【ゆきのじょおう】

Last-modified: 2019-09-29 (日) 16:23:22

概要

DQ5に登場する【ボス級モンスター】。漢字で書くと「雪の女王」。
英語版での名前はThe Winter Queen。
 
色違いのザコモンスターに、【ほのおのせんし】【ブリザードマン】【ダークファンタズマ】がいる。
普段は氷の館に住まう気高く美しい女性だが、バトルになると怪物としての姿を現す。
ほのおのせんし系統ということで露出が多いが、雪の女王だけに少しも寒くないようだ。
ただし、これがありのままの姿か否かまでは定かではない。
 
怪物としての姿はブリザードマンによく似ているが、肌の色が浅黒く、手から出す冷気も淡い色になっているという違いがある。
PS2版では衣装も鎧からローブに変更されたが、こちらはDS版以降やDQMSLなどでは再び鎧になっている。
これに限らず【ニセたいこう】【キメーラLv35】など、ザコの色違いだったボスの服装がリメイク版ではちょっと豪華になっている事が多いが、デザインが旧作のものに戻されるのは珍しい。

DQ5

【妖精の村】から追い出されたドワーフの孫である【ザイル】を誑かし、【ポワン】から【はるかぜのフルート】を盗ませた張本人。
妖精の国の北に位置する「冬の国」に陣取っているが、妖精の村の住民から存在を知られていないため、冬の国の女王だったのかどうかは不明。
 
【氷の館】にて、【ザイル】を倒した後に登場するボス。
HP600はこの時期にしては非常に高い。青年時代前半ラストの【ジャミ】が820、青年時代前半までのHP最多を誇る【オークLv20】でさえ950なのだから、いかにタフかお判りだろう。
【マホトラ】でMPを奪ってくるザイルと休む間もなく連戦を強いられるのでなおさらしんどく感じた人も多いかもしれない。
 
【つめたいいき】で全体攻撃をしてくる他、【ホイミ】【ヒャド】を使い、大きく息を吸い込んで攻撃力を高めてくる。
SFC版では攻撃 → 冷たい息 → 攻撃 → ヒャド → ホイミ → きあいためと、完全ローテーションで行動する。
知っていれば「ホイミ、きあいためのターンに回復」「きあいためのターンの次に防御」を行う事で多少楽に勝てる。
なおこいつ、本作では初の「回復を行うボス」である。HPの高さも相まって、DQ初心者にはなかなか壁となる相手かもしれない。
逆に言えば、回復をするしぶとい相手を倒すには、時に思い切って攻める必要があることを丁寧に教えてくれる敵。
ダメージの蓄積を早めるため、戦闘開始直後にベラにルカナンを使わせて守備力を0にしておくと良い。
【バギ】系は一応有効だが、MPは全て【ホイミ】に取っておきたいのでバギを使う意味はほぼない。
必勝法は存在せず、どうあっても長期戦を余儀なくされる。とにかく、600という莫大なHPをこちらの持てる力を全て出し切って奪いきろう。
 
リメイクでは攻撃or冷たい息 → 攻撃orヒャド → ホイミorきあいための3段階ローテーションを取ってくる。
他にも3段階ローテーションを取るボスが多くなったので覚えておこう。
SFC版と異なり、【ベラ】には冷気に対する耐性が付いたため、ヒャドと冷たい息は対処が楽。
だが、ローテーションの対策として的確な指示で行動を制御する戦法は主人公しか出来なくなった。
ベラは命令ができなくなっているため防御してくれず、きあいため→打撃で即死する危険があるので注意。
【ベビーパンサー】とベラにはスカラを必ずかけておくこと。
また、ベラがルカナンをなかなか使ってくれないことも多く、相対的にしぶとくなっている。
DS版以降はベビーパンサーが真面目に戦わなくなったため余計に苦労する。
 
このボスはダンジョンの攻略難易度と相まって、少年時代最大の難関とも言える。
ここで躓いてしまったプレイヤーも多いかもしれないが、プレイヤー本人の心が折れたらそこで終了である。
 
倒すと必ず【キメラのつばさ】を落とすが、おそらく妖精の村に戻るための救済処置だと思われる。ただし、氷の館内では使用できないので注意。
 
オリジナル版ではなぜはるかぜのフルートを奪ったのか、動機が語られることがなく謎だったが、リメイク版では撃退後に妖精の村に居る住民から色々と話を聞くことができるようになった。
どうも彼女はここ妖精の世界を中心として世界を凍らせようとしたらしい。
また、宿屋の客によると、【魔界】はとても寒々しい所だという。
ベラが言うには、普通は冬でもここまで寒くならないし、しかも悪意のある寒さだとか。
放っておけば全ての世界が魔界のようになっていたのかもしれない。
もしも彼女がミルドラースの配下ならば、天候を変えて攻めてくる意外な手口だったと言える。

小説版

前代の妖精の村の長であり、ポワンの姉であるキリオ。
病的なまでに清廉と純潔を愛し、春や愛といったぬくもりを拒絶している。
ポワンが妖精の村に人間や魔物を受け入れたことについても、妖精族の規律を汚したと憤慨していた。
最後はすべてを知ったザイルとともに崩壊する氷の館の中へ消える。
CDシアターでの声優は久川綾。同作では【マリア】も演じている。

DQMB2L

【レジェンドクエストV】の二章で登場。お供はザイルと【ドラキーマ】
技は「氷結のじゅばく」と「こごえるふぶき」。戦士と組んだブリザードマンと同じ。
打撃に若干耐性がある。また、氷結のじゅばくによるすばやさの低下は色々厄介なので注意。