【神鳥の巣】

Last-modified: 2020-08-15 (土) 13:00:01

DQ8

【隔絶された台地】の南の高台にある円錐形の岩山のようなダンジョン。
頂上には【レティス】の巣がある。
【レティシア】同様闇・光両方の世界に存在し、【闇の世界】の方は絶対に行かなくてはならない。

闇の世界

レティスの頼みを聞いて乗り込むことになる。
影と追っかけっこしたり、腕試しをされたのも、
ここの頂上でレティスの卵を人質(鳥質…いや卵質?)にとっている【妖魔ゲモン】をぶっ飛ばすためである。
特に仕掛けはないのだが、頂上までの距離が長く、道も入り組んでいるので頂上まで登るのが面倒なダンジョン。
モノクロな背景のせいで地形が見づらく視覚的にも優しくない。
【ククール】が愚痴るのが分かるような気がする。
 
また、ダメージ60%カットに加え【凍りつく息】を連発する【シャドー】を筆頭に、集団で現れては【バギクロス】を連発する【闇の司祭】や、HP・攻守ともに高い【かげのきし】など、強力なモンスターが大量に出現するため、戦闘も熾烈を極める。
控えるボス戦のためにもムダな消費は控えたい。
 
用事が済んだ後も止まり木にいるレティスに話しかければ行くことができるが、【ゴルド崩壊後】はレティスが姿を消すため、中に入れなくなる。
そこまで貴重なアイテムは無いが、分かりにくい位置に置かれた【あくまのムチ】だけは回収しておこう。
もし忘れると、裏ダン【ホラーウォーカー】相手に不毛な戦いをする羽目になるので要注意。

光の世界

手に入れたばかりの【神鳥のたましい】を使って行けるようになる。
内部には貴重品の【金塊】【オリハルコン】、そして【ちいさなメダル】が2つあり、周囲のフィールドに【ドクロのかぶと】も落ちている。
闇の世界のほうと違って訪れるかどうかは任意であるため踏破してもイベントなどは何もないが、有用な物がいくつも手に入るので足を踏み入れる価値は十分にある。
空を飛べるようになって一番近い地点にあるのはこの場所なので、闇の世界との違いを見るためにもとりあえず入ってみよう。
内部にはレティスのものと思われる羽が落ちている。彼女が入れそうな大きさの穴はないのだが、抜け落ちた羽が風に吹かれて入り込んだのだろうか?
 
地図は闇の世界の方と共通だが、こっちでは地図が拾えないため、向こうで地図を拾っておかないとマップが見られないため注意。
出現モンスターはまるっきり異なり、主にレティシア周辺と【翼を持つ者の場所】の敵が出現する。
特に【だいまじん】を呼ぶ【ブラッドハンド】と系統最上位種の【ゲロンガー】あたりが厄介。
またもやククールに愚痴られるが、彼が新しい職業に就くためにもガマンして頂きたい。

スマホ版

PS2版では闇の方で【ドラゴンのふん】が入っていた宝箱の中身が【金塊】に差し替わっている。
【地雷錬金】対策か?

3DS版

概ねスマホ版と同様になっている。
【ルーラ】で行けるようにもなったが、何度も訪れる【リーザス像の塔】と違って一度探索を終えればもうここには用は無い。なぜここが行き先に追加されたのかは謎。
3DS版では闇の世界側に「神鳥の巣(裏)」という名称が用いられている。こちらはルーラ不可。
やはり異変後に入れなくなるのであくまのムチは回収しておきたい。
光の世界の巣じゃなく、むしろこっちをルーラで行けるようにすれば良かったのでは…。闇の世界では神鳥のたましいが使えないので、ルーラ用のMPが切れた時の【ハマり】対策が面倒くさかったとかその辺だろうか。
あいかわらず用もないのに登ろうとすると仲間たちから愚痴られる。
【ゲルダ】からは「大したお宝もない山を苦労して登るのが趣味なのか」等と言われる。
金塊もオリハルコンも彼女にとっては大した宝ではないらしい。売値だけなら両方5000Gと確かに価値は低いが。
そんな中【モリー】だけは山登りをトレーニングと解釈するノリのよさを見せてくれる。