【マンドラゴラ(モンスターズ)】

Last-modified: 2021-10-18 (月) 19:55:41

概要

モンスターズ1と2、テリワン3D~イルルカに登場するモンスター。
軽快な音楽に誘われて土の中から抜け出した根っこの魔物で、地面から引き抜くと踊りだし、踊るのをやめると死んでしまうらしい。とりあえず人型の植物系モンスターという点は一般にイメージされるマンドラゴラのそれだが、引き抜くと奇声を上げるという事はないようだ。
ちなみにDQ6には一足早く同名のモンスターがいるが、茶色いニンジンのようなフォルム。
ただ、体が根で出来ており茶色な辺り、本編のマンドラゴラを全く意識していないわけでもなさそうだ。
 
ビルダーズに登場する道具は【マンドラゴラ(道具)】を参照。

DQM1

植物系。1では配合でしか仲間にできず、2ではイル編のみ【湖の塔】に出現する。配合方法は植物系×【ファンキーバード】
覚える特技は【おどりふうじ】【のろいのことば】【せいしんとういつ】
 
MPと賢さの伸びが割りと良いが、HPと攻撃力の伸びがあまり良くないので2ではリングで補強しておきたい。
「おどりふうじ」の唯一の使い手である他、貴重な「せいしんとういつ」まで覚えるので配合素材としては優秀。
ただし、コイツを使う特殊配合は1ではマンドラゴラ×ドラゴン系=【じんめんじゅ】のみ。
【わたぼう】なり【ローズバトラー】なりの強化に使うのが適任か。
 
PS1や2では【ウィングスネーク】との配合で【じゃりゅうせんし】が生まれるので、せいしんとういつを引き継ぐ意味でも価値が増した。

当然ながら、元ネタのように「叫び声を聞くと死ぬ」と言った事は無いが、即死させるということは再現可能(配合が必要)。

テリワン3D

久々の再登場を果たすが、そのモーションは何と【びっくりサタン】の使い回し。
動きとしては間違ってはいないかもしれないが、攻撃時のパントマイムまで同じなのはどうか。
見た目は植物だがゾンビ系のBランク。位階配合でも普通に生み出せるが、【ダンスキャロット】×2の特殊配合で生み出すのが一番手っ取り早い。
 
また、モンスターズ1とは異なりコイツを使う特殊配合も一応存在している。
【プチットガールズ】【じごくのマドンナ】【ローズダンス】のいずれかと配合する事で
【妖女イシュダル】が生み出せる。
妖女イシュダルは【名をうばわれし王】の素材になるので、何度か作る事になるかもしれないが、片割れの3匹はいずれも【他国マスター】もしくはジョーカー2/プロからの引き継ぎからしか入手できないので、結構手間がかかる(プチットガールズは配合でもできるが、素材にじごくのマドンナかローズダンスを使うので、どの道他国マスターからのスカウトか引き継ぎが不可欠)。
なお、【スカウトQ】の8問目ではこのモンスターを王妃に見せる必要がある。
 
裏シナリオにおける【カレキ王】の手持ちモンスターの一匹。名前は「ドゴラ」。
所持スキルは最強VS呪文、回復SP、かしこさアップSP。
また、【NPC】としても登場しており、格闘場のSランクの試合をクリアした後に通れるタイジュの路地裏にいる。
子供の泣き声のような奇声を発しながら母親の【マンイーター】を探している。
エンディング後に行くと母親にも会える。母親曰く「人間で言ったらもう30に近い」そうである。

イルルカ

今回は【雪と氷の世界】の湖上の魔塔に出現する。複数で踊っているが、その中の一匹は【マネマネ】が化けた姿だったりする(化けている個体も扱いは同一なので、その個体をスカウトしてもちゃんとマンドラゴラと見なされる)。
ダンスキャロット×2の配合でも生まれる。
 
【新生配合】でダンスのコツ、メガ・ギガボディ化でAI2回行動、ギガボディ化で神の踊り手を習得。
スキルは「コールドスリープ」。