【カバリアー】

Last-modified: 2020-05-29 (金) 02:26:52

概要

本作が初登場。緑の鎧を着込んだカバ族の戦士。【ヴェリナード領南】に通り道を塞ぐかのように生息している。
【けもの系】で、上位に【ヒポせんし】【ヒッポキング】がいる。サイおとこ系統のモンスターをオネエ化したような顔をしている。
 
【ヴェリナード城下町】に向かう際の壁となるモンスター。
場違いな強さのため、初めて訪れるぐらいのレベルだと戦闘してしまうとほぼ一撃で即死か瀕死になってしまうだろう。しかも狭い道を塞ぐように歩いているので避けるのは難しい。
 
ステータス面ではヒポせんしが少し上ではあるが、しょっちゅう【テンションバーン】を使うためこちらの方が厄介かもしれない。複数回攻撃は極力控えた方が良いだろう。
逆にいえばそればっかりなので、解除手段があれば楽に戦う事ができる。
通常ドロップは【けものの皮】、レアドロップは【まじゅうのホネ】

Ver.1.5~

【ケラコーナ原生林】にも生息するようになった。
狙って狩るにはれんごくちょうが邪魔な上、ヘルシーサーより数が少ないのが辛いところか。

Ver.2.0~

新エリア【ワルド水源】【セレドット山道】【ロヴォス高地】の橋という橋で通せんぼするかのように生息。
特にワルド水源は数が充分に生息しているので100体討伐が楽になった。
また、【エモノ呼び】で高時給をたたきだせることが判明し、
今までガルゴルやバザックスなどに席がなかった斧戦士、槍パラディン、旅芸人に乱獲された。
この狩りを【えものカバ】もしくはエモリアーという。

Ver.2.2

【モンセロ温泉峡】にも生息。