Top > 【キャスラン】


【キャスラン】

Last-modified: 2019-06-20 (木) 12:49:04

概要 Edit

登場当初の【オーディス王子】に付き従っていたウェディの女性占い師。
封印の巫女を呼び覚ますために王子に様々な占いで助言を与えていた。
占いの際は変なダンスを踊る。その珍妙さは信用している王子も顔をしかめるほどである。
 
しかし、その正体は王子を騙して【暴君バサグランデ】を復活させようとした、占い師でもなんでもない悪党。
占いの内容は、ただ知っていることをありのままに言っていただけなのだ。
王子はまんまと彼女に騙されてしまい、バサグランデを復活させてしまう。
DQ10では元祖となる純粋な「悪女系」キャラであるが、【ルナナ】【ベルマ】と違いウェディ女なので悪人ぽくない。
 
ストーリーでは犬になぜか敵対視されており、犬の尻尾を踏んづけて追っかけられたり、その犬に噛まれて【永遠の地下迷宮】入口の永遠の水に自分まで落ちてしまったりと悪党としてはどっか抜けている。オーディスを「バカ王子」、ヒューザを「ありがちイケメン」と軽蔑する一方、人ですらないバサグランデには黄色い声援を送っていることから、男のセンスもズレている可能性がある(だがバサグランデには復活早々壁に叩き付けられている)。
バサグランデが倒されるとサ〇エさんの如く物凄いスピードで逃げていく(なおその際、ヴェリナード【衛士団】30人から逃げ切ったらしい)。その脚力をもっと別のことに使えよ。
 
オーディスは「必ず捕まえる」と言ったが、その後彼女がどうなったかは後述のVer.3になるまで明かされていない。
彼女が何者で、バサグランデの情報をどこで知り、何故復活を目論んだのかも一切謎。

【いにしえの竜の伝承】(Ver.3.0) Edit

【竜将アンテロ】の手先として再登場。「大いなる脅威が封じられし、真紅のツボ」の伝説を捏造して【王立調査団】を騙し、王子と【ヒューザ】【ジュレイダ連塔遺跡】に誘いだした。が、王子に成り済ましていたヒューザに「誰だお前」と言われ、ずっこけた拍子に未知なる工房天井付近のオブジェから落下するという相変わらずな姿を披露した。
わざわざ石版を贋作して遺跡に潜り込ませているので、もしかしたら手先は器用なのかもしれない。その努力をもっと別の所で…
アンテロが影武者のヒューザを攫った際事実上切り捨てられ、再度逃走。今回も彼女の正体は判明しなかった。
 
Ver.1から登場しているにもかかわらず目的や背後関係が一切不明なキャラクターの1人(他は【旅芸人ピュージュ】【けがれの大蛇】など大物ばかり)である。
Ver.4ではかつて世界を震撼させた大ボス勢の全盛期が描かれたため、バサグランデ関係で再登場するかと思われたが、結局過去のウェナ諸島が描かれる事は無く、彼女の正体も依然として不明なままである。