Top > 【スッテンテン】


【スッテンテン】

Last-modified: 2019-11-13 (水) 01:31:57

概要 Edit

Ver.5.0に登場する、【きじゅつしのぼうし】を被った商人風な関西弁の【テンツク】
【デモンマウンテン】で大魔王の試練を受ける際に現れ、面倒な戦闘を物陰に逃れてうまい事回避しつつ頂上を目指している。
【ユシュカ】をして「あんなのも大魔王を目指しているのか?」と言わしめ驚かれるほど。
 
頂上へと差し掛かるところで、主人公と三国の魔王に休憩を提案。
【ヴァレリア】?は自分たちを貶める罠だとして警戒するが、【ユシュカ】が乗ることにしたことで提案通りに休憩することになる。
実際、寝込みを襲ったりする意志は無く、罠でもなんでもない。
 
その正体は、頂上へたどり着いた者を試す最終試練を課す使命を魔仙卿より与えられた【デモンズゲイト】
頂上へとたどりついたところで正体を現し、襲ってくる。
その際のことはデモンズゲイトの項を参照。
 
倒すとスッテンテンの姿に戻り、頂上へと向かうように促して姿を消す。
【魔仙卿】の魔力が続く限り無限に生み出されるようで、倒れても何ら動じることなく再び現れる。
デモンズゲイトのまめちしきの2ページ目によると、大魔王の試練の無いときは暇になるので、この姿で度々ふもとの【大審門】に姿を見せている。
彼が大魔王の試練に関わる存在とは思われていない。ふもとの魔族たちにも馴染みがあるのだろうか。
 
テンツクが変身する、という点は9の【呪幻師シャルマナ】を彷彿とさせる。
変身後のデモンズゲイトの姿も9で初登場するモンスターであるし、よくよく見れば帽子もそれっぽいのでなおさら。