Top > 【樽】


【樽】

Last-modified: 2019-09-22 (日) 17:08:14

概要 Edit

木の板と鉄の輪等の箍を合わせて作られる容器。
DQ4以降の作品に登場するオブジェクト。
ゲーム内では「タル」とカタカナ表記される。
 
DQ5以降(リメイク版DQ3・DQ4含む)では何らかのアイテムが入っている事があり、【タンス】【壷】と同じく物色の標的となる。
中身はやはり【やくそう】などのショボイ道具が多いが、小銭や【ちいさなメダル】が手に入る事もある。
 

  • 初登場のDQ4では船の上のオブジェとして登場したが、調べることはできない。リメイク版DQ1・2でも追加されたものの、ただの飾りでしかなく調べられない。
  • DQ5・DQ6とリメイク版DQ3では普通に調べると中身を入手できる。調べた後も樽はなくならない。
  • DQ7・DQ8とPS版DQ4・PS2版DQ5では【持ち上げ】の対象となり、壊すことで中身を入手できる。特に、DQ8では【日野晃博】のこだわりにより、持ち上げてから思いっきり振り下ろして叩き割るという、タガが外れたような破壊アクションが無駄に凝っている。
  • DQ9とDQ4~DQ8(DS・3DS・スマホ版)では持ち上げずにその場で叩き割って調べる仕様。それなのに何故か、一度画面を切り替えると元通りに復活しているのが不思議でならない。
    • DQ9では、青宝箱と同様に電源を切ると一度割った後でもアイテムが再び手に入るようになった。中身はランダムに変わる。
  • DQ10では調べても割れない。樽に化ける【しぐさ】をおぼえられる。
  • DQ11では再び壊れるようになり、壊した回数が戦歴に残るようになった。
    3DS版以外ではアイテムを拾得できるのは小さめの樽だけで、大きめの樽は調べられない。また主人公が足で触れるだけで壊れる樽もあるが、これらからはアイテムは得られない。
    3DS版では一部の樽の中身がランダムになっており、一度マップを出て再び入ると中身が復活する。

 
樽に潜んだ【トラップモンスター】は意外と存在しないと思われているが、DQM2(GB版のみ)で樽に潜んだ【シャドー】が登場している。
実はDQM1のタイジュの国の格闘場にもモンスターが入っている樽があるが、調べてもすやすや寝ていて戦闘にはならず、どのモンスターなのかも不明。
更に時は流れ、DQ7(リメイク版)にはいかにもそれらしい【しにがみのタル】が登場している。
 
人が入っている場合もあり、DQ5では【主人公】【ヘンリー】らが【工事中の神殿】から樽に入って脱出するイベントがある。リメイク版ではかなり高いところから海面に叩きつけられるムービーが入るようになった。普通なら死ぬ。
DQ6では【ホルス】が樽の中に隠れている場面があり、DQ8では【チャゴス】が樽を改造して樽に隠れたまま城を脱走しようとした話が聞ける。

スラもりシリーズ Edit

スラもりでは1と3にアイテムとして登場。
スラもり1ではキャッチし損ねたり普通に投げると壊れて消えてしまう上、しばらく復活しない。
置かれている場所も少ないので意外と貴重な資材。
スラもり3では投げると一直線上に転がすことができ、当たると敵を潰すことができる。
船バトルにおける威力は18。

DQHシリーズ Edit

主に【空艦バトシエ】【ゼビオン】といった拠点に設置されている。
調べるとアイテムが入っていることがあるが、持ち上げたり破壊したりすることはない。

DQB Edit

家具の一種として登場。
一部の章では【ふとい枝】【ひも】で作れる。
材料的に足りないような気がするが、気にしてはいけない。入れ物仲間で【ツボだらけの部屋】に時々補給される。
また、横向きの【酒ダル】も登場している。
 
このタルには「テーブル」の属性が付けられているため、その上に飾り用の家具を置くことができるし、【ごはんどころ】【薬局】などの部屋レシピにも有効である。実際、マイラの拠点にはタルの上に本が置かれている。
タル自体は廃墟の中に放置されていることも多いので、これを知っていれば拠点を素早く充実させることができるだろう。

DQB2 Edit

【酒ダル】が液体を調理するための設備になった。
 
新たにこわれたタルが追加された。
海岸に配置されていることが多い。
普通に破壊すると【木材】になってしまうため、回収するには【ビルダーハンマー】が必要。
また、きりかぶ作業台でタル1個からこわれたタルを1個作成できる。