【火山】

Last-modified: 2019-06-15 (土) 16:55:39

概要

マグマが噴出することによってできる山。
RPGでは【溶岩】のダメージ地帯を伴う【ダンジョン】として登場することが多い。

DQ3

【ネクロゴンド】の北東部のフィールドマップ上にある。内部に入ることはできない。
グラフィックは山岳に囲まれた黒く四角い穴で表現されている。
【オルテガ】が戦いの末に落下した場所であり、【アレフガルド】に通じているようである。
この火山に【ガイアのつるぎ】を投げ入れることでマグマが吹き出し、近くを流れる川が溶岩流で埋まり、それが冷えると川を渡りネクロゴンド内部に入れるようになる。
 
リメイク版は外見も火山らしいグラフィックになった。
NES版やSFC・GBC版ではオープニングデモでこの火山でオルテガが戦う姿が見られる。

小説版

火口付近にアレフガルドへ通じる穴があり、オルテガはそこに転落したという設定になっていた。
またネクロゴンド城に祭られていた【シルバーオーブ】【エビルマージ】が投げ捨てた場所でもある。

DQ4

【ガーデンブルグ】手前にある。FC版は岩山で道が塞がれている描写だが、リメイク版ではそれが火山になっている。
【マグマのつえ】を使うことで噴火し、この火山ごと消滅し、ガーデンブルグへの道を通れるようになる。

DQ5

初の火山ダンジョンである【死の火山】が登場。【ようがんげんじん】の守る【ほのおのリング】が眠る。
SFC版では外見で煙が吹き出している様子が見られる。
最上部から下層へ降りていくタイプの洞窟で、【馬車】ごと進入可能。

DQ7

【エンゴウ地方】【炎の山】が登場。【エンゴウ】の民から炎の神の住む神聖な場所として崇められ、【ほむら祭り】という行事も行われるが、【炎の巨人】がそれを利用してエンゴウを滅ぼそうと企む。
麓から坂道で火口まで登り、火口から洞窟で下層へ降りていく。火口からダンジョン内に飛び降りることもできる構造。
【異変後】はさらに【炎の精霊】の住む奥深くへ潜れるようになる。

DQ9

南西の大陸に【ドミール火山】がある。
中腹には【ドミールの里】があり、里から洞窟を通って【グレイナル】の住む山頂に登ることができる。
また周辺のフィールドマップにも溶岩溜まりが点在し、【温泉】が湧いている場所もある。

DQ10

【カルサドラ火山】が登場する。

DQ11

【ロトゼタシア】南東の大陸に【ヒノノギ火山】がそびえ立ち、その麓に温泉町である【ホムラの里】がある。
山頂に登ることはできないが、火山の中腹に洞窟の入口が3ヶ所あり、いずれも当初は厳重に封鎖されている。
内部には【人食い火竜】が住むほか、禁足地と呼ばれる洞窟内に【伝説の鍛冶場】も存在する。

DQMJ3,DQMJ3P

マップとして【焦熱の火山】が登場。 フレイムやマグマロンなど、いかにもといったモンスターが多く出現する。

スラもり1

ステージの一つとして【メラゾマ火山】が登場。

モンパレ

炎の大陸において、クラスナ火山が登場。 意外な事に炎の世界には火山らしき存在は見当たらない。