サマータイム・シャワー

Last-modified: 2022-08-17 (水) 13:13:12

イラスト

ステータス

レア度☆3
恒常効果Lv1自身の最大HP+303
恒常効果Lv1――
追加スキル上限Lv1[フェーズ開始時]
 自身に注目付与/50%
[状態特攻]
 熱情に特攻
重装CS百花晴抱(サニー・レイビーム)
 CS性能変化なし
装備条件ワカンタンカ OR ザバーニーヤ OR 打撃 OR 突撃
イラストふぁい
ボイス――
実装verv4.21.2
入手方法AR転光召喚にて排出

Lv毎のパラメータ

Lv効果1効果2
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100

上限Lv毎の性能

上限Lv追加スキル
発動確率
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100

テキスト

ネタバレ注意

「行こうか俺のザバーニーヤ! さぁ見てくれ、これが俺たちからの、お前たちへの贈り物だぜっ」
「承知致しました、ワカン・タンカ様。……皆様の眼差しが炎のように熱く、この身を焼くのを感じます」
イベントのクライマックス、新作水着ショウのランウェイ。
ステージへ向かって巻き上がる飛沫が、モデルたちを照らすあらゆる光を反射し、空間を煌めかせる。
何かを与え、何かを返す。至らぬ自らに罰を科す。
それぞれの「捧げること」は新たな形へと変化し――今! 夏の!! 陽射しの中!!
これ以上ない程に衆目を集め、輝いていた――!!
熱視線を受けて艶めく身体、沸き上がる熱情に上気する頬!
観客たちは沸き返る。これは……あまりにも最高では!?
ワカン先輩~!! 笑顔~!!!!!
ザバーニーヤ様~!! 目線~~!!!!!
――こんなお祭、全力で楽しんでおくしかないっしょ!!

運用面

  • [フェーズ開始時]に自身に注目を付与できる。発動率は50%で、レベル100で確定発動になる。
    • 自身に回避を付与できるキャラに装備することでタンクとして運用することができる。また被弾時に発動するスキルを持つキャラとも相性が良い。
    • ただし注目付与はレベル1では50%のため安定せず、後述する付随効果も活かせる場面が非常に限られるため扱いにくい印象は拭えない。
  • 熱情に特攻はx1.4固定。倍率として見ると「サバイバルリゾート」/「我が盟友の為ならば」のx1.6に劣るが、そのどちらとも装備条件が異なるため差別化はできている。
    • 熱情を敵に付与できて装備可能なキャラはジライヤ(臨海)が挙げられるが、剛力付与時x1.5の「浅草の愚連隊」で事足りるためわざわざ採用する理由は薄い。
  • 相性が良いキャラとして、回避を持つワカン・タンカ(渚含む)、被弾時スキルを持つザバーニーヤ(渚)オオグチマガミ、場持ちの良いヨルムンガンド(☆3)などが候補に上がる。

  • 2022/08/16 (火) 20:50頃にイラストが差し替えられている。

    差し替え前

    変更点はザバーニーヤの瞳(虹彩)の色。


元ネタ・モチーフ

百花晴抱百花斉放(ひゃっかせいほう)
学問や芸術などが、自由で盛んに行われて発展すること。
「百花」は花の数が非常に多いことのたとえ。全ての花が同時に咲くという意味から。
サニー・レイビーム"sunny ray beam"(英語)
サニーは「太陽の」、レイは「一筋の光、放射線状に広がるもの」、ビームは「光線、笑顔/微笑み」。
二人の「太陽のように明るい笑顔」や、観客の「太陽のように熱い視線」などの解釈ができる。

[ AR装備 ] へ戻る

 

コメント