【真の太陽】

Last-modified: 2020-01-21 (火) 21:15:40

蒼天のソウラ Edit

【神殿レイダメテス】によって干上がった500年前のアストルティアで魔族に抵抗した義勇兵の一団。「ヴェリタ・ソルレ」と読む。名前は神殿レイダメテスの別名の偽りの太陽との対比になっている。
メンバーは鬼面蟹の鉢金をつけ、ソウラと同じ戦鉈を得物としていた。
ウェナ諸島を本拠とし、戦後は【ルシナ村】を開拓した。
 
主要キャラ4人以外の30人は、「謎の戦士団」として【月刊Vジャンプ】公式サイトで募集されたプレイヤーキャラクター達(【ソウラの鬼面】を装備することが条件)がメンバーとなっている。
 
【潮龍ホルヘイズ】の魔法により、【ソウラ】は過去の戦いを追体験する「RPG」で新入り団員の【プクリポ】に扮した。

主要メンバー Edit

  • 〈狐火〉のアスキス
    副団長であるオーガの女性。両腕に帯びたところ天状の特殊な蝋を用いて【イオ】を操作する「光堂遍路」の使い手。
    蝋の回転で輻射が制御できるため、レイダメテス巡回時の熱風の下でも行動が可能。
    当初はルールに則る秘書のような性格だったが、話が進むと団長を慕うモフモフ好きという【エステラ】同様のギャップが付いた。だがそれ以上にシャクラを父のように慕い、シャクラを守るべく単身イシュラースに挑み死亡したものの、相手に致命傷を与えた。
  • ラクシィ
    古代の超技術を使うドワーフの【どうぐ使い】(女性)。【神カラクリ】の「勇機爛乱(ブレイブマシン・クドゥガリャ)」に乗っている。
    コラボも行った【スライムドーン!!】のスラヨンが乗っている勇機のパロディだが、あちらが10Gで1分間稼働なのに対し、こちらは【ウルベア金貨】を用いる。
    戦後は真の太陽から離れ、コールドスリープ的なことを示唆していたが、スライムドーン!!の方で再登場を果たした。
  • ゼタ
    【シエラ巡礼地】に伝わる奥義「絶喝」を使用するウェディの【武闘家】
    弟子であった修行僧たちの仇を討つため、イシュラースを倒すことに己の執念を燃やす。
    先の戦いでイシュラースが召喚した破壊と殺戮の神から受けた傷が癒えていなかったため、イシュラースとの最終決戦はシャクラに取られてしまうが、シャクラに後事を託されたり、炊事兵の眼鏡っ娘に惚れられていたりと、結果的には勝ち組となる。