Top > 【つちわらし】


【つちわらし】

Last-modified: 2019-03-18 (月) 22:18:08

概要 Edit

DQ4で初登場した茶色っぽい体で、長い舌を出した細い目の魔物。
色違いには【ベロベロ】【スモールグール】がいる。
この種はこの中では最下位種として主に序盤に登場する。
 
スモールグールが増殖能力で強い個性を発揮している不思議のダンジョンシリーズに、
未だに出演できないのは不遇というほかない。
モンスターパレードやライバルズではスモールグールと同様に分裂するようになっている。

DQ4 Edit

2章、4章、5章の最序盤に出現する。
2章の【テンペ】【フレノール】周辺では昼しか出ないが、
2章の【サントハイム】、4章の【コーミズ】周辺には夜しか出ない。
昼行性なのか夜行性なのかよくわからない。
2章に関してはサントハイム周辺にこいつらのねぐらでもあるのかも知れない。
 
序盤にしてはグラフィックが結構大きいのでビビる。そして結構強い。
2章は【ヒャド】、4章は【メラ】という攻撃手段があるが、HPが13あるのでどちらでも一回で倒せるか倒せないか。
さらにしばしば仲間を呼ぶため、レベル1で戦うと数がどんどん増える。
報酬は経験値4&ゴールド10Gと高く、サントハイム周辺では稼げる相手である。【キリキリバッタ】4匹よりも上。
テンペ組を含めてもなかなかのもので、

-経験値ゴールド
キリキリバッタ12
いたずらもぐら24
スライムベス25
みみとびねずみ35
おおみみず36
つちわらし410
ミノーン518
あばれこまいぬ720

……となる。【ミノーン】【あばれこまいぬ】よりは報酬が低いものの、こちらは出現率が十分に高い上にあばれこまいぬほどの強敵でもなく、仲間も呼んでくれるため、打撃攻撃とヒャド(ブライは打たれ弱いので、無理せず防御しても良いだろう)を上手に織り交ぜれば、2章序盤のレベルアップと資金作りに持ってこいである。サントハイム周辺で一夜漬けして序盤の戦力を整えよう。
落とすアイテムは【やくそう】
 
【モンスター闘技場】では【バブルスライム】【エアラット】と戦うが、3体とも同じような倍率のくせにHPと攻撃力で勝るこいつが勝ちやすいので、賭けて損はない。
 
リメイク版では仲間を呼ぶ際に、腹を膨らませてポコポコ腹太鼓を叩いて呼び寄せるというシュールな姿を見ることができる。

DQ5 Edit

【妖精の世界】のフィールドと【ドワーフの洞窟】に出現する。
【ホイミスライム】を呼ぶが、良くも悪くも普通の敵。
SFC版では幼年時代の【妖精の村】でのイベントをクリアすると会えなくなる(裏技は例外)。
リメイク版では、妖精の世界でコロボックル族などを仲間にするために戦闘を重ねているとたくさん遭遇するので、
人によってはいつの間にかたくさん討伐しているモンスターだろう。
落とすアイテムは【たけのやり】
格闘場ではつちわらしが参戦するカードが2パターンある。
今回も勝ちやすいが、いずれも本命扱いのため儲けは薄い。

DQ10 Edit

エルフ、ドワーフの序盤に登場。同族やホイミスライムを呼ぶ。
同族呼びの際は分裂したと表記されているが、仕様も見た目も仲間呼びと変わらない。
一方でスモールグールはただの仲間呼び。逆では?
巨大な【古代つちわらし】も登場するほか、【やみわらし】などの亜種も登場している。
詳しくはこちらを参照。

DQMCH Edit

外伝への登場はほとんどないが、唯一キャラバンハートに出演。
魔獣系のDランクで、重さは2。
野生では【勇者の泉の洞窟】などに出現する。
魔獣系かエレメント系に魔獣系の心とエレメント系の心を与えると転身できる。
ステータスは賢さと素早さが序盤に急成長した後は、守備力が伸び始める。
習得する特技は【ヒャド】【マヌーサ】【スカラ】
序盤からスカラ・スクルトが使えるとかなり便利なので、心を手に入れたらぜひ使ってみよう。
転生士の能力で転生させると、ランク1の【医術士】(子供・男)になる。