【しにがみの指輪】

Last-modified: 2020-09-30 (水) 19:38:25

トルネコ3

装備すると【ゆうれい】【しにがみ】の様に、壁の中や【水路】の上を自由に移動できる様になる指輪。
【まぼろしの洞くつ】ではよく拾え、【不思議の宝物庫】の56F以降の壁の中からでも【発掘】できる。
【封印の洞くつ】【異世界の迷宮】では入手できない。
同じくモンスターの名前を冠する指輪として【ミニデーモンの指輪】がある。
 
【かべぬけ】を利用してモンスターから逃げたり、壁の中に埋もれたアイテムを拾う事もできる。
ただし壁の中にいる間は、1ターンにつき最大HPの5/6というとんでもない量の窒息ダメージ(小数点以下切り捨て)を受ける。
最大HPが5/6以下の時にうっかり壁に入ってしまったら、その瞬間に操作キャラクターは【死亡】してしまう。
たとえHPが満タンだったとしても、2ターン続けて壁の中に入っていたら当然死亡する。
壁際に敷かれた【ツルツル床】で滑って、そのまま壁の中にめり込むのは誰もが通る道。
 
また、これを装備して5マス後退させられる【鉄球】【ワナ】を踏むと死亡フラグが成立する。
いかんせん最大5マスも壁の中に押し込まれては、そのままでは到底脱出は困難である。
壁の中でも【ルーラ草】を飲めば脱出できるので、万が一の事故に備えて確保しておこう。
滅多に起こり得ないが、【ギガンテス】【吹き飛ばし攻撃】【ふきとばしの石像】にも気をつけよう。
 
ダメージを受けるのは「操作キャラクターが壁の中に入っている時」だけとなる。通路の角を斜めに歩いて抜けたり、【スカイフロッグ】系の様に【角抜け攻撃】をするだけなら窒息ダメージは受けない。
もちろん水路を歩く分にもダメージは受けないので、【つうかの指輪】として使うこともできる。
他にも、壁の中に【石像】を無理やり押し込んで一撃で破壊するのに利用できたり、【ストレイトソード】を装備して壁の中のモンスターを攻撃する等、多彩な攻撃もできる。ただ、双方とも壁の中を貫ける原理は謎だが。
 
【まぼろしの洞くつ】では逃げ手段として有効で、【爆発の指輪】の次に重要なアイテムと言える。
水路を歩いたり角抜け移動を駆使することでモンスターから逃げられるが、操作ミスでうっかり壁の中に突っ込んでしまうと即死しかねないので、必要ない状況では指輪を外しておいた方が良い。
操作ミスをしない自信があるなら、【ハラヘラズの指輪】【シャドーの指輪】と合成してメイン装備にするという手もある。
 
「しにがみの指輪を装備中」ならば、壁の中で力尽きても【世界樹の葉】による復活は可能。
しかし、「しにがみの指輪を外した状態」で窒息ダメージによって壁の中で力尽きた場合、

トルネコは 復活しようとしたが
壁が邪魔して 復活できなかった!

というメッセージと共に、世界樹の葉による復活が適用されずに死亡してしまう。
【とじこめ投げ】同様、世界樹の葉を貫通する理不尽な即死なので、決して壁の中ではしにがみの指輪を外さないように。世界樹の葉が入手できないまぼろしの洞くつでは関係のない話だが、封印の洞くつや不思議の宝物庫で使う時は気を付けよう。
 
元ネタとなる『N64版風来のシレン2 鬼襲来!シレン城』 に登場する「パコレプキンの腕輪」と比較すると、壁の中に滞在する間のダメージ量が大幅に上がっている。
あちらでは窒息ダメージが「最大HPの1/20」とこの指輪よりも極めて少なく、「透視の腕輪」に匹敵するダンジョン攻略の際の要とも言える超強力なアイテムだった。

余談

「壁の中にいる間はHPが自然回復しない」というわけではないので、「レベル99・最大HP25以下」という極端にHPが低い状態のポポロを作り出し、【回復の指輪】を2つ合成して「回復・回復・壁」でHPが20ずつ回復する指輪を作れば、窒息死することなく連続で壁の中を動き続けることが可能となる。
最大HP25の場合、壁の窒息で毎ターン20ダメージ喰らうが、回復×2の効果で毎ターンHPが20回復するので、ずっと壁にいられるわけだ。
回復の指輪は満腹度消耗が激しくなるので、指輪の印数を増やして【ハラヘラズの指輪】【ハラモチの指輪】も併用しよう。残る1つは【透視の指輪】を合成して、「回復・回復・視・腹・腹もち・壁」の印構成で使うと良い。回復印を3~4つに増やせばもう少し高めの最大HPで行動できるが、そうすると他の指輪を合成するスペースがなくなる。
 
極端にHPが低いポポロを作るには、【ミステリドール】【いしにんぎょう】の吸収光線をわざと食らい続けることが必要。
どちらかを【異世界の迷宮】で仲間にして持ち帰り、【分裂の杖】を振って敵の個体を発生させる。
この2種は異世界の迷宮と【まぼろしの洞くつ】以外では発生しないので、極端にHPが低いトルネコを作ることはできない。
レベル99にしておく必要があるのは、レベルアップでポポロの最大HPが増えてしまうのを阻止するため。
レベル1で始まる【封印の洞窟】では通用せず、実用的に使えるのは【不思議の宝物庫】となる。
 
壁の中に入っている間は大半のモンスターから攻撃を受けないため有利に立ち回れる一方で、HPが少なすぎるので壁から出ている時にちょっと攻撃されるだけで即死するなど、デメリットも多い。
最大HPを調整したり回復の指輪を2つ手に入れることにかなりの手間がかかるので、ネタの域を出ない。
しかし、【ぐんたいアリ】を3体ほど引き連れて壁の中を歩き続ければ、フロアの壁をあっという間に掘削できるので、不思議の宝物庫での【発掘】に利用できる。
大部屋の巻物や白紙の巻物を集めるのが面倒で、ドーピングして十分に鍛えた【ぐんたいアリ】を複数用意できるなら、一考の価値はあるかもしれない。