Strv m/40L

Last-modified: 2020-10-28 (水) 16:57:57

Strv_m_40L.png

Tier 3 スウェーデン 軽戦車

公式紹介ページ

固定スペック

車体装甲厚(mm)48/13/13
最高速度(km/h)45
本体価格(シルバー)38,500
派生元車輌Strv m/38

パッケージ

Lago
E:3,690
S:140,000
Strv m/40
E:1,065
S:38,500
L-60 m/40L
E:490
S:3,370
L-60S/V
E:1,540
S:20,070
Strv m/40K
E:2,140
S:25,140

E:必要経験値
S:購入シルバー

詳細

パッケージ名エンジン主砲履帯砲塔HP通信機
出力下記参照車体旋回速度砲塔装甲通信範囲
出力重量比旋回速度視認範囲
Strv m/40LScania-Vabis 166437 mm kan m/38 strvStrv m/40LStrv m/40L20025 W Sv/1 m/39
1424250/13/13290
14.7035300
L-60 m/40LScania-Vabis L 60337 mm kan m/38 strvStrv m/40KStrv m/40L20025 W Sv/1 m/39
1624550/13/13290
16.6835300
L-60S/VScania-Vabis L 60337 mm kan m/38-49 strvStrv m/40KStrv m/40L20025 W Sv/1 m39-42
1624550/13/13345
16.6835300
Strv m/40KFord 31737 mm kan m/38-49 strvStrv m/40KStrv m/40K23025 W Sv/1 m39-42
2054550/20/35345
20.2137320
 

 

主砲性能
名称弾種弾代貫通ダメージ発射速度AP弾
DPM
照準時間精度総弾数最高角
最伏角
37 mm kan m/38 strvAP
APCR
HE
12
2G
10
55
78
19
40
40
50
251,00020.38100+25°
-15°
37 mm kan m/38-49 strvAPCR
APCR
HE
18
3G
10
78
98
19
40
40
50
27.271,0901.800.38100+25°
-15°
301,2001.600.38100+25°
-15°

解説

  • 火力
    • 37 mm kan m/38 strv
      前身から引き継ぐ主砲。同格相手なら通用するが、格上相手にはつらい。
      しかも初期砲塔では、前身よりも照準・発射速度が遅い。
       
    • 37 mm kan m/38-49 strv
      単発火力は低いが、Tier3軽戦車としては貫通力が高め。
      また、乗員100%なら2秒とかからない装填スピードも魅力で、履帯切りと射撃を容易に両立できる。
      また、通常弾・課金弾は共にAPCRであり、弾速が速くて偏差射撃がしやすい。なんと弾速1150m/sである。鉱山などの狭いマップならほぼ即着弾するため、非常に使いやすい優秀な砲といえるだろう。
       
  • 装甲
    正面装甲はこのTierとしては厚め。ただし車体下部は13mm、傾斜を考慮しても16mm相当と薄い。
    下部を隠せば同Tier帯の機関砲、格下の通常弾ならばほぼ弾く。
    側背面は薄いままで、正面装甲も格上相手には通用しない。
     
  • 機動性
    早くも遅くもなく、Tier3軽戦車として平均的な速さ。
    走行時の旋回性が悪く、大回りになりがち。
     
  • その他
    視認距離は平均よりやや短いが何とか水準の域。
    静止時の隠蔽率は良好だが、移動時には低下する。
    無線性能が劣悪で、マップ反対側の味方や陣地付近の自走砲とも途切れやすい。
    平凡な機動力と併せて、偵察適正は低い。
     
  • 総論
    同格戦なら、硬い正面装甲と高貫通な砲を生かして、重戦車的運用が可能。
    マッチング改変によりTier5戦車とマッチングしなくなり、以前よりもさらに使いやすくなった。
    主力戦車の側面支援をしつつ、状況によっては苦手な偵察役もこなそう。
     

史実

1940 年、スウェーデン軍は緊急で装甲車輌を確保する必要に迫られており、この問題への対応策のうちのひとつが、L-60 戦車の近代化改修でした。改修後の最初の 100 両は、装甲が強化され、新型の自動トランスミッションが搭載されました。この近代化改修はランツヴェルク社によって行われたため、社名の頭文字である L に由来して Strv m/40L という呼称で部隊配備されました。後にカールスタードにある工場で生産された車輌には、より強力なエンジンと改良型サスペンションを搭載し、装甲もさらに強化されており、これらの車輌には、カールスタードの頭文字である K に由来して Strv m/40K という呼称が与えられました。

コメント

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • 04経由しないとlagoには行けません -- 2017-11-19 (日) 13:56:10
  • 実機のツリーが変わってたので修正 -- 2017-12-10 (日) 22:50:24
  • これ強すぎ。めちゃ楽しいしシルバーも稼げるw -- 2020-10-27 (火) 19:43:39
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White