Top > 【ワルぼう】


【ワルぼう】

Last-modified: 2018-12-07 (金) 02:52:00




概要 Edit

ジョーカー以外のモンスターズシリーズに登場する【マルタの国】の精霊。
大まかな見た目は【わたぼう】の色違いだが、表情などには名前の通りのイジワルさが現れている。

いずれのシリーズでも良心的(?)で、戦いになることは少なく、とどめを刺す事は出来ない。

DQ10 Edit

本編ではないが、公式外部ツール【冒険者のおでかけ超便利ツール】のモンスター牧場に登場。『ワルぼうのルーレット』というコンテンツを遊べる。
また、ワルぼうがデザインされた家具アイテムも実装されている。

DQM1 Edit

今作の黒幕(?)。
星降りの大会の為にモンスターマスターとして【ミレーユ】を拉致した張本人。
その後も度々登場してはイヤミなセリフを吐いたり、
バザー会場にいるおばさんを会場から放り出してしまうなど憎たらしいヤツである。
放り出されたおばさんは無事にわたぼうに助けられている。
GB版ではわたぼうと異なり、仲間にすることはできない。
PS版1ではわたぼうとワルぼうをお見合いさせることで入手可能。
本作に限り、名前が全てひらがなで「わるぼう」表記になっている。

DQM2 Edit

DQM1に出ていたのと同じ個体だが、今作はマルタの国が舞台の為、中々憎めないヤツとして描かれている。
しょっちゅう【カメハ】王子とつるんでおり、
彼とワルぼうがマルタの国の底に栓をしている「マルタのへそ」を引っこ抜いてしまったため、
国が沈没の危機に瀕する。
仕方なくワルぼうがマルタのへその代わりに栓になり、たまたま近くに居た【ルカ】or【イル】
マルタのへその代わりになるものを異世界から探すよう頼む…というのが今作の旅のきっかけ。
そんなわけで、今作ではずっと地下で穴にはまっているだけでクリアするまで終始一歩も動けない。
でも主人公がマルタの国に帰ってきた際には魔物を全回復させてくれたり、全滅しても生き返らせるのでありがたいヤツなのは確か(心が広いとか)。
 
今作では植物系のモンスターとして仲間にする事ができる。
能力値はわたぼうに比べて若干癖が強く、MP・守備力・賢さの伸びが良くない。
耐性はわたぼうよりやや劣るが十分優秀。会心率も高いため、GB版では配合で耐性を上げてやれば
わたぼう同様の最強クラスのモンスターに仕上げることも可能。
配合による耐性強化の仕様が変更されたPS版では素の耐性の低さが災いしてあまり強みが無くなってしまった。
特技は【マホイミ】【いてつくはどう】、フェロモンとこちらも一癖あるのが揃っている。
仲間にするには本編終了後、モンスターを250種以上仲間にするとワルぼうの息子のプチぼう(種族はワルぼう)を仲間にできる。
息子が旅に出たいと言っているが一人じゃ心配だからと、
腕を見込んだ主人公にワルぼうが連れてってくれと頼んでくる。
プチぼうを仲間にしなかった場合、モンスターを290種以上仲間にするとワルぼう自身を仲間にできる。
マルタの危機が去ってやることがなくなったため、本人も旅に出たくてウズウズしていたらしい。
ワルぼうとプチぼうは、どちらか1匹しか仲間にすることができないため、
種族としてのワルぼうは1匹だけの入手となる。
ちなみに当然だが親であるワルぼうの方がプチぼうよりも初期レベル・ステータスは高くなっている。
性別は、ルカ編では♀、イル編では♂とマスターと逆の性別で仲間になる。
(もちろん配合することで性別の変更は可能)
なんとなく♂の様なイメージを持っていて、仲間にしたら♀で驚いたルカも多いのではないだろうか。
 
親のワルぼうの方を仲間にすると、それ以降は子供っぽい口調で話すプチぼうが冒険のサポートをしてくれるようになり
今までのワルぼうはサポート役としては戻ってこなくなる。付き合いの長いワルぼうに愛着のある人は注意。
ところで息子がいるという事だがお相手は何処にいるのだろうか?

DQMCH Edit

「マルタのオーブ」を使うと出現するダンジョンの最深部にボスとして鎮座。
15ターン以内に倒すとワルぼうの心をもらえる。
ただしこれは【ギスヴァーグ】への転身に使用する。
成長がきわめて速く、早熟な攻撃力・守備力を除けば能力値は一級品。耐性も全体的に高い。
なにより重さが1なのが魅力的。
転身方法は+50以上まで強化した【デュラン】【ダークスライム】【グランスライム】の心。

DQMJ2P Edit

ジョーカーでは出られない時期が続き、わたぼうに遅れを取っていたが、
プロフェッショナル版でようやく登場を果たす。
すれちがい通信で、50人とすれ違うごとに現れる可能性のあるルカとイルが
こいつと【タイタニス】を連れており、このバトルに勝利すると入手出来る。
又、モンスターのタマゴを夜に【ピピッ島】のある場所に置くと生まれる事がある。
前者からは貴重な【神竜のツメ】が入手出来るが、特性の関係上【ぬすっと斬り】が効かないので入手は困難。
悪魔系のSSランクに属し、わたぼうとは特に守備力の面で劣るが、素早さ・賢さでは大きく上回り、
最終的な能力値の合計ではわたぼうを上回っている。
【つねにアタックカンタ】を持ち、物理攻撃に対して無類の強さを持っている。
また、【ぼやき】のテンションを下げる効果も地味ながら厄介。
わたぼうとの配合で【エグドラシル】が生まれる他、【マガルギ】【トロデ】を生みだすのにも必要。
所持スキルは固有の「ワルぼう」。 何気にわたぼうよりも先に固有スキルをゲットしている。

テリワン3D Edit

ミレーユを拉致していく流れは同じだが、嫌みな敵役で活躍した1に比べて登場の機会は減り、
最後にはタイジュ兵に捕まってしまう。
その後はマルタ王にこっぴどく叱られ、国から出られなくされてしまった。不憫。
 
仲間にするにはわたぼう同様に、【にじのタマゴ】から孵化させるしかない。
???系のSSランクに属するが、位階はわたぼうより下。わたぼうとはHPや攻撃力・守備力などでは劣るが、
それ以外は上回っている。
常にアタックカンタは消えてしまい、以前ほどの猛威は無くなったが、
「わるぐち」や「ぼやき」でテンションを上げさせない効果が厄介。
+値25で【星のまもり】、50で貴重な【星のおくりもの】が特性に付く。
【スモールボディ】なのでわりと素早く動けるのも強み。
【じんめんじゅ】との配合でエグドラシルが生み出せる他、前作同様トロデの配合にも使える。
 
もっとも、エグドラシルやトロデの配合は代わりにわたぼうでもよく、逆にわたぼうと異なり【トーポ】の素材にはなれない。
さらに今作ではマガルギの素材にもならない。前作では配合素材としての地位はわたぼうよりも上だったが(前作ではわたぼうはエグドラシルとトーポの素材にしかならず、こいつよりも特殊配合のパターンが少なかった)、今作では素材としての地位は大きく低下している。
図鑑をコンプリートするのならともかく、わたぼうさえいれば(配合という観点から見れば)無理してこいつを仲間にする必要がないという、【グレイナル】【バルボロス】のような関係になってしまっている。しかし、グレイナルとバルボロスは【他国マスター】が繰り出してくるので、このチームに会いさえすればどっちを仲間にするか(スカウトするか)選べるが、タマゴからしか生まれないこいつとわたぼうはそうはいかない。もしわたぼうではなくこいつしか仲間にできてなくてもトーポ以外の2体は生み出せる、というのはある意味救済措置とも言えるのだ。

テリワンSP Edit

あろうことか、相方のわたぼう共々【ねむりのとびら】の黄金郷を解放するために必要なモンスターに指定されている。
タマゴから生まれる確率の低さは相変わらずなので、黄金郷の全解放を目指す場合リアルラックに懸けて地獄のタマゴ孵化を延々と繰り返す廃人覚悟のやり込みが必須となる。
かつてはオンライン他国マスターで配布している親切な方もいたのだが、現在はアップデートによってSSランクのモンスターが選ばれた場合はタマゴになる仕様になったため、それも叶わなくなってしまった。

イルルカ Edit

DQM2と基本的に同じ流れ。
今回はマルタの国の衰退に合わせてワルぼうもどんどん衰弱していく。
昔、若気の至りで自身の等身大黄金像を作るというよくわからない事をしているが、それがめぐりめぐってマルタを救うことになるとは…。
 
裏エンディング後に【プチぼう】を託してくれるのはDQM2と(条件以外)同じだが、今作のプチぼうはわたぼうの子供とセットになって独立した個体になっている。
ただし、ワルぼう本人は「本当ならお前の旅に一緒についていきたいが、これでもオレはマルタの精霊。ここを離れる訳にはいかない」と言い、仲間にはなってくれない。
仲間としてのワルぼう自身は配合、タマゴ、錬金カギなどでは入手できない【配信限定モンスター】となっており、全国のセブンスポットでプレゼントカギが期間限定で入手可能だった。期間中であれば簡単に手に入ることもあり、テリワン3Dに比べて素材として入手しやすくなった。
わたぼうも入手はさほど難しくないが、すれちがいバトル100勝という手間を考えればこちらのほうが楽。
セブンスポットでの配信は既に終了しているが、現在では何と自宅のWi-Fiでプレゼントカギが受け取れるようになっている(公式サイトで告知されていないので、いつから受け取れるようになったのかは不明だが…。余談だが同じくセブンスポットで配信されていた【かみさま】のカギも自宅で受け取れる)。
それなりに強いとはいえ、序盤で勝てない相手ではないので、倒して適当な奴と配合し、Aランクのモンスターを作るか、【じんめんじゅ】と配合して【エグドラシル】を作るかすれば、しばらく無双ができる。

また、【格闘場】のイベントバトルでは第7戦(最後)の対戦相手として登場する。
と言ってもワルぼう自身が戦う事はなく、曰く「精霊仲間に掛け合ってすごいモンスターを連れてきた」と【メタルゴッデス】1体で挑んでくる。
「卑怯なワルぼう様の本領発揮」との事だが、4枠の癖にHPが僅か1000しかないので全員に【真グリンガムのムチ】を持たせて、【かぶとわり】【ルカニ】をかけてから通常攻撃してやればあっさり沈む。
 
倒すと【しんせいの宝珠】5個とメタルゴッデスをくれた後、「戦ってみて分かったよ。お前はやはり天才マスターだった」と最大級の称賛をしてくれ、「次からは第1戦に戻るので、またオレと戦えるように頑張れよ」と激励までしてくれる。
何だかんだ言ってもマルタの住人に対しては優しい奴なのだろう。異世界から戻ってくると回復もしてくれるし。
 
今回は【新生配合】でくじけぬ心、メガ・ギガボディ化でAI2回行動、ギガボディ化でショック攻撃を得る。
スキルは同じく「ワルぼう」。

DQMJ3P Edit

みんなの通信広場でプロフィール編集を担当している。

入手するにはゴールド、プラチナコインを合計30枚以上消費してワルぼう図鑑・上巻とすれちがいバトルで30回以上勝利してワルぼう図鑑・下巻を入手し、センタービル地下1階にいる【ルボロー】に渡す必要がある。
使うコインは上記のとおり合計なのでプラチナコインを使う必要はない。その為、わたぼうと違って入手するのにリアルに何日もかからない。更に言えばわたぼうを入手する過程で自然と条件は満たせる。
 
5日目のイベントバトルの相手としても登場する。4日目のわたぼうの時点で次はこいつだろうと予測はつくはず。
しかし、アンタは国から出られなくされたんじゃなかったのか…?
相手はなんと【聖竜ミラクレア】1体。マルタでうろついてたのを適当につれてきたらしいが、何をしていたのだろうか?
AI4回行動で時折ハイテンションからのビッグバンやジャッジメント等の体技で押しまくってくる。修羅の獄まで使ってくるので、長引かせると圧倒的に不利。今回のイベントバトルでは最も厄介な相手と言える。
今回のイベントバトルの例の漏れず【フォースドハック】は有効なのでこれで耐性を下げた後に動きを止めてしまうと良い。
 
特性に関してはイルルカから特に変化なし。
超ギガ化すると【ツッコミ】が解放される。
因みに固定特性は【わるぐち】が選ばれている。
合体特技は【世界樹の恵み】、合体特性は【不思議な守り】
 
【魔戦士ルギウス】【魔戦士ヴェーラ】【オムド・ロレス】との4体配合で【魔戦神ゼメルギアス】が生まれる。ワルぼうはわたぼうでも可。
 
所持スキルは【星降りの精霊】に変わった。

スラもり1 Edit

ほんの少しだけゲスト出演。
【スーランの町】の二丁目にある洞窟には、3つの部屋がある。
そのうちの一番右側の部屋に入り、右側に置かれているタンスに【スラ・ストライク】をぶち当てると、中からひょこっとワルぼうが飛び出してくる。
曰く、「カメハとかくれんぼをしている」とのこと。その後「邪魔するなよ」と言い残してすぐに引っ込む。
スラもり1の世界に迷い込んで来てしまったものと思われるが、きっとここがどこなのか考えてもいないのだろう。
ちゃんと範囲を決めとけ。
 
ちなみに、同じ部屋の左側に置かれているタンスからはわたぼうが出てくる。