Top > 地名・地形 > 【チョコボの森】


地名・地形/【チョコボの森】

Last-modified: 2019-06-26 (水) 23:23:07

名前の通りチョコボが生息している場所。
周りから離れて丸くなっていることが多い。
FF2~5までは毎回登場したが、FF6以降はあまり登場しなくなった。


FF2 Edit

初登場。カシュオーンの南に一箇所だけ存在する。
カシュオーンを攻略して、次の目的地である大戦艦に直行するときくらいしか使う機会がない。
ここからチョコボに乗ってミシディアまで買い物に行くプレイヤーもいるとかいないとか。

FC版は他の森と区切られていないため、見た目ではどこにあるか分からない。
カシュオーン城を出て橋を渡り、南に歩き続けると入ることができる。

FF3 Edit

ギサールの野菜を使うことでデブチョコボを呼べるようになった。
場所は古代人の村付近と、ゴールドルの館の山の裏辺り。
他にも世界各地いたるところに無駄に点在している。(下記参照)
「目的地に行きたいのにエンカウントうっざ!」と思ったら利用するが吉。
BGMはチョコボのテーマが流れる。


FF3の記事にも書かれてあるが、
本作にはテントやコテージといったフィールドマップ上でHPとMPを回復させるアイテムが存在しない。
その為、フィールドマップをうろつくとシリーズの中でも消耗が激しい。
情報のなかった発売当時のユーザーは、マップの把握や次に向かう場所の探索など、フィールドを周回するのは相当苦心していたとの事。
これらの世界各地に散らばるチョコボの森は、そうした当時の冒険者達の為の救済措置だったのかもしれない。
ガチで意味の無い所にもあるが。


また、森とは別にサロニアの町にはチョコボ研究所があり、デブチョコボを利用できる。他にも池にいるチョコボに乗ることもできる。

FF4 Edit

基本はFF3のものと同じだが、白チョコボ黒チョコボが新たに登場した。


MPを回復してくれる白チョコボがいるので、
回復魔法を唱えられるメンバーが1人でもいれば宿屋代わりになる。


トロイアの北にチョコボの村があり、多くのチョコボ達がいる。トロイアの南の森と東の孤島にも存在するが当然、敢えて利用する意味はほとんどない。
存在すら知らない人も結構多いのではないだろうか。


茂みを調べるとギサールの野菜が見つかる。

FF4TA Edit

集結編では、上記のトロイア東の孤島にある森に召喚アイテムチョコボ」が落ちている。
前作ではひたすら目立たない場所だったが、これのおかげで知名度が上がった…かもしれない。


パロム編で強制的に3度利用させられる。

FF5 Edit

第一世界 Edit

三日月島に、「黒チョコボの森」という森がある。
黒チョコボ入手イベントで必ず訪れることになる。
ファリスから「ガンバッって バッツ!」なんて珍しい台詞が聞けたりする。
(実際にはレナとファリスの台詞が同じで、使い回しているだけだが…)

第二世界 Edit

第二世界ではカトブレパスが出現するエリアに存在する。
こちらの名称は「チョコボの森」
ここに居る雌のチョコボココではないかと推測されている。

FF6 Edit

前作のようにフィールドの森の中に入れる場所が一部存在するものの、
そこは野生のチョコボの森ではなく、代わりに人間が営業する「チョコボ屋」である。
設定/【チョコボ屋】

FF8 Edit

FF8のチョコボの森は全部で7つ。
うち6カ所ではチョコソナーとチョコザイナを使い、コチョコボを探し出すパズルゲームを解くことになる。
上手くコチョコボを一匹だけにすると、親チョコボが出てくる。
ここで乗ることも出来るが、更にソナーで探索すると、反応のある場所からオーラストーン等のストーン系のアイテムが見つかる。
これが親愛の証になり、その森では自由にチョコボに乗ることが出来るようになる。
全ての森で親愛の証を見つけて、エスタの北にある「チョコボの聖域」へ行くと、コチョコボのカードを貰える。

初心者の森(初級) Edit

ザイナを吹くポイントは4カ所あるが、正解は1通りで1回吹くだけ。
親愛の証は森の奥中央の木の根元。
親愛の証:オーラストーン

基本の森(初級) Edit

ポイントは5カ所あるが正解は2通りでどちらも2回吹くだけ。
親愛の証は左に折れた突き当たり中央。
親愛の証:フレアストーン

孤独の森(中級) Edit

吹くポイントは「孤独な」1カ所のみだが他と比べて極めて範囲が狭い。
親愛の証はちょこ坊の足元にある。□ボタンでカードバトルを吹っ掛けようとするとしどろもどろになる彼をどかせることができる。
親愛の証:プロテスストーンメテオストーン

はぐれの森(中級) Edit

ポイントは森の奥に3カ所、入口に1カ所の4カ所。正解は3通りでどれも2回吹く。奥の3カ所のいずれかで吹き、最後に入口で吹くとよい。だから「はぐれの森」。
親愛の証は奥の真ん中あたり。
親愛の証:シェルストーンホーリーストーン

遊びの森(上級) Edit

ポイントは5カ所。正解は6通りあり、3~4回吹くことになる。ヒントの「ちょこぼうりんぐ」はコチョコボの動きをボウリングに見立てたもの。故に「遊びの森」なのだろう。
親愛の証は右に曲がった突き当たり。
親愛の証:メテオストーンフレアストーンアルテマストーン

囲いの森(上級) Edit

ポイントは5カ所。正解は3通りで吹く回数は5回と一番多い。四方にコチョコボを配した後にその中央で鳴らすと4羽と入れ替わりに1羽下りてくる。故に「囲いの森」。
親愛の証は右奥の突き当たり。
親愛の証:メテオストーンホーリーストーンアルテマストーン

チョコボの聖域 Edit

ここではパズルなしにチョコボをゲットできる。
チョコボの聖域


最北端のシュミ族の村から始まって、トラビア、エスタ、セントラを経由して
最終的にセントラ遺跡の北側が終点となる。

FF9 Edit

霧の大陸に存在する小さな森。
チョコボのチョコとモーグリのメネが住んでいる。
プレイヤーが一番最初にミニゲーム「ここほれ!チョコボ」を遊べる場所。
チョコの成長とともにメネもやがてこの地を旅立つことになる。


チョコボが進化するとまたここへ戻ってくることになる。

  • 元々の行動範囲が広い上に、山チョコボに進化すると更に行動範囲が増えてしまう。
    高台の上り下りも面倒なので、早いところ海チョコボへ進化させたい。

最も早いタイミングで入れるのは狩猟祭の後。
このタイミングでここを訪れるかどうかで、鉄馬車でのスタイナーのセリフが微妙に変化する。


普通の森と違い見た目が妙にこんもりとしているので非常にわかりやすい。
ただ、ストーリー上立ち寄る必要が無い場所にあるため、気付かずに先へ進んでしまうプレイヤーも多かった。

  • しかしここでチョコに乗れるようにしておくと、時間の短縮になる移動場所も多いため、エクスカリバーII入手の際にはここに真っ先に寄っておくとトータルでの無駄が少なくなる。

Disc4でも立ち入ったり利用したりする事はできるが、森の周囲を複数本のイーファの樹の根が取り囲むようにはっており、やや不気味な印象を与える。

FF14 Edit

高地ドラヴァニア東部の森林地帯。野生のチョコボが生息しており、
狩猟を営むテイルフェザー住民の生活拠点の一つとなっている。

FFT Edit

儲け話で見つかる秘境の一つ。

わずかな光しか入ってこない深い森。
今では珍しい野生のチョコボが数多く生息している不思議な森で、
中心部には世界樹があるとさえ云われている。チョコボ臭い…。

白本(Vジャンプ発行)では
「初出はFF4で各地に点在していた」と書いてあるが、なんてことはない。
FF2が初出であるし、FF3でも世界各地に13ヶ所も存在している。
FF4に初登場したのは「チョコボの村」である。
Vジャンプ編集部のFFシリーズにおける知識の無さがここで露呈している。

聖剣伝説 Edit

正確に名称付けられてるわけではないが、メノスの村の遥か北の森も「チョコボの森」に近いかと。
ここにはチョコボの卵があり、調べると孵化したチョコボがヒーローを親だと思いついてくる事になる。
別に寄らなくてもガラスの砂漠に落ちた際にチョコボが助けてくれるイベントは滞りなく進むが、このイベントを見ておいた方が感情移入できるかと。
エンディングでは一番最後にここに立ち寄り、チョコボットに改造されたチョコボが仲間のチョコボと再会する、というシーンで終わる。

FFL Edit

世界各地に存在しており、普通のチョコボ二羽に加えて白チョコボ黒チョコボのどちらか一羽が棲んでいる。
ほとんどのシナリオでは両方のタイプの森があるが、
ナイト編配信時点では吟遊詩人編のみ黒チョコボの棲む森が登場しない。
また光の戦士闇の戦士ともに、基本ジョブを入手した後に普通のチョコボに話しかけると、
召喚魔法チョコボ」を入手することができる。

FFRK Edit

ギサールの野菜が多く手に入る木曜日の曜日ダンジョン。2016/9/15から追加された。
FF9と共鳴するため、ルーントゥース【IX】の共鳴時に確率で野菜獲得量50%アップの効果を得られる。
出現モンスターはFF9のモンスター(+マジックポット)。チョコボは出現しない。