【まりょくのたね】

Last-modified: 2020-02-09 (日) 17:27:25

概要 Edit

DQ9で初登場した【ドーピング】アイテムの一種。
【かしこさ】【こうげき魔力】【かいふく魔力】に分化されたことに伴い、【しんこうのたね】と共に登場した。
仲間1人の【こうげき魔力】を上昇させる。

DQ9 Edit

上昇量は2ポイント。
入手方法は【ヘルクラウダー】のレアドロップ(1/256)か、クエストNo.23【歴史書をさがせ】のクリア報酬で3つ貰えるのみである。
かつては【Wi-Fiショッピング】のラインナップに10000Gで並んだこともある。
複数個入手するにはヘルクラウダーから盗みまくることになるが、大概は【いかずちのたま】(確率1/16)である。
いっそ【スーパールーレット】を回したほうが効率がいいかもしれない。

DQ10 Edit

上昇量は1で固定だが転職しても上昇分は有効。個数限定品。
詳しくはこちらを参照。

DQ11 Edit

上昇量は2で固定。売値は15G。
今作では呪文の威力と成功率が細かく決められており、【セーニャ】以外のキャラは最終的にレベルアップで上限に達する。
ただ上限を待たずに覚えたばかりの呪文の威力が上がるのに越したことは無いし、特に【イオグランデ】【マヒャデドス】の上限に達するのはかなりのレベリングを要するため、自然に入手した分は全て【ベロニカ】【ロウ】に投与してもいい。
というより、セーニャに投与する際には最終的にかなりの量を与える必要があり、そうなると自然入手した種を与えるだけでは到底足りないため、100個前後の種を集める作業でもしない限りはベロニカやロウに与えたほうが効果を発揮しやすい。
 
量産するなら【デビルメビウス】を狙おう。【メビウスの盾】【ぬすむ】ついでにスーパールーレットを回せばOK。
DQ11Sのすべての敵が強い縛りプレイでは【マヌーサ】等の補助呪文が終始重要になるため、そのために攻撃魔力を上げるのも良い。というか、なぜ補助呪文の成功率を攻撃魔力のみの判定に戻したのか。
 
また【王者の剣】の道具効果(【バギクロス】と同じ効果)を活用したい場合は【マルティナ】【グレイグ】にも使用することになる。