Top > 【もりもりスライム】


【もりもりスライム】

Last-modified: 2018-11-24 (土) 08:53:29

概要 Edit

ジョーカー以降のモンスターズに登場するモンスターで、【マ素】の影響により巨大化したスライム。
体のサイズだけが巨大化し、顔(目と口)のサイズは変わっていないというなんともシュールな姿をしている。
名前の由来は多分スライムもりもりドラゴンクエストだろう。
巨大化したが、モーションは普通のスライムと変わらない。
マ素が絡んだモンスターであるにも関わらず、ジョーカー3ではコイツと【もりもりベス】はリストラされてしまった。何故だ。
巨大化ではなくマ素鉱石化した居るが…。

DQMJ Edit

スライム系のDランク。テンションを上げられる他、HP4分の1以下で会心率が2倍になる。
配合で作ることはできず、名もなき島に出現するか、
ノビス島かレガリス島に登場する【エドアル】?と交換するしかない。
名もなき島ではスライムとスライムベスだけの島の西側に現れることがある。
最初にいなくても離れた場所で戦っていれば出現することがあるので、
あきらめずに何回もチャレンジしよう。
スカウトできたら、一緒にスライムベスも捕まえて、もりもりベスをつくろう。
所持スキルはバギ&デイン。

DQMJ2 Edit

特徴は前作とほぼ変わらないが、通常配合で作れるようになった。
断崖のあたりで作ればスカウト役としても使えるだろう。
また、野生のものが魔界に出現する。普通のスライムたちの真ん中でプルプルしている。

DQMJ2P Edit

ステータスが上昇したが、すばやさは160までしか上がらないなど実戦では使いにくい。
強、最強化することによって覚える特技も踊り封じブレイク、ねがえりとしょぼい。
ただ、【ダイヤモンドスライム】の登場に伴いこいつの配合素材としての需要はアップ。
数多のプレイヤーがこいつを捕獲に走った。

テリワン3D Edit

ランクDで登場。目と口のサイズが少し大きくなった。
ステータスはさらに上昇し、すばやさは究極化込みで780まで伸びるようになり、前作に比べて大幅アップした。
攻撃力も992と、この位階にしては高水準。守備力も1020まで伸びる。
特性は「スタンダードボディ」「テンションアップ」「ひん死で会心」。+25で「封じブレイク」、+50で「デイン系のコツ」が得られる。
デイン系のコツがある上に所持スキルが「バギ&デイン」なのでデイン系を主力にするといい。
ただしMPは660、かしこさは600とさほど高くないので、デインを主力にするならばMPアップSPやかしこさアップSPのスキルを付けて補うといいだろう。
耐性は、素でザキを無効にできる他、究極配合すればギラ、マヒ、マホトーン、マヌーサを無効化できる。
反面、ドルマ、眠り、体技封じ、ボミエ、マホトラには弱い。
 
さいはての扉のB9F~B12Fに野生の個体が出現するが、位階配合で簡単に作れるので、そちらで入手した方が早い。早い段階で作るならおもいでのとびらのぬしのキラーパンサーにスライムを配合すればよい。
手っ取り早く量産するならば、おおぞらのとびらで【サタンパピー】を捕まえて【スライム】と配合するといいだろう。
こいつ2体を配合すれば【キングスライム】が生み出せる他、【スライムベス】との配合でもりもりベスが、もりもりベスとの配合で【ぶちキング】も生み出せる。
もりもりベスは【スライムマデュラ】の素材になっており、そこから【ダイヤモンドスライム】【ガルマッゾ】を作っていくので、前作同様こいつの配合素材としての需要は大きい。

イルルカ Edit

引き続きスライム系のランクD。
野生では出現しないため、【ホイミスライム】×【おおうつぼ】などの位階配合で作ろう。
性能は前作と大きくは変わっておらず、攻守ともに高め。
また、【新生配合】【プレッシャー】【メガボディ】化で【AI2~3回行動】【ギガボディ】化で【メタルキラー】を習得。
スキルは変わらず「バギ&デイン」。
 
豆知識には「王冠を取ったキングスライムではない」と書いてあるが、そもそもキングスライムとは顔が違う…