) Edit

DS版では序盤から石化効果のある攻撃を仕掛けてくるため、難易度が上昇した。本当に嫌らしくなった。


DS版ではSFC~GBA版と違って序盤でもこちらが一方的に攻めることができるわけではなく、
戦闘にもそれなりに時間がかかる。
くちばし」の効果はいきなり石化ではなく「徐々に石化」だが、うかうかしてると石化で全滅もあり得る。
戦闘の進行具合によっては金の針の使用も考えるべき。


この性能変化のおかげで、OP終了後バロンを出て1分たたずに全滅、
もう一度長いOPイベントをやり直す羽目になった人が続出した。

  • とはいえ、初期レベルでも戦うのみで倒せるのでオートバトルで放置しておけば全滅はしないだろう。
  • 勿論オリジナル版よりHPや攻撃力なども上がっているが、前列のセシルやカインの攻撃1発で倒せる。
    くちばしを食らってもダメージは受けないので、うかうかしなければノーダメージで勝利することもできる。
  • 一度に4体も出て来る上に不意打ち、バックアタックされる場合もあるので、本当に急いで倒さないと危ない。

ポーチカ育成ゲームの「カインと100メートルジャンプ」でも出てくる。
次々にやってくるコイツを打ち落とさないといけないが、非常にハイレベル。


種族がバードに分類されているので、全般が有効。
また、システム上対空属性がなくなった代わりに、土属性半減、風属性弱点となった。

FF4TA Edit

FF12 Edit

東西ダルマスカ砂漠に出現する巨大な怪鳥。
ノンアクティブでレベルが高いが、その分経験値も高い。
しかし自殺技のデッドダイブで倒れられると経験値が入らないため注意。

  • アイテムも手に入らない。↓の様に王宮前やってる時にミストナックで仕留め損ねて
    これをされるとかなりイラッとくる。

王宮前プレイではミストナックによる撃退が有効で、低確率でバーニングボウを落とす。
ウルフでチェインレベルを上げて毒か石にして倒す方法が有効。(↑の時期だとポイズンのみ購入可能)

  • 確率は1%の上チェインも出来ない(ミストナック→クリスタルで回復を繰り返すため)ので
    正直凄まじい苦行。1ACでクリスタルに触れられるのが唯一の救いか。
  • この時期に手に入る遠隔武器ではロクなダメージが入らない。
  • 上の毒殺手段だと死ぬまで攻撃を耐えなければならないし、デッドダイブで水の泡にされるし、
    かといって距離を離すと自然回復が始まるしで、かなり面倒。
    • そりゃダイブ面倒くさいな‥‥なんちって
      • カエリマスヨー
  • 西ダルマスカ砂漠ではホーリーとバランスの魔片が低くない確率で入手できる。
    王宮前のを行える程度のHPがあればバランスの魔片は中々の火力が見込めるので選択肢の一つにはなる。
    ミストナックと比較しての利点はチェインが可能なこととエフェクトが短いこと、欠点は魔片の貯蓄をそこそこしておきたいことと減ったら貯め直すよりリセットした方が早い(=EXPとLPも無かった事になる)こと。
  • 他の代替案は赤い牙でダメージを稼ぐプランなんかも。
    赤い牙は天候や属性強化が乗るため、炎の杖+強風状態なら最大HPの25%×1.2×1.5=最大HPの45%ダメージとなり2回当てれば残りHP10%と毒殺しやすい。
    ただ、この方法も↑の魔片同様の欠点を持つ。

スリブル、ブレイク、ドンアクを覚えていれば安全に石化チェインが狙える。
スリプルで眠らせて徐々に石化した後、7カウント以下になったらドンアク状態にして石化するのを待つ。
(7カウント以下で使用すると効果が切れる前に石になる)


優れた飛行能力をもち、狙った獲物を一瞬で仕留めるため空賊鳥とも呼ばれるモンスター。
色鮮やかな羽模様は、ドラゴンなどの天敵を威嚇する役目をもつ。
この美しい羽は、みた目だけでなく利用価値が高いことでも知られ、
道具の基本材料や補強材として重宝されている。

モンスターのタイプの一種としても「ダイブイーグル」が存在する。下記の八体で、全て怪鳥カテゴリー。

FF12IZJS Edit

出現ロケーション、ステータスの点では変更点はない。
王宮前プレイでは、低ステータスで挑むのは度胸が必要だが、
西ダルマスカ砂漠にあるダイヤの腕輪のお陰でサビのカタマリが入手し易くなったので、無印版よりは幾らか倒し易くなったと言える。
だが、カタマリは自分のHP(x)/10~1(10~1の範囲はバラつきがある)という式の算出値がダメージとなるため、分母の数値が1だとしても、HPが低過ぎると倒すのに時間がかかる。
できればHPは3000はある方が良い。
もしくは、ゼルテニアン洞窟・異端を誘う岩窟に出現するスライムからアクアラの魔片がドロップできるので、これを当てるのも良い。
それでも倒すのに時間がかかる事はかかるが。

FFEX Edit

WOFFMM Edit

レア3。コカトリス系
炎属性Lサイズのミラージュ。近接こうげき。
FF4あたりのダイブイーグルがそのままデカくなったようなデザイン。
イベント「ダイブイーグルの禍夢」でナイトメア種を倒すとたまに仲間になる。
よく先制攻撃し、つめややたら「ダイブ」をする(先制攻撃もダイブ)
攻撃に特化しているミラージュ。


やたらダイブするのはボス時でも同じくで、HPが減ると即死レベルのダイブ技で1体ずつ仕留めてくる。