Top > 【エビルチャリオット】


【エビルチャリオット】

Last-modified: 2019-02-23 (土) 11:00:36

概要 Edit

その名の通り、戦車(チャリオット)に乗った小鬼のモンスター。
チャリオットとは、古代の戦争に用いられたという戦闘用馬車のこと。
コイツのは鉄製の頑丈そうな戦車である。
戦車自体が生きているため、けん引する馬などは必要ない模様。
同種色違いモンスターに【とっしんこぞう】【じごくぐるま】がいる。

DQ9 Edit

系統中位種として登場。主に【ドミール火山】に出現する。
「ヘイヘイ! パラリラ パラリラ~!」と戦車を暴走させる攻撃が最大の特徴。
これを受けると全員がダメージを受け、高確率で動きを止められてしまう。
【無属性規定ダメージ攻撃】なためダメージの軽減は難しいが、威力自体はあまり大きくない。
スクルトで守備力を上げてくることもある。
かぶと割りなどで守備力を下げるか、イオ系の呪文などで他のモンスターごと一掃を狙いたい。
落とすアイテムは、【てっこうせき】【ドリルナックル】
 
ちなみにこいつを【みやぶる】と、
戦車にスプレーでかっこいいペイントをしたが、戦車に嫌がられて渋々消したことが判明する。
どんなペイントをしてたのかが気になる…。
他にも【ダークデンデン】の殻を車輪代わりにしようとして喧嘩するなど、
他のモンスターにとってもかなり迷惑な奴であることがうかがえる。

DQMJ2P Edit

本作で【とっしんこぞう】と共にモンスターズ初登場。
遺跡地下に出現する他、とっしんこぞう×4で4体配合をすると作ることができる。

テリワン3D、イルルカ Edit

物質系のBランク。テリワンでは【他国マスター】が連れていることがある。
特性は【スタンダードボディ】【カウンター】【AI1~2回行動】、+25で【ねむり攻撃】、+50で【ねむりブレイク】
イルルカでは更に【新生配合】【ヒートアップ】【メガボディ】化で【会心でやすい】【ギガボディ】化で【負けずぎらい】を習得。

DQMJ3P Edit

ジョーカー3で欠席するもプロフェッショナル版では復活。
今回は乗っている奴が本体なのか悪魔系。
イルルカの時よりランクが下がってCランクになっている。
野生の個体は【魔界】【魔王城】に生息しているが、位階配合で作った方が早いだろう。
因みにとっしんこぞう4体配合では作れない点に注意。
野生個体は【すてみ】【たいあたり】【スクルト】を使う。
 
固定特性が【カウンター】になった以外はイルルカから変化なし。超ギガボディを引き継ぐと【暴走列車】が解放される。
合体特技は【フォースドハック】、合体特性は【背水の陣】
初期スキルは【ねむりの力】
 

初見殺し Edit

今作では追加シナリオにおける初見殺しとして圧倒的な存在感を発揮している。
リアクターのラー機能が解禁され、崩落都市でおそらく初めて戦うことになる【魔王軍の残党】個体がこいつなのだが、その強さがおかしいのである。
まず1ラウンドに4回行動し【ザバマータ】【アクアブレス】【つるぎのまい】【ミラクルソード】【羅刹斬】等の強力な特技を惜しみなく使ってくる。
また【斬鉄】【オーバーチャージ】やときどき白い霧を持ち、通常攻撃には眠りの追加効果がつき、能力低下などは【超ひかりのはどう】で回復。
とにかくステータスがめちゃくちゃ高い。HPに至っては9999もあり、あろうことか主君である【大魔王マデュラージャ】より高い。
羅刹斬という見慣れない技を使うが、これは威力が1.5倍になっただけのさみだれ斬り。
しかし相手の攻撃力が狂っているため、つねにアタカンタでもない限り左端のモンスターには平気で999ダメージが飛び、下手な4枠モンスターなど2000前後のダメージを食らって瞬殺される。初見のマスターは唖然である。
しかもときどき白い霧でみがわりを封じてこれをぶち込んでくる始末。
ご丁寧にアタカンタ対策に貫通する剣の舞まで積んでいるので、ある程度HPがないと返り討ちにあう。
 
ただの戦闘員とおもわれる存在の癖に無印のラスボス、裏ボスだった【ガルマザード】【ダグジャガルマ】などとは比べ物にならないほど強い。
未対策だと残党の中でもかなり強い部類だったりするが、水属性と斬撃に偏っている技の関係上対策はしやすい。
水属性無効以上+【つねにアタカンタ】持ちのモンスターなら剣の舞以外の攻撃手段を潰せる。しかも通常攻撃の反射で眠ってくれることもある。
残る剣の舞については、【ミラーステップ】は多段攻撃のため完全な対策にならず、【踊りよそく】は白い霧で封じられるため、ある程度のHPを確保して耐えきるとよい。
手間ではあるが、【エンタシスマン】等、合体特性の【つねにミラーステップ】により剣の舞を防げるモンスターを起用するのもいいだろう。
 
そして実は、ラー機能が反応するので倒す必要がありそうな敵に見えるが、こいつは神獣と関係ないのでシナリオ上は倒す必要がない。
ラー機能反応時にミヤブリストを見ろ、と言ってくる通りミヤブリストを見れば他のところにも反応があるのが分かりやすい。
センタービルから出た際の反応を放っているのは実はこいつではなく送電施設の前の岩である。