Top > 愛染国俊 極

愛染国俊 極

Last-modified: 2019-07-02 (火) 21:40:03
62番
次の祭りもオレに任せな!愛染国俊 極(あいぜんくにとし)短刀
ステータス(MAX)
生存46(56)打撃32(84)
統率41(76)機動59(143)
衝力34(39)範囲
必殺50偵察95(115)
隠蔽116兵装備スロット2
装備可能刀装
軽歩/重歩/投石/弓/銃
ランクアップチャート
愛染国俊愛染国俊 特(Lv20) →愛染国俊 極(Lv60)
刀帳
オレは愛染国俊。三代将軍家光公が、小さい孫への守り刀として贈った短刀だ!
この愛染明王の加護、今は主さんのために発揮するぜ!

※ステータスは刀帳に表示されている初期値のもの カッコ内の数値は錬結・内番で強化できる限界値

CV:山下誠一郎、イラストレーター:迫ミサキ(クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

ステータス(2018/01/23現在)

  • 実装されている短刀の極の中では、機動が後藤藤四郎 極と並び143で2位。
  • 統率が乱藤四郎 極包丁藤四郎 極と並びワースト3位。

  • 大きな特徴として、ステータスの大幅な上昇とレア度の上昇に伴いスロット数が一つ追加された。
  • 昼戦における遠戦での回避が確認されている。
  • 手入資源の係数が変化し、生存1回復につき各資源5となっている。

その他

小ネタ Edit

極の姿について

  • 襟まで締めた短ランの上に陣羽織を羽織った姿で帰還した。
  • 自慢の愛染明王はTシャツから陣羽織の背中に移った。
    裾の鱗のような模様は愛染明王が座する蓮の花で、襟や袖口の炎のような模様は愛染明王が纏う炎の意匠だろう。
  • 腕や足に防具が装備された。
  • 本丸での立ち絵は歌舞伎の見得からとられていると思われる(折りたたみ内に後述)。
     

修行について

  • 森忠政について
    • 美作(みまさか)とは現在の岡山県北部周辺の旧国名。
    • 手紙で彼について(ネタバレ反転)「……いや、まぁ」「結構苛烈」「かなり厳しいことになってた」など不穏当な文字が並ぶのには理由がある。
      森忠政の略歴。ショッキングなので折りたたみ

  • 家光公の孫、前田綱紀(つなのり)について
    • 前田綱紀は寛永20年11月16日(1643年12月26日)生まれ。大姫が犬千代丸(綱紀)を伴い初めて登城してきたのは正保元年(1645年)2月12日のことである。
      • 母:大姫(おおひめ)は水戸徳川家初代徳川頼房の娘で、5歳で将軍徳川家光の養女となる。6歳で前田家に嫁ぎ(その際嫁入り道具として白山吉光を持参)、16歳で綱紀を産んだ。
        頼房が家康の十一男で家光の叔父(と言っても頼房は家光の一つ上なだけだが)にあたるため、血縁上は大姫は家光の従姉妹ということになる。
    • 祖父:前田利常(詳しくは平野藤四郎参照)、父:その子、光高。
    • 父が早逝したため3歳で家督を継いだ。藩政に関しては祖父の利常が後見人となり、彼を教育した。
      • 伊達忠宗(太鼓鐘貞宗の元主)など当時の賢君とされた大名らにも教えを受けさせた。
    • 祖父が没すると舅の保科正之の後見を受けて16歳から自らの手で藩政を治めていく。
      寛文10年(1670年)には生活困窮者のための施設を建設させた。当時の差別階級的思想から「非人小屋」と呼ばれたが、加賀の人々からは綱紀への尊敬の意を込めて「御小屋」「御救い小屋」と呼ばれたという。
      • この施設で刀工・加州清光が暮らしたため彼は「非人(乞食)清光」と呼ばれていた。
        清光は数代いるが、自称・川の下の子も「貧しい環境で生まれた」とされているので、ここで生まれたことになるのだろう。

その他小ネタ

  • 愛染明王と子孫繁栄*1
    • 仏教は、ざっくりいえば現世の煩悩を捨てて悟りを目指すことも一つの信仰の形であるが、愛染明王は俗世で生きる大衆のための煩悩を肯定する仏様である。
    • 愛染明王は、愛欲などの現世の執着を、現世を生きるためのエネルギーに変えてより良く生きていこうとするものを守護する(ざっくり言っています。諸説あります)。そのため男女の愛情(ひいては人間同士の深い絆)や子孫繁栄のご利益ありとされている。
    • 愛染明王は仏と成るにあたり、自分が果たす役割として十二の誓いを発したとされる(愛染明王十二大誓願)。
      今回の愛染の修行に関係がありそうなものを以下抜粋する。
      • 9.子孫の繁栄と、家運の上昇、信心する人の一家を守って、幸福の縁をもたらす。
      • 12.女性の出産の苦しみを和らげ、その子のために信心すれば、子供には福徳と愛嬌を授ける。
  • 真剣必殺のセリフは愛染明王の真言(マントラ)のひとつ。真言とは、大まかにいえば祈りの言葉。

詳細は愛染国俊を参照

祭はさ、見てるだけじゃダメなんだよ!コメントしないとな! Edit

鍛刀成果の報告はレシピ報告内に、
ドロップ報告に関してはステージドロップ内にあるコメント欄にて行なっていただけると幸いです。

2015/02/02に設定されました当wikiガイドラインに基づき、入手・ダブり報告【のみ】・未入手の愚痴【のみ】のコメントはおやめ下さい。

ガイドライン周知のため、暫定的に折りたたんであります。




*1 この項目はwikipedia「愛染明王」を出典としています