Top > アビリティ > 【力J】


アビリティ/【力J】

Last-modified: 2018-10-27 (土) 13:39:35




FF8 Edit

ジャンクションアビリティ
に疑似魔法をジャンクションすることが可能になる。
シヴァイフリートブラザーズパンデモニウムケルベロスがAP50で修得でき、
他のG.F.力の書を使うことで覚えさせられる。


アルテマ」の他、「メテオ」「トリプル」「オーラ」のジャンクションが効果的。
攻撃は最大の防御と言う様に力を強化すれば戦闘はぐっと楽になる。
その為か、容易に手に入る魔法では余り強化できない様になっている。
序盤~中盤においては、このアビリティを持っているG.F.が被らないようにする事がジャンクションのひとつのポイントとなる。


最初は「ウォータ」(力+20)をジャンクションすると良い。
海岸でフォカロルを倒してサカナのヒレを稼ぎ、冷気魔法精製(1→20)でOK。
レベル1攻略ならとりあえず「ブリザド」(力+10/フォカロルからドロー)などをジャンクションしておくのも良いが、
さっさとドールでのSeeD実地試験まで進めてしまう方が早いだろう。
その後はガ系魔法や「グラビデ」「クエイク」「トルネド」などで適宜繋いでいきたい。


アビスウォームのカード風車変化させ「トルネド」を精製するのがオススメ。
アビリティや武器改造と組み合わせればSeeD実地試験前に攻撃力を100以上にする事が可能。
アルテマ」が溜まるまではそのままで充分。


力Jベスト10(データ/魔法一覧/FF8より)

11位以下は「ファイガ」「ブリザガ」「サンダガ」の+30と続く。
 
上述の通り、序盤から中盤まではトルネドで十分で、必要に応じてペインやクエイクなどで代替するといい。上位魔法はいずれもDISC1では入手しにくい、あるいはできないので、この三つをローテションしながらDISC2まで進めた方が良い。
トルネドよりも上ランクのトリプルやフレア、ホーリーはDISC1の序盤から入手できるが、トリプルにはレアカードとの二者択一、フレアにはルブルムドラゴンのカード50枚×人数分が必要、ホーリーにはボムブエルレアカード変化させる必要という難点がそれぞれある。