Top > 【真・魔王ザラーム】


【真・魔王ザラーム】

Last-modified: 2019-02-25 (月) 02:46:31

DQH2 Edit

本作のラスボス【魔王ザラーム】聖杯を取り込んだ姿。見た目は二足歩行になった【ジェノダーク】に似ている。
 
巨体になって攻撃の威力が上がった分、攻撃はいずれも大振りなため、落ち着いて対処しよう。
第一形態とは違い、自身の体を使った戦い方になっている。
ジゴフラッシュは第一形態のときとは違い、プレイヤーを中心とした範囲に変わっているため、キャラクターによっては避けるのが非常に難しい。
また、第一形態のときに使っていた呪文は減っている。
ドルマドンや呪い玉などで聖杯を晒し、ここを攻撃すると大きなダメージになるが、慣れないと付くのはきついかもしれない。

 
時折、闇の檻で仲間を捕らえるが、これは主人公が触れることで解放できる。
闇の檻自体にはダメージは無いが、捕らえている間も攻撃してくるため、ザラームの動きをよく見て助けに行くべき。
 

HPが減ると聖杯の力を解放し主人公を取り込み、【マダンテ】を放つ技は強力だが、溜め中は聖杯が胸からこぼれ落ちるため、その時聖杯を狙えば大ダメージを与えられる。
聖杯にある程度ダメージを与えると主人公は解放されるが、それなりのダメージを与える必要がある上、主人公を取り込んでいる間ザラームの体力がどんどん回復していく。
必殺技でダメージを与えると一瞬で解放されるため、火力が低いキャラは必殺技をザラームが主人公を取り込むまで使わないほうが無難。
 
倒すとまだ戦い続けようとするも、聖杯に光の力が集まり体が耐えきれずに消滅した。
 
ちなみにこいつに負けると、第一形態からのやり直しになる。
BGMは前作ラスボスと同じく【強大な魔物に挑戦】のテンポを遅くしたもの。

強化版に【真・魔王ザラーム・強】がいる。
 

DQMJ3P Edit

モンスターズシリーズ初参戦。
変身前の姿は登場していないので4体配合で直接こいつが生まれる。
配合方法は【魔王オムド・レクス】×【アルダララ】×【凶エスターク】×【魔元帥ゼルドラド】
見ての通り配合素材を手に入れるのがとても大変であり、オムド・レクスやアルダララに至ってはドラゴンクエストモンスターズスーパーライト、星のドラゴンクエストとのコラボイベントでしか入手できないため、実質通信環境なしで配合することは不可能。
コラボソフトを持っていないプレイヤーはすれちがい通信の他のプレイヤーから素材を捕まえるしか方法がない。
 
幸い現在では魔王オムド・レクスとアルダララが自宅Wi-Fiで配信されるようになったため、コラボソフトを持っていなくてもWi-Fi環境さえあれば生み出すことが可能になった。
 
固定特性は【闇ブレイク】
初期特性は【ギガボディ】【ときどき赤い霧】【バーサー化】【AI3回行動】
超生配合で【呪い攻撃】【せいぞんほんのう】【いてつくはどう】、超ギガボディ化すると【ミラクルボディ】が付く。
合体特性は【超やみのはどう】、合体特技は【フォースドハック】
ステータスとしてはHPが1720、守備力が1010と高水準であり、攻撃力とすばやさも810とまあまあある。
MPも610とそれなりにあり特技も比較的使いやすい。
問題はかしこさであり510と結構低め。つまり600以下のため、意味のない行動を連発する危険性がある。
【ドーピング】かスキルやアクセサリーで補った方がいいだろう。
通信対戦で使うなら超やみのはどうやフォースドハックなどを駆使した状態異常役として使うのがオススメ。
スキルは固有の【真・魔王ザラーム(スキル)】
 
こいつに【サイコピサロ】【マスタードラゴン】【大魔王マデュラージャ】を配合することで【魔剣士ピサロ】が作れる。
こいつ自身に対する能力にやや器用貧乏な感じが拭えなく、通信対戦で使う気もないなら、能力がかなり高いピサロの4体配合にさっさと使ってしまうが吉。
というか超やみのはどうにフォースドハックという組み合わせもマデュラージャとかぶっており、マデュラージャの方がHPが高い。
 

テリワンSP Edit

DQMJ3Pから引き続き登場。しかし、相変わらず変身前の姿は登場していない。
配合方法が【闇竜シャムダ】×【大魔王ゾーマ】になっている。
また、ねむりの扉の黄金郷にも登場するが、黄金郷の解放に【わたぼう】【ワルぼう】を必要とするため、配合で入手する方が手っ取り早い。
【魔王オムド・レクス】【ガルビルス】【魔戦神ゼメルギアス】との配合で【大魔王マデュラージャ】が作れる。