【ヤリスキル】

Last-modified: 2020-10-17 (土) 12:53:14

概要

【ヤリ】を扱うための武器スキル。
【僧侶】【パラディン】【どうぐ使い】が習得でき、【武闘家】は独自仕様のスキルを持つ。

特徴

相手を突くことに特化した両手武器のスキル。
 
武器スキルとしては珍しく、SP100までに特技を4つしか持たない。
代わりに武器ガード率が高めとなっているが、他の武器ガードが可能な両手武器と異なり、能動的にガード率を上げる特技が【CT】付きの【武神の護法】しかない。
 
目立ったスキルとしては、任意で会心の一撃を出すことのできる【一閃突き】と前方範囲高倍率の【狼牙突き】
8と9で共に槍のメイン技の1つだった【さみだれ突き】は120スキルであり、習得にはスキル上限開放が必要となる。
ちなみに雷属性の特技が多く、一致した【輝石のベルト】【戦神のベルト】が有効的。
 
このようにどちらかといえば攻撃に向いた武器なのだが、これを装備出来る職がどれもアタッカーと言える職ではないため、あまり積極的に担がれる方ではない。
宝珠を使えば並み以上の火力が出るのは確かなので、元気玉を使った【試練の門】等のある程度討伐スピードが求められる場面では使われる事もある。
ちなみに【一閃突き】があるおかげでその試練の門で出てくる【プラチナキング】戦で有効。

習得とくぎ・スキル効果

SP称号とくぎ・スキル効果
通常武闘家
3ヤリの使い手装備時こうげき力+10装備時こうげき力+20
7一人前のヤリ使い【けもの突き】
13熟練ヤリ使い装備時武器ガード率+4%装備時かいしん率+5%
22有名ヤリ使い装備時かいしん率+2%装備時こうげき力+20
35ヤリの達人【雷鳴突き】
42伝説のヤリ使い装備時武器ガード率+5%装備時武器ガード率+8%
58スターランサー/ランスフェアリー装備時こうげき力+15装備時こうげき力+25
76グレートランサー/ランスヴィーナス【一閃突き】【狼牙突き】
88神技のヤリ使い装備時こうげき力+20装備時こうげき力+30
100ゴッドランサー/ゴッデスランサー【狼牙突き】【一閃突き・改】
110-装備時かいしん率+3%行動時10%で【バイシオン】
120-【さみだれ突き】
130-装備時武器ガード率+3%攻撃時5%でためる
140【ジゴスパーク】
150装備時こうげき力+10テンション時ダメージ+300

 
【180スキル】および【200スキル】は以下より選択。

とくぎ・スキル効果160170180190200
【武神の護法】180秒
(開幕90秒)
150秒
(開幕75秒)
110秒
(開幕55秒)
【超さみだれ突き】110秒
(開幕55秒)
70秒
(開幕35秒)
装備時こうげき力+5+8+10
装備時かいしん率+1%+1.2%+1.5%
武器ガード率+1%+1.2%+1.5%
けもの突きの強化+10%+15%+30%
雷鳴突きの強化+10%+15%+30%
狼牙突きの強化+3%+5%+9%
さみだれ突きの強化+6%+8%+10%
ジゴスパークの強化+8%+10%+12%
武神の護法の強化+2%+5%+8%
超さみだれ突きの強化+1%+3%

仲間モンスター

【ベビーサタン(仲間モンスター)】【たけやりへい(仲間モンスター)】が習得する。

SPとくぎ・スキル効果
3装備時こうげき力+20
7【けもの突き】
12装備時こうげき力+30
18【雷鳴突き】
25装備時武器ガード率+5%
32装備時こうげき力+50
40【狼牙突き】
(転生11回以降追加)
43けもの突き+175%
48雷鳴突き+75%
50狼牙突き+15%

変遷

Ver.2.0

ヤリの【おもさ】が大幅に上昇し、パラディンの武器として充分な重さを持つようになった。
13pt、42ptの「装備時武器ガード率+3%」がそれぞれ4%、5%に強化され、攻防一体の武器として【僧侶】【パラディン】に相応しいスキルとなった。
 
今回の修正で特技自体は優秀になったものの、僧侶もパラディンも強ボスではアタッカーの役割ではないため、魔法の迷宮あたりでしか出番が無いのが惜しまれるところ。
一方で【タコメット】狩りに役立った。

Ver.2.1

新たに実装された【どうぐ使い】も使えるようになった。
決してアタッカーとは言えない職業だが、バイシオン等の補助呪文や必殺技の【強化ガジェット零式】で自身を強化できるため、パーティメンバーからの補助が受けられない編成では他2職と比べて高い火力を出せるようになった。
しかし、燃費のよい単体火力が無いため、ボス戦においては力不足感が強い。

Ver.3.0後期

【達人のオーブ】実装により、武器スキルを強化出来るようになった。これの恩恵を一番受けたのは【雷鳴突き】だろう。
なんと火力を狼牙突き並に上げることが出来、火力ではツメやオノ等のトップクラスには敵わないものの単体の雷鳴突き、さみだれ突きと範囲の狼牙突き、ジゴスパーク、堅いモンスター及びメタルモンスターには一閃突きと使い分けの出来る武器となった。

Ver.3.1

パラディン強化の一環としてさみだれ突きのCTが25秒に、ジゴスパークに雷耐性低下効果が付き、更なる強化を得た。

Ver.5.0

新たに武闘家が使用できるようになり、ようやく本格的なアタッカーが使用できるようになった。
習得特技はほぼ共通だが一閃突きが【一閃突き・改】に変更され、ジゴスパークの威力は倍以上にまで上がっている。また160ポイント以降を除くパッシブスキルの内容も大幅に変更されている。

Ver.5.1

仲間モンスターのスキルラインの「装備時こうげき力+」の数値が2倍に強化された。