【ヘルクラッシャー】

Last-modified: 2020-05-19 (火) 13:44:02

概要

DQ6初登場【ゾンビ系】モンスター。色違いに【ボーンファイター】【まおうのつかい】【秘宝の魔戦士】。ボスに【カーボーン将軍】などがいる。
 
DQ6では系統最弱だったが、今作では一番強く【複数回行動】【はげしく斬りつける】【しゃくねつのほのお】【やけつくいき】で猛攻を仕掛けてくるほか、怒り時には通常攻撃に呪いや眠りの状態異常まで付与される。特に怒り時の斬り付け攻撃は脅威の一言なので即【ロストアタック】しよう。
魔法戦士は【ダークフォース】を使用するが、闇属性には強耐性(50%減)を持っており土属性が弱点である。
通常ドロップは【大きなホネ】、レアドロップは【続・暗殺武器の歴史】
 
Ver.1.0の頃はレアドロのレシピから人気武器【キラーピアス】が作成できるため、これ狙いのPTが狩ることがあったが、ザキが効かず、数が少なく、この当時はトップクラスの強敵でもあったため、肉入りでも事故が起きることがあった。当然レシピはかなりの高額品であった。

Ver.1.1

スキルの振りなおしで戦いやすくはなったものの、サポート仲間ではたまに町に戻されることも。ミスをすると怒り出す性質も相まってとにかく安定しないため、100討伐は通常の雑魚モンスターの中では最難関クラスであった。

Ver.1.5

【チームクエスト】に出るからか、【ザグバン丘陵】のクレーター内部に4シンボルまで出現するようになった。
300体討伐は容易になった反面、動いていなくても襲ってくるため、七不思議を探す際にはかなり邪魔になっている。

Ver.2.0

【デフェル荒野】に出現。東側の広範囲に出現するため、移動のさまたげになっている。
この頃には強敵とは言えリンクさえしなければ単独エンカウントのみの為、討伐自体は容易となった。
なつき度上げの観点から見ると敵レベルが【ボストロール】より高いため、地味に便利だったりする。
ボストロールが物理主体PT向けとすれば、こちらは呪文主体PT向けだろう。

Ver.2.3

【魔幻宮殿】に出現。

Ver.3.0

バトマスに必須な「天下無双の極意」を落とすようになった。同じくバトマス専用の「無心こうげきの極意」も落とすのでお得。

Ver.3.5

【ムストの町】に出現。遂に2体で出現することも。

Ver.5.0

【ジャリムバハ砂漠】北西部に出現。サービス初期から登場しているにも関わらず、ゾンビ系では今でも上位にいる。