Top > 【分裂の杖】


【分裂の杖】

Last-modified: 2019-11-14 (木) 14:07:02

概要 Edit

トルネコの大冒険、少年ヤンガスの不思議のダンジョンシリーズに登場する杖の1つ。
魔法弾の命中したモンスターを分裂させる困った効果の杖。
しかし逆を返せば故意にモンスターを分裂させる事ができるので、経験値や特定のアイテムを稼ぎたい場合にわざと持ち歩く価値はあるとも言える。
ちなみに分裂したモンスターは、分裂前のモンスターのHPや状態異常を引き継ぐ事は無く、新しい個体として分裂するので注意してほしい。
DQRで登場したこともあるが、先端に2匹のスライムが付いたデザインをしている。

トルネコ1 Edit

分裂させる対象は経験値狙いなら【はぐれメタル】、アイテム狙いなら【ベビーサタン】だろう。
お金を集めて店を大きくしたい場合、【わらいぶくろ】に使う手もある。
というか、それ以外のモンスターに使うのは得策ではない。
終盤になると生半可な経験値ではレベルが上がらなくなるし(それ故にはぐれメタルの【幸せの種】は貴重)、
アイテムを落とす確率が高いモンスターは普通に実力も高いので、下手をすると返り討ちに遭う。
そして分裂させようにも、元手となるモンスターがいないと意味が無いので、
出現率の低いはぐれメタル狙いというのはあまり効果的ではないやり方だったりする。
トルネコ1では無駄なアイテムを持ち歩く余裕が少ないので、はぐれメタル狙いだったとしても、
ベビーサタンがいなくなる18階までに出なかったらそこで使い切ってしまうのが妥当か。
 
また話を進めると、村の住人の【エド】【モンド】がこの杖のおかげで二人ずつになってしまう。
手数が倍になって作業も捗っていたようだが、【しあわせの箱】を持ち帰ると分裂は消滅した。
やはり本当の幸せにこんな杖は不要なのか。

トルネコ2 Edit

使い方は前作と同様。
壺の登場により持ち歩く余裕も生まれているので、しっかり稼ぎモンスターを狙っていこう。
他にマニアックな使い方として、通常一度しかお願いできない【神父】を増やすという手もある。
神父に何かお願いをすると一定確率で恵んでもらえる【パン】を期待したり、
HP回復をHP満タン時に受けることで得られる最大HP+2効果を連続で受けて補強できる。
 
ちなみに反射して自分が受けると、そのフロアのモンスターをランダムに身代わり状態で発生させる。
この身代わりは他の手段で作った身代わりと違い、ターン経過で解除されないのでなかなか便利。
これで身代わりを作った上で島やつるはしで掘った穴に放り込めば、簡易的な【身代わりコンボ】を作れる。

トルネコ3 Edit

普通に落ちているのは【封印の洞くつ】【異世界の迷宮】のみ。
ほか【邪悪な風穴】【化石のほら穴】【へんげの壺】を使う等で入手できることがある。
中々の貴重品だが出現率の低い敵モンスターを仲間にしたい場合は是非これを利用して、少しでも仲間にする確率を引き上げたい。
反射効果は変更され、自分が受けると混乱状態になる。精神が分裂するという意味だろうか。
 
仲間モンスターに振った場合、仲間が増える、なんてこともなく普通に敵になって襲ってくる。
それでも同じモンスターを複数匹仲間にしたい場合には使える。
ほか、味方の【はぐれメタル】【メタルスライム】【たまねぎマン】【デスストーカー】を増やしてドロップアイテムを稼いだり、
味方【どくどくゾンビ】を増やして指輪から余計な印を消すためにも利用できる。
なお、上げたレベルやドーピングしたステータスまでは引き継がれないので注意。
 
また味方【エビルポット】を連れて行って増やせば、本来エビルポットの出現しないフロアにも敵エビルポットを発生させることができる。
これでそのフロアに出現するが仲間になりにくいモンスターを召喚させまくるという使い方がある。
応用版として、味方【モシャスナイト】を増やして味方エビルポットの能力を使わせるパターンもある。
エビルポットを直接増やすよりも特技の使用率が高い。

少年ヤンガス Edit

「ぶんれつの杖」とひらがな表記になった。
【おそろしの大水道】から拾う事ができる。
【ザキの杖】のように容量が少ないため、安易な増殖はできなくなったが、捕まえたいモンスターを予め増やして、持っている【モリーの壷】に捕まえる等の手段が使えるのは嬉しい。
また、ボスの取り巻きとして現れるモンスターは捕獲不可能だが、この杖で増やした個体は条件を満たせば捕獲できる。
この方法を用いれば【もっとまどわしの森】【じごくのハサミ】【ギガンテス】を捕獲することができる(【魔導の宝物庫】の100F以降まで行かなくても済む)。
ちなみに味方モンスターは分裂しないので注意が必要。
また、味方モンスターやヤンガスが受けると混乱してしまう。