Top > Panther > M10


Panther/M10

Last-modified: 2017-04-08 (土) 00:24:05

M10.Panther.png

Tire 7 ドイツ 中戦車 (課金戦車) Edit

Panther_M10_Neu.jpg
公式紹介ページ

スペック Edit

HP1,300
車体装甲厚(mm)90/50/40
最高速度(km/h)46
重量/最大積載量(t)45.89/49.0
本体価格(ゴールド)5,750
修理費(シルバー)7608

戦車パッケージ Edit

Pz. V/M10
(5,750G)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
Panther/M10Maybach HL 230 P 307.5 cm KwK L70Panther/M10Panther/M101,300FuG 7 Ausf. F
700AP
APCR
HE
150
194
38
135
135
175
82109
7G
98
13.33
2.30
0.35
38100/50/4538350710

解説 Edit

  • 概要
    Tier7ドイツプレミアム中戦車
    マッチング優遇あり。
    M10駆逐戦車に偽装したパンター
    アメリカ軍に紛れ込むために改造された車輌であるため、迷彩もアメリカ軍のものを塗装することが出来る素敵仕様である。
    ※ドイツ軍の迷彩は使用できない。*1
     
  • 火力
    • 7.5 cm KwK L70
      Pantherの初期砲であり、AP弾の平均貫通力は150mmと頼りない。
      高Tier戦になると正面から敵を貫通できる機会が限られるため、機動力を生かして敵の側背面に回り込んでから攻撃をしかけたい。
      Pantherと比べ発射速度が強化されているのがせめてもの救いか。
       
  • 装甲
    偽装用の鉄板を装備している影響か、元となったPantherより厚い部位がある。
    • 車体
      前面90mmとPantherより僅かに増厚されているが、同格に対しては頼れるものではない。
      側面上部の一部には履帯が貼られているため、その部分だけは65mmとやや厚くなっている。
    • 砲塔
      前面100mmに防盾120mmで一見堅牢に見えるが、実際には砲塔は外縁部のみ100mmで防盾に隠れた中央部は45mmしかない。
      また防盾も外縁部は100mmで120mmあるのは中央部のみ。
      そのため実質的な装甲厚は200mm~165mmとなり、同格以上には基本抜かれてしまう。
      また、M10に似せる必要性からキューポラを撤去したために視界範囲が狭まり、偵察や索敵が難しくなっている。
      一方で長所も多い。
      まず側面は取り付けられた偽装用の鉄板によって装甲厚が45mmから50mmに増厚されている。
      他にも本車は初期砲塔を搭載しているが、耐久値は改良砲塔装備時のPantherと変わらず、また目立つ大きなキューポラを撤去したことで視界と引き換えにハルダウン時に弱点として狙われるものが無いのも嬉しい。
       
  • 機動性
    車体前面及び砲塔側面に取り付けた偽装用の鉄板によって砲塔の重量が増しておりPantherと比べてわずかに加速力が悪化している点と、砲塔と履帯の旋回速度は増加している点に留意する必要がある。
     
  • 結論
    本車はハルダウンを利用した積極的な攻撃に特化したと言える。
    元となったPantherより劣る点はあるが優れている点もあり、マッチング上もTier7MT相当である。
    プレミアム車輌の収支の良さをいかして課金弾を多めに搭載することで、より攻撃時に有利になれるだろう。
    但し、重戦車や駆逐戦車を相手にするときには無理をせず、支援に徹する必要もある。

Champion Panther/M10 Edit

IMG_1335.PNG
公式紹介ページ

  • 解説
    Tier7ドイツプレミアム中戦車
    2月1日から2月4日にかけて開催されたタンクボウル本戦においてドイツチームに所属したプレイヤーに100%オフで販売された。
    敗北したアメリカチームに所属していたプレイヤーには15%オフまたは50%オフで販売された。
    ドイツとアメリカ、両国の搭乗員を乗せることが出来るのが最大の特徴。
    特殊迷彩が施されており、迷彩の選択は出来ない。
    他の性能はPz. V/M10と同一。

史実 Edit

1944年後半、戦局はドイツ不利に傾いており、ヒトラーは西部戦線から迫り来る連合軍に対してアルデンヌからアントワープまでドイツ軍を突進させ、連合軍の補給を断つ作戦を自ら立案した。その名は「ラインの守り作戦」。後のアルデンヌの戦い(諸説色々あり、バルジの戦いやルントシュテット攻勢と呼ぶ場合もある)である。
西部戦線の連合軍は無謀な作戦で名を残している「マーケット・ガーデン作戦」で疲弊し、東部戦線から迫り来るソ連は赤軍の電撃戦による史上最大の反撃作戦、「バグラチオン作戦」が展開中であったが、ポーランドで膠着状態にあった。
ラインの守りで立案されたグライフ作戦に投入される予定だったのが偽装パンター「Panther/M10」である。
パンターG型をベースに5両(10両説もあり)が製作された。キューポラを外したG型に砲塔・車体の前・側面に厚さ約20mm程の軟鉄製偽装車体を被せ、塗装もアメリカ軍の全面オリーブドラブに白星、第5機甲師団第10機甲連隊風の車体ナンバーが書き込まれていた。
Panther/M10は進軍の渋滞に捕まって出遅れ、マルメディに対する強襲に使われるなどしている。
またPanther/M10を調査したアメリカ軍の情報士官も出来のリアルさを評価している。

オットー・スコルツェニー親衛隊中佐の率いる第150SS装甲旅団はジープでアメリカ軍の後方地域に潜入したが、実際に潜入出来たのは20名程度であったと言われているが、部隊の存在はその行動以上に混乱を生み出した。

混乱の様子

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • Champion貰うために、決算期というのに眠い目こすりながら頑張った。貰えて嬉しい。 -- 2017-02-10 (金) 10:53:49
  • こいつのクレジット収支の効率が良くて、プレアカならば10万以上も楽に稼げる。 -- 2017-04-30 (日) 21:18:23
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 残念ながら本ゲーム内では敵味方の判別や戦車名などが一目で分かるので、見た目だけで攪乱することはできない。