Top > カシマール


カシマール

Last-modified: 2018-10-13 (土) 00:48:13

◆忍◆ ニンジャ名鑑#0107 【カシマール】 ◆殺◆
過冬、ワイズマンの不気味なニンジャ。恍惚状態にあり、まともな会話は通じない。
死者を媒介する謎めいた「墓暴きの虫」のジツを用いる。遠隔妖術使いのニンジャにしばしば見られる特徴であるが、味方に対しても本体の居場所を明かさない。

登場エピソード Edit

 

「グルグルグル……」
「闇の相が巡っておりまする……暖かいですぞ」


人物 Edit

  • ロシア系ヤクザクラン「過冬」の上級戦士「ワイズマン」の一人。
  • 発狂しており、独り言めいた発言を垂れ流す情緒不安定な性格であるが、実務上の害にはなっていないためワイズマンの座にあることを容認されている。
  • ハデスニンジャ・クランのソウル憑依者であるが、その力の正体は過冬の内部に対してすら隠蔽しているとのこと。
この計画に間近で接するカシマールは、ただ恍惚の中にいる。

外見 Edit

  • 輪郭の一定しない黒く滲む影めいた襤褸を纏い、喋るたびに衣から菌糸じみて闇めいた霊が浮き上がる。
  • ほとんどドゲザめいてうずくまっているのが普段の姿勢だが、伸び上がるとザルニーツァよりも高い身長となる。
  • その瞳は三重の虹彩を持つ。

元ネタ・考察 Edit

  • カシマール(кошмар)はロシア語で「悪夢」を意味する。

ワザ・ジツ Edit

シャドウヴィジョン・ジツ Edit

  • 彼の身体を本体から離れた場所に投影するジツ。ヴィジョンを通して相手に語りかけることも可能。

シャドウネット・ジツ Edit

  • 物理的に隔てられている人々の状況を、ジツの視界を用いることで観測する。
  • 特定の人物に「タグ付け」をすることも可能であり、一度タグを付けた相手の生命反応は容易に把握することが出来る。

墓暴きの虫 Edit

  • 黒いカビめいたわだかまりを死体にこびりつかせて操る謎めいたジツ。
  • クローンヤクザの死体を用いた飽和攻撃は実際脅威。

一言コメント

「どちらにせよ、コメント暴きの虫たちが、炙り出しまする」