【ツンツン】

Last-modified: 2019-01-28 (月) 04:26:55

DQ6(SFC版)

仲間になった【スーパーテンツク】
デレない人のことではない。

仲間になる確率

必要熟練度一匹目二匹目三匹目
★31/41/1281/256

仲間になったときの名前

一匹目二匹目三匹目四匹目
ツンツンミカリンオーシよしろう

ミカリンは遠藤美香、オーシは大石直樹、よしろうは武下善郎が由来と思われる。

覚える呪文・特技

ステータス

Lv素早さ身の守り賢さかっこよさ最大HP最大MP
初期26042403521640
最大9928035025020040750780

耐性

強度属性
無効(なし)
強耐性即死、魔封じ
弱耐性幻惑、マホトラ
無耐性メラ、ギラ、イオ、ヒャド、バギ、デイン、炎、吹雪、岩石、軍隊、睡眠、混乱、毒、麻痺、休み、踊り封じ、消滅、ルカニ
回避率1/64

解説

非常に仲間にしやすいので、【カルカド】周辺で戦っていればすぐに起き上がってくれるはず。
覚える特技が多いのが特徴で、メダパニダンスやせいれいのうたなどのなかなか便利な特技を覚える。
ただし仲間にした直後はHPが低いため、しばらくは馬車の中で育てよう。
 
ステータスは素早さが高めなこと以外は平均的。耐性はなく、一部の状態異常を確実に受けてしまうので注意。
特に踊り封じは確実に効いてしまい、場合によっては何もできなくなる。
装備品は【どろにんぎょう】【くさったしたい】などの人間型モンスターと同じ。ムチを持たせて攻撃役にもできる。
また、仲間になりやすくて、かっこよさの初期値が高く、装備が豊富なため、【ベストドレッサーコンテスト】のランク7突破の切り札となる。
 
なお、カルカドで順当に仲間になったと仮定すると、Lv20あたりからずっと【チャモロ】とどっこいどっこいのパラメータとなる。MPでは大きく劣るが重装備が可能という点で補える。
なお、Lv30を超えたあたりからMPも大きく伸び、そのままLv99までずっとチャモロとほぼ互角のまま推移する。なお、Lv99に達するのはこちらの方が9レベルほど早い。
Lv99でのパラメータはほぼ同時期のチャモロのLv90と互角程度なので、向こうに最後のひと伸びがある分だけ最終ステータスではやや劣ることになる。
 

Lv99のチャモロとの比較

Lv素早さ身の守り賢さかっこよさ最大HP最大MP
ツンツン9928035025020040750780
チャモロ9931035024045060750850

ご覧の通り、HPと素早さは全くの同値で、MPや力、更にはかっこよさまで後れをとってしまう。
耐性もマホトラが効きにくいぐらいで全体的にチャモロの方が上である。
あとは何故か【ぱふぱふ】が女性陣側の効果だったりするが、だからどうした。
とは言え、ほぼチャモロと同じ使い勝手のキャラなので、運用方法としても彼と被る部分は多いだろう。
ただし、チャモロと違って【やまびこのぼうし】は装備できないので、呪文職よりも特技を中心に戦えるように育てた方が終盤での活躍の道が開ける。
 
ちなみにレベルを上げるだけで【踊り子】のみで習得する特技を全て覚えてしまう(【みかわしきゃく】【うけながし】は他の職業でも習得できるため)。
しかし【スーパースター】になるためにはきちんと踊り子に就かねばならずなんだかもったいない。
素早い【レンジャー】【バトルマスター】あたりで先制メダパニダンサーとして使うのもいいのかもしれない。
加入直後の低レベルの間に素早さが低めな【商人】【戦士】からマスターしていくといいだろう。
 
あるいは、彼や他のキャラが現在の職業でできないことを補完してパーティバランスを整えてあげるといい。
ステータスバランスは良く、特に素早さは高いほうなので、やれと言えばなんでもやってくれる。
仲間にできる時期は遅くはないので、早めに仲間にして転職を重ねていけば【テリー】よりもはるかに使える。
仲間になりやすいことも含めて、優良仲間モンスターの1体と言える。
 
それにしてもこれだけチャモロとステータスが似通ってしまったのはキャラの色合いのせいだろうか…?

小説版

カルカドではなく【アークボルト】で仲間入りする。【バーバラ】的には可愛いらしい。
こてこての関西弁を喋り、ボケもツッコミもこなせる漫才師のようなポジション。
たびたび下世話なことを言っては女性二人に睨まれることも。
その後【アモス】や他の仲間モンスターと共に【ロンガデセオ】に残り、イザ達と別れた。