Top > 【グリエ王子】


【グリエ王子】

Last-modified: 2019-04-29 (月) 11:14:36




概要 Edit

Ver.4.2ストーリー【赤き大地の双王子】の重要キャラクターの一人。
1300年前のオルセコ王国の第二王子で、同国の第一王子である【ギルガラン王子】とは実の兄弟。
ギルガランとは対照的に病弱だが聡明で心優しい性格で、陳情書を拾い上げ、国民たちを助けている。
容姿については、【オーガ】にしてはかなり小柄で童顔。顎がシャープで爽やかなのはギルガランと同じである。
また、肉食系種族のオーガとしては珍しく【オーガニックサラダ】が好物。
 
公にはギルガランの弟だとされているが、その実はである。そのことが判明する前でも、主人公との会話の端々に見えた弟らしからぬ発言(「ギルガラン」と呼び捨てにする等)に違和感を覚えた人は多いはず。
生まれつき身体が弱く、ギルガランが産まれたときに養子に出された。そして時が経ち、ギルガランの弟としてオルセコ闘技城に戻ってきた。
ギルガランの事は自分よりも遥かに王として相応しいと思っており、自分は「弟」としてサポートに徹することを決意している。
この事実を知っているのはグリエ本人以外に【先王ゾルトグリン】【王妃ララリエ】【ムニュ大臣】のみ。
なお、力を尊ぶオーガ社会において、病弱であることが肉体のみならず社会的にも大きなハンディキャップとなるのは想像に難くない。
現代でも【ギュラン】が体が弱いことを負い目に感じており、【ゼラリム姫】は妙に扱いが悪い。戦時中の過去の国家で、その第一王子ともなれば猶更であろう。
 
時間跳躍してきた主人公をギルガランから庇い、オルセコの実情を教えるとともに、国民の助けになるべく共に行動する。
本来の史実では、代償を必要としない【悪鬼ゾンガロン】封印の手がかりを探していたが、ようやく見つけた時には時既に遅く封印の代償としてギルガランが命を落とした後であった。
その後は弟を救えなかったことを強く悔やみ、失意の人生を送ったとのこと。彼が即位したのかは不明。
主人公の改変により史実より早く手がかりである戦の舞を取得、オルセコ民や難民に会得させるが、本気を出したゾンガロンの凶撃からギルガランを守り、弟と和解して死亡してしまった。
前Verにおける【勇者アルヴァン】【盟友カミル】の物語は最初から悲劇に終わることがVer.2.2時点で分かっていたため、驚きこそ少なかったが、グリエは初登場したVer.4.2内でいなくなってしまい、中々の衝撃を与えた。
だがグリエ自身はこうなるであろうことを薄々察していたようであり、彼の部屋にある日記からそれが読み取れる。
弟と和解することができた上、ギルガランはその後王となりオルセコ王国最盛期を築いたという事実もあり、本来と異なり先に死ぬ形となったがその心は救うことができたのではないだろうか。
 
「弟だと思っていた人が実は兄だった」というシチュエーションは、まるでDQ11のベロニカとセーニャの関係を連想させる。(あちらは隠したりはしていないが)
しかし、キュルルは「歴史の修正力によってギルガランを救った代わりにグリエが死の運命を背負うこととなった」という旨の発言をしており、DQ11と違って彼が復活することは今後もないと思われる。

イベント・その他 Edit

【第6回アストルティア・ナイト総選挙!】 Edit

兄弟揃って出場したが、ギルガランが2位と大健闘したのとは裏腹に、自身の結果は大敗での最下位となった。
とはいえ予選会を勝ち抜いてきた以上、【ナブレット団長】【勇者アルヴァン】をハナ差でも超えてきたということであり十分立派な結果である。

親族 Edit

【先王ゾルトグリン】 父
【王妃ララリエ】 母
【ギルガラン王子】 弟
【ララバ】? 伯母
【ゼルガン】? 再従兄弟
【カルレ】? 再従甥
【エリガン】 1300年後の子孫(歴史修正前)