Top > T110E5


T110E5

Last-modified: 2019-10-19 (土) 03:24:50

usa.t110e5.png

Tier 10 アメリカ 重戦車 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

車体

HP2,200
車体装甲厚(mm)254/76/38
最高速度(km/h)37
重量/最大積載量(t)53.6/60.05
本体価格(シルバー)6,100,000
修理費(シルバー)

戦車パッケージ Edit

T110E5
E:185,000
S:6,100,000

E:必要経験値
S:購入シルバー

詳細 Edit

パッケージ名エンジン主砲履帯砲塔HP通信機
出力下記参照車体旋回速度砲塔装甲通信範囲
出力重量比地形抵抗旋回速度視認範囲
T110E5Continental AOI-1490120 mm Gun M58T110E27T532,200AN/VRC-3
87530 / [27.69]203/127/76745
16.281.2/1.3/2.432400

※車体旋回速度の実質値は通常地形、操縦手熟練度100%で計算。スキル及び超信地旋回の可否は考慮していません。

 

主砲性能
名称弾種弾代貫通ダメージ発射速度AP弾
DPM
照準時間精度総弾数最高角
最伏角
120 mm Gun M58AP
HEAT
HE
1,060
11G
900
258
340
60
400
400
515
6.002,4002.000.35
?
?
42+15
-8

※先頭のセルの色は対応するパッケージの色となります。

解説 Edit

  • 火力
    主砲はM103の最終砲と同じ。
    Tier10重戦車としては単発火力が低いものの、トップクラスの貫通力は据え置きで、連射速度、命中精度、照準時間が強化され、より使いやすいものになっている。
     
  • 装甲
    M103から順当な進化を見せ、単純な装甲厚で言えば重駆逐戦車並の正面装甲を得ている。
    しかし側背面は、これまでと同様投入される戦場的にもはや非装甲と言っていいほどに装甲が薄く、さらに車体正面下部やかなり大きな副砲塔など、正面から狙いやすい弱点も多く、装甲厚に胡座をかかずに弱点をなるべく隠す立ち回りを行わなければ簡単に撃破されてしまうだろう。また、幅広でむき出しの履帯も狙われやすく、移動時に切断されると敵に脆弱な側背面を晒すことになり非常に危険である。
  • 車体
    車体正面上部は60°以上傾斜しているため、実質508mmを超える厚さがあり、本ゲームに存在するいかなる砲でも貫通できない。
    ということはなく、数値の254mmは車体前部のライトより前の尖った部分だけであり、上面は140mm程度である。しかし傾斜が70度近くに達する為実装甲厚は350mmを超え、強制跳弾も発生しやすく、かなり安定した防御力を見せる。
    反面、車体下部は傾斜がやや緩く(50度程度)、装甲厚も130~150mm程度の為、貫通力220mm程度でも抜かれることがある。基本に忠実に車体下部を隠すように立ち回ろう。
  • 砲塔
    正面は200mmを越える装甲に加え丸く絞られた形状なため、かなり安定して敵弾を防いでくれる。
    巨大な副砲塔も傾斜はやや緩いものの260mm程度の防御力があり、狙いの甘い攻撃は通用しない。
    とはいえやはり弱点には違いないためなるべく左半身を隠すなどして対応したい。
     
  • 機動性
    最高速度こそ普通なものの、加速がよく移動時のストレスは殆ど感じない。
    旋回速度も車体・砲塔ともに高く、重戦車らしくない小回りの利いた動きが可能で、主砲が持つ早い連射速度と照準時間を存分に活かすことが出来る。
     
  • 総論
    M103を一回り強化したような性能で、扱いやすいアメリカ戦車の集大成の座に相応しい車両になっている。
    ほぼ隙の無い性能になっているため、戦場を選ばない使用が出来る。
    気になるのは副砲塔の大きさと、側背面の装甲である。
    なるべく側面を見せないような立ち回り&小刻みな運転でキューポラを狙う敵を翻弄しよう。
     
    WG車両紹介動画
    https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=i4M_WfotF58#t=525

史実 Edit

1954年12月3日にT110重戦車計画が立ち上がりました。
主砲はこの計画が始まる前の10月30日にT179 120mm戦車砲とT204 120mm戦車砲の採用が決定されていました。
しかし、このT110重戦車計画は1956年9月18日に白紙となってしまいました。
理由はT43試作重戦車から1955年11月に98カ所の改良を行って制式採用された、M103ファイティングモンスターが成功を収めたからと言われています。
T110はTS-31計画を参考にクライスラー社が計画を進めました。

この時に上がった5つの提案

この時の提案5をモチーフにしたのがT110E5になります。

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • アップデートで副砲塔かなり柔らかいな -- 2017-10-11 (水) 00:19:22
    • 副砲柔らかくなったのですか?最近復帰して変わったのか分かりません -- 2018-01-07 (日) 16:26:41
  • 駆逐相手にも耐えきれる装甲厚にHTとして破格の機動性に加えて高DPMと乗り手の実力次第で青天井に厄介な戦車になる。副砲塔が柔らかくなったのがまだ救いか(以前は120㎜L1A1の金弾でも比較的垂直に近い部分に当たらないと弾かれることが多かった)。まあ、横晒してるE5は逆にいいカモだけど -- 2018-05-25 (金) 12:14:24
    • 上手いE5の相手はガチで苦労する。平地で下部狙ったら乗馬マシーンかってぐらい全力で揺さぶられて弾かれた時は変な笑いが出たわ。個人的にHTの中で潰すのに一番苦労する相手。逆に側面晒しマンはほんと美味しくいただけるね -- 2018-05-25 (金) 13:01:27
  • スパコンの実装により無事死亡。側面装甲、砲塔装甲、俯角、dpm、hp、精度、格好良さで負けてるのに -- 2018-08-30 (木) 00:58:04
  • スパコンの実装により無事死亡。側面装甲、砲塔装甲、俯角、dpm、hp、精度、格好良さで負けてるのに対して、E5は多少足回りと正面装甲で優ってるだけ。照準時間と単発火力は一緒。 -- 2018-08-30 (木) 01:01:11
    • 死亡ってほどではないと思うけど、劣化感は否めないよねえ。キューポラですら貫通させにくいのは、E5乗りから見て本当に羨ましい -- 2018-10-02 (火) 03:02:41
  • まぢクソゲ アメ重ルートはT29で完成されてるってはっきりわかんだね -- 2018-09-04 (火) 02:05:50
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White