Top > 【ワイバーンドッグ】


【ワイバーンドッグ】

Last-modified: 2019-05-27 (月) 19:06:20

概要 Edit

DQ11で初登場したモンスター。竜の翼を持つ巨大な犬のような魔物で、オレンジ色の体色をしている。
色違いに【ウルフドラゴン】【レジェンドウルフ】、色違いボスに【人食い火竜】がいる。

DQ11 Edit

系統最下位種として【サマディー地方】(バクラバ砂丘周辺)に生息。
かなりの巨体を持つので、サマディーを散策しているときに出くわすと初見では驚くことだろう。
 
名前に「ワイバーン」を冠する通り【ドラゴン系】。昼は眠っており夜間のみ活動していることから夜行性のようだ。
完全2回行動で周辺の敵より飛び抜けて強く(というか同地域の中ボスである【デスコピオン】よりも明らかに実力は上)、【もえさかる火球】を吐いたり【おたけび】で全体を転ばせたりする。
なんと【船】入手後の地域の敵にも匹敵する攻撃力を持ち、通常攻撃で【ブラウニー】【どとうのつうこん】に並ぶ大ダメージを与えてくる。
もえさかる火球に至っては60前後ものダメージを受ける。
おまけに行動パターンには【制限行動】が一切なく、もえさかる火球を1ターンに2連射してくる場合もある。
素早さも129とこの時点では異常に高く、うっかり夜間にエンカウントしてしまった場合、運が悪いと誰も行動していない内から死者が出かねない。
【ラリホー】【マヌーサ】などで無力化したいところだが、【毒】以外の全ての状態異常に耐性を持っておりやや効きにくくなっている。
必ず単体で出現するのがせめてもの救いだが、レベルに自信がない内は近付かない方がいいだろう。
その癖獲得経験値は異様に少なく、集団で出現する上に呪文で簡単に蹴散らせる【かれくさネズミ】5体分ぐらいしかない(こいつの経験値は247、かれくさネズミは50なのでかれくさネズミ5体の方が経験値が多い)。
 
3DS版での異変後では3Dモード2Dモード共に2体で出現する事があるが、その段階では気にもならないだろう。
3DS版2Dモードでは、【バクラバ石群】のほこらより北(ストーリー上通る必要はない区域)にのみ出現する。これは邪verも同様。
 
何故かノーマルドロップが機種によって異なっており、PS4版は【まじゅうの皮】、3DS版は【ふさふさの毛皮】になっている。
レア枠は両機種共通で【ドラゴンのツノ】
なお、3DS版でも【討伐モンスターリスト】に記載されているドロップアイテムはまじゅうの皮になっている。
恐らく、間違えて上位種のウルフドラゴンのドロップアイテムを設定してしまった可能性が高い。
 
クエスト【月下乱舞~ガッと来る衝撃】の討伐対象に指定されている。

邪ver Edit

新たに【ホムスビ山地・北の高台】に出現するようになったほか、【ジバリーナ】を唱えるようになった。
また、異変後通常verと同様に2体で出現することがある。