【一閃突き・改】

Last-modified: 2021-01-23 (土) 16:25:40

【ヤリスキル】(武闘家)

【けもの突き】-【雷鳴突き】-【狼牙突き】-【一閃突き・改】-【さみだれ突き】-【ジゴスパーク】-【武神の護法】-【超さみだれ突き】

概要

【武闘家】がヤリスキル100Pで習得する特技。消費MPは8。
他職がヤリスキルで覚える【一閃突き】の上位に当たる技で、以下の違いがある。

  • 会心が出なかった場合もミスにならず、通常攻撃の2.7倍のダメージを与えられる。
    会心時は「通常攻撃の3.24倍」か「元々の攻撃力とほぼ同等」のうち高い方がダメージとなる。
  • 非CT特技ながらダメージキャップは2999となっている。
  • モーションの長さが一閃突きの半分程度となっている(ただし、【コロシアム】では一閃突きと同等)。

会心率は据え置きで「基本会心率+50」%となる。宝珠「一閃突き系の極意」で会心率を最大11%上乗せ可能。
 
上記の挙動は、本作において物理攻撃で【会心の一撃】が出ると

  1. 元々の攻撃力とほぼ同等のダメージ(特技の基礎倍率や【バイキルト】【テンションアップ】、相手の守備力は無視する)
  2. 会心が出なかった際に与えるはずのダメージの1.2倍(特技倍率やバイキルト・テンション、相手の守備力の影響を受ける)

のうち高い方が実際の会心ダメージになるという仕様による。
この特技で会心が出た場合は、特技倍率が高いため2.の式が適用されることが多いが、極端に守備力の高い敵が相手の場合は最低保証として1.の式が適用されることになる。
(なお、通常攻撃、【はやぶさ斬り】系、他の会心狙い系は1ヒットあたりの特技倍率が1倍またはそれ未満に設定されているため1.の式が適用されやすい。それゆえ1.の式だけ知っていたプレイヤーも多いだろう)
基本的には2.5~3倍の攻撃を行いつつ、物理ダメージが通らない状況でも通常の一閃突き同様に会心による最低保証ダメージを狙っていける特技と見ることができる。
これまで武闘家が苦手としていた、【暗黒の星竜機】のような高守備力の敵にも対抗できるようになっている(とはいえ、他の敵と同じような感覚で撃つとダメージの差に愕然とすることになるが)。
なお、「テンションダメージ+300」の効果はこの計算式とは別で加算されるので、テンションを上げて撃つのはどちらの場合でも無駄にはならない。
 
本来は攻撃できない状況(範囲避け等)でためてダメージロスをなくすのが武闘家の基本スタイルだが、他の主軸技である【タイガークロー】【氷結らんげき】は多段技のため十分にテンションが乗らなかった。
一方こちらは同スキルラインの「テンションダメージ+300」や高いダメージキャップを持つ単体技という特性上テンションとの相性が非常に良く、普通にためる系と交互に使ってもDPSが落ちにくい数少ない主軸技となっている。
武闘家の技の中でもモーションが短く、この点でもヒットアンドアウェイと相性が良い。【メタル系】狩りにも使える。
 
ためる系の使用MPは一閃突き・改より低いため若干燃費もよくなるが、消費MP8というのは【天下無双】と並び非CT技としてはトップクラスの燃費の悪さで、更に武闘家自体の最大MPが全職中最低であり、モーションの短さと相まって連発しているとあっという間にガス欠に陥る。
【無念無想】は然程回復量が高くないため、あまり当てにはできない。昨今はMP回復能力の高い【魔法戦士】の参入率が高いとはいえ、達人の宝珠「忍耐のMP回復」「勝ちどきMP回復」で補ったり、アイテムによる自力でのMPの回復も考えておきたい。
 
会心が出なければそこまで火力が高いわけではないので会心率の底上げは必須。宝珠と装備で特化させれば7~8割程度まで強化可能。
また、会心が出てもテンションを溜めていない状態では目に見えてダメージが上がるわけでもないので、テンションとの併用が半ば必須の技ともいえる。
【行雲流水】と併せることで2999ダメージを連発出来るようにもなるが、パーティ同盟等で強化要素がドカドカ入る状況となるとかなり爆発力に欠けるため、多段CTのさみだれ突きを主軸にするか予め他武器に持ち替えも考えたい。
このため単純な火力ではタイガークローには劣り、ガンガン攻撃できる場面ではツメの方が有用な場合もある。

Ver.5.1

実装当時からこの技を使った場合に錬金効果やベルト効果「攻撃時〇〇%で〇〇」は反映されなかったが、これが不具合であったものとして修正された。
錬金効果による異常付加は会心の一撃による確率上昇の恩恵を受けないため、期待値としては他の武器で扱った場合と同等。
これらの錬金効果が付く部位は同時に攻撃力や会心率の錬金も選択肢に含まれるため、会心率の上昇が顕著にあらわれるこの武器でそれを削ってまで異常をかけたいかといわれると微妙な所である。
 
また「テンション時ダメージ+300」が【メタル系】の特性を貫通してテンションが上がっていれば会心に関係なくダメージを与えられる不具合があったが、同様にこのバージョンで修正された。

関連項目

【一閃突き】
【まじん斬り】