【序曲X】

Last-modified: 2019-07-13 (土) 12:45:49

概要

『ドラゴンクエスト』の代名詞といえば、青い水滴状の【スライム】と、まるでオペラが始まるかのような【序曲】
そのような、名実ともにシリーズを象徴する超人気曲のアレンジ版であり、基本的には【タイトルムービー】のバックに流れる。
 
ファンファーレは【序曲IX】と同じだが、イントロとメインテーマの間にドラムソロのシークエンスが追加されている。
そしてメインテーマは、DQ7のものをベースにしつつも、金管楽器中低音部の「ブンチャ、ブンチャ」という伴奏がとても印象的。
行進曲の色合いがかなり強くなったが、勇猛さや華やかさではなく、どちらかと言うとあっけらかんとした、陽気で明るいアレンジであり、「おもちゃの行進」を髣髴とさせる。
「仲間と一緒に、楽しみながら冒険する」という本作のテーマに合わせたものだろう。
 
ところで、DQ9から序曲のイントロを変更した理由について、DQシリーズの楽曲を担当する【すぎやまこういち】

『ドラクエIV』から新しいシリーズに入ったということで、イントロを『ドラクエIII』から変えた。『IX』については、また新しいシリーズを始めるという堀井雄二さんの意図があって、『IV』から『VIII』まで続いたイントロとは違うものを作ってほしいと。で、最終的に今のイントロになった。

と語っている。
劇中の【神話篇】【クイーン・セレシア号】などからも、本作とDQ9との関連性が伺える。
2019年7月11日に配信された『【ドラゴンクエストIX 発売10周年特別企画】 今だからこそ話せることたっぷり話しちゃうぞスペシャル!』によれば、元来はDQ9・本作・そしてもう1作品とを合わせて「列車三部作」となる予定であったという。
しかしその3作目はボツとなり、次のDQ11は明らかに別の世界でありロトシリーズ寄りの物語となった。
現在、DQ9と本作については「箱舟シリーズ」というファンによる非公式な言葉があるものの、公式に一連のシリーズとして扱われることは無い。
 
ハウジングで【ロトのオルゴール】を使うと自宅内に流れる。

大盗賊の伝説

第4話【月を手に入れた男】のラストでなぜか流れる。

ナドラガンドの決戦

ストーリーのラスト、【ナドラガ神のほこら】(炎の領界)で【主人公の兄弟姉妹】が消えたところからメインテーマが流れる。