【ブラックドラゴン】

Last-modified: 2020-12-02 (水) 09:47:56

概要

DQ5に登場した2足歩行の黒いドラゴン。
色違いに【グレイトドラゴン】【錯乱の竜】がいる。本作では【常闇の竜レグナード】の末裔という扱い。
 
実装時点では最強の【ドラゴン系】。常闇の竜の末裔の名は伊達ではない。
【やみのブレス】【テールスイング】【はげしいおたけび】といった強力な攻撃を行い、怒り時には必ず暴走する【ドルマドン】も使用する。【いてつくはどう】で強化を打ち消すことも。
 
だが何より特筆すべきは、最早ザコにあるまじき凄まじい能力値。
HPは驚異の9243にものぼり、守備力も723と猛烈に高い。これだけであの【リザードファッツ】を超える。
また、レグナード同様に通常攻撃が2回連続になるというザコとしては異例ともいえる能力を持っており、攻撃力も【ガメゴンレジェンド】とほぼ同等の809と高いため、2回とも受ければ後衛は最高レベルであってもパッシブ次第では即死しかねず、前衛でもなお脅威。しかも時折2回連続で行動する。
そして、723と言う守備力の前ではツメのような攻撃力の低い武器ではバイキルトなしでは全く歯が立たず、300台ではまともにダメージを与えられず、【マガツ鳥のツメ】を持っていたとしてもタイガークローの一撃目が10近くとか絶望的な数字しか出ないことも。
当初はつよさ順で【トロルキング】の手前に番付されていたが、Ver3.5前期でグレイトドラゴンと【テンタクルス】の合間に番付移動になった。
【真・やいばくだき】で受けるダメージを減らすか、持てる全てをぶつけて短期決戦を挑みたい。
幸いなことに現時点では生息数が非常に限られるし、逃げることもできる。【領界調査クエスト】でも1匹でOKになっている。
見た目通り闇に強い耐性を持つので、単体だとドルマ系を優先してしまうサポ賢者はそれだけで不利。
弱点は雷属性であり、スキルにプラズマブレードを持つ両手剣が非常に効果的。武器自体の攻撃力も高く、お供のドラゴスライムもぶんまわしで手早く処理できるのでかなり安全に戦えるだろう。
 
通常ドロップは【大きなうろこ】、レアドロップは【幻獣の皮】
宝珠は鉄壁の闇耐性をドロップする。
 
グレイトドラゴンと違い【エモノ呼び】が効かないが、シンボルが複数あり湧きもそれなりに早い。

Ver.3.3前期

【影の谷】に生息。
ほぼ確実にお供に【ドラゴスライム】も付いてくる。
当時は鉄壁の闇耐性をザコで唯一落とし1種類しか持っていないので落としたら確定、ということで極一部の層には人気。
ただし、くっついてきたドラゴスライムのせいけん爆撃の極意やホップスティックの戦域だったりするとガッカリ感がこの上ないので、可能な限りドラゴスライムはみのがしておくこと推奨。

Ver.4.4

【魔瘴調査区画】に生息。

Ver.5.3

【心層の迷宮】の断罪の森で扉前にシンボルがある。
迷宮レベルを上げるとグレイトドラゴンも付いてくる。