Top > 【まじん斬り】


【まじん斬り】

Last-modified: 2019-11-16 (土) 17:50:21

【オノスキル】

【たいぼく斬】-【蒼天魔斬】-【かぶと割り】-【まじん斬り】-【オノむそう】-【鉄甲斬】-【真・オノむそう】-【降魔紅蓮斬】-【大地裂断】

概要 Edit

失敗しやすいが うまく当たれば 会心のいちげき 
基本
倍率
宝珠スキル強化待機
時間
基本飾石160170180
-会心率+2×Lv%会心率+1%---2.3秒

オノスキル76Pで修得できる特技。消費MPは6。
単体に「基本会心率+50%の確率」で会心の一撃を与える大技。会心の一撃が起こらなかった場合はmissになる。
バチバチと光るエネルギーを斧の刃に貯め込み、大上段から思いきり叩き付け、大地をも噴出させる程の衝撃を加える、といった豪快なエフェクトを持つ。
 
一方で【アックスドラゴン】【トマホーガー】が使うものは、軽やかに1回転しつつ大地を打ち付けるものとなっており、特に発動の速さに多くのオノ使いは初見では驚いたやら羨ましいやらで複雑な感情を抱いたとか。
なお、サポート仲間は油断しているのか何なのか、まじん斬り持ちを相手にしても会心ガードを使ってくれないので要注意。
トマホーガー相手の場合は聖女の守りを使う事はあるのだが…。

その仕様上、当たるときは当たり続け外れるときは外し続けるという運否天賦の特技であり、旧作においては【一閃突き】ともども、【メタル系】のモンスターを狩るにあたり大いにプレイヤーの役に立った。
 
本作においても能動的に会心の一撃を狙える特技として、防御力の高い相手やいわゆる「メタル狩り」などで役立つ場合もある。
しかし、現在ではプレイヤーの基本能力が向上し、【バイキルト】などのダメージを向上させる手段が整ってきたこともあって、威力の高い他の特技を連発していればそれで実用上十分である場合が多く、特に【蒼天魔斬】【オノむそう】が充分に強化された現在では影の薄い特技と化しているのが実情である。
会心の一撃のダメージ自体の向上が攻撃力以外の部分では見込めないことがその原因だろう。
メタル系に対しては強力だが、【メタルスライム】のなどのHPが低いメタル系には【ばくれつけん】【メタルウィング】で微ダメージを蓄積させた方が確実である。【メタルキング】などのHPが高いメタル系に使ってこそ真価を発揮する。
また、【ピラミッドの秘宝】にゴールデン系モンスターが乱入した時もこの技の有り難みを強く感じるだろう。もっとも、最近はオノを持つ戦士が少なくなってしまったが…。
 
【幻惑】状態にされていても命中率は変わらず50%以上であるため、【マヌーハ】を望めない状況ならば、自然に解けるまでこれで攻めるのも手。
(会心時は幻惑を無視して攻撃が必中するため、元より会心かミスかの2択でしかないこの特技は幻惑の影響を受けないのである)
判定的には会心率補正が50%となる攻撃を繰り出し、会心の一撃が出れば確実に命中、出なければ全てミスとしているようであり、この技自体にも装備等の会心率+〇%の補正を受ける為、装備品や宝珠、会心率アップの状態変化を受ければ命中率自体が上がる事になる。会心率が50%以上となれば確実に命中する。
装備品にスキル、宝珠を突き詰め、【会心まいしんラップ】or【不死鳥天舞】の効果を得れば94%ぐらいにはなる。きようさの補正を考えるとほぼミスはないと言っていいぐらいにはなる。ここまでして意味があるのはプラチナキングやメタル狩りぐらいだろう…。
ともあれ、この技でメタル狩りに行く場合でも会心率アップの腕装備は効果的なので付けておいた方が良い。
またテンションは乗らないがテンション消費もしないため、上がったテンションを温存する時はこれで攻めるのもありだろう。
ちなみにこれは【一閃突き】においても同じことが言える。

Ver.2.1~ Edit

消費MPが8から6へと変更。
性能は据え置きであるが、それだけ博奕をしやすくなったとも言える。
ただしそこそこ柔らかい相手であれば、消費MP10ではあるものの蒼天魔斬の方が確実にかつ大ダメージを与えられるようになったため、使う機会は【ファラオ・ルドラ】【メタル系】など堅いモンスターといった風潮は更に強くなってきた。

Ver.3.0 Edit

【達人のオーブ】の宝珠「まじん斬りの極意」は確率が2%(最大10%)プラスされる。【ギガンテス】【ボストロール】が落とす。

Ver.3.2後期 Edit

宝珠強化の飾り石により会心率が更に1%プラス出来るようになった。
 

Ver.3.5 Edit

【プラチナキング】に対抗する数少ない手段として、ほんの少しだが脚光を浴びる事となった。

Ver.5.0 Edit

新職業【デスマスター】も使えるが、【鎌スキル】【魂狩り】があるため、この技がある点はあまり注目されていない。

関連項目 Edit

【一閃突き】
【魔神斬り】