Top > Samuel B.Roberts

Samuel B.Roberts

Last-modified: 2018-05-27 (日) 19:28:25
No.361
361.pngSamuel B.Roberts
(サミュエル・B・ロバーツ)
John C.Butler級 護衛駆逐艦
DE-413
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久14火力8 / 24
装甲5 / 17雷装12 / 38
回避38 / 80対空20 / 40
搭載0対潜48 / 80
速力低速索敵12 / 20
射程30 / 60
最大消費量
燃料15弾薬20
搭載装備
5inch単装砲 Mk.30
未装備
装備不可
装備不可
改造チャート
Samuel B.RobertsSamuel B.Roberts改(Lv50)
図鑑説明
護衛駆逐艦、ジョン・C・バトラー級、サミュエル・B・ロバーツです。姉妹はもの凄く多いんだ。
船団護衛や対潜哨戒、結構万能なんだよ!で、私はね、TaffyIIIって任務部隊で、護衛空母を守って戦ったんだ。
自分より大きくて強い艦たちと。私のことも覚えておいてね。Thanks!

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、改造直後の値とは異なります。
最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:白城なお、イラストレーター:ZECO (クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

  • 2018年4月23日実装。同日実装の5周年記念任務を完遂することで入手できる。
    • 期間限定海域以外での新規艦実装は久々のこと。2016年9月16日実装の浦波以来である。
      • 任務入手に限れば2014年3月14日実装のZ1以来である。もう4年前
    • 5周年記念任務は5月後半(予定)までの期間限定任務であるため、確実に入手したい人はお早めに。
  • 2018年5月時点で、駆逐艦では唯一速力が低速となっている。また、装備による速力の上昇についても特殊な設定がされており、改良型艦本式タービンを一つ搭載した時点で高速となる。詳しくは速力を参照のこと。
    • 駆逐艦としては初の低速艦のため、南方海域等高速統一が要求されるマップには要注意。
    • 速力が低速なのは本艦が艦隊戦ではなく商船護衛を主目的とする「護衛駆逐艦」であるため。立ち位置としては海防艦に近い。史実の護衛駆逐艦については下記小ネタを参照。
      タービン一つで高速化されることについても最初で最後の魚雷攻撃の際、彼女はリミッター無視で28.5ノット(艦これ的、ギリ高速)を記録したことに由来すると考えられる。
      • ただしタービン+缶1個を装備しても残念ながら高速止まり。単に高速化だけが目的ならタービンだけの搭載で良い。
  • Iowa,Saratoga,Gambier Bay,Intrepidに続き、生粋の米海軍艦艇としては5隻目。
    • Prinz Eugenをアメリカ艦としてカウントするならば、暫定的にではあるが米海軍6隻艦隊を組める。
      (Prinz Eugenはナチスドイツ敗戦後に米軍が「USS プリンス・ユージン」として接収したため。米海軍公式の所属艦艇リストにも載っている。ちなみに長門や酒匂はこのリストには無い)
    • 蛇足だが、Made In USA で括ると神威(New York Shipbuilding社製)で6隻揃う。
  • イラストを担当するのは、艦船擬人化の先駆けといえる「鋼鉄少女」を手掛けた、台湾出身の漫画家・イラストレーターのZECO氏。
    2017年6月、艦これ公式オーケストラツアーの台湾公演に際して雪風の祝賀イラストを描くなど、以前から艦これを応援してきた同氏だが、5周年の節目についに艦これ初参加と相成った。

キャラクター設定について Edit

  • 中心が膨らんだ特徴的な帽子は、アメリカ海軍の水兵が被っている「ディキシー・カップ」(Dixie cup)とよばれる白いコットンの帽子である。
    • ディキシー・カップとはアメリカの紙コップのブランド名であり、その見た目から名付けられたと考えられている。
  • 帽子から垂れているリボンの先には国際信号旗のN旗・T旗・I旗・K旗が付いている。これはサミュエル・B・ロバーツの船名符号であった。
  • 金色の星でリボンを止めているが、これはサミュエル・B・ロバーツが受章した1個の従軍星章(Battle Star)を表していると思われる。
  • 左胸にはタフィ3を表すと思われる「III」のバッジを着けている。
    • 分かりづらいがバッジの下には「Taffy」(タフィ)と書かれている。
  • 左肩に佩用している勲章は海軍十字章(Navy Cross)。サミュエル・B・ロバーツの艦長だったロバート・W・コープランド少佐は、サマール沖での奮戦を称えられて海軍十字章を受章している。
    • また、本艦の命名元であるサミュエル・B・ロバーツ氏もガタルカナル島の戦闘で海軍十字章を受勲している。……どっちが由来なのかは絵師さんの公式発表を待ちたい。
  • イラストでは傷があるクジラを引き連れているが、これは就役後の各種作業を終えて間もない1944年7月7日に起きた事故に由来すると思われる。
    • その日ボストン海軍工廠を出港したサミュエル・B・ロバーツは、メイン州沖150海里地点の大西洋上においてクジラに衝突され左側の推進軸を損傷、入渠修理を余儀なくされた。
      • 非常に大きなクジラで、乗員の多くが被雷か潜水艦と衝突したと勘違いしたほどの衝撃だったという。
    • 10月6日にサミュエル・B・ロバーツ艦上で赤道祭が行われたが、その時コープランド艦長がネプチューンに扮した乗員に対してネプチューンの使いであるクジラを殺したことを弁明する即興の詩を披露している。
  • 入手時には自身の名前について「長い? じゃあ、サムでもいいよ?」と、愛称で呼ぶようすすめてくる。
    • 確かに、ほぼ男性名であるサミュエル(Samuel)よりも、その女性形であるサマンサ(Samantha)を含めた愛称であるサム(Sam)の方が、彼女を呼ぶには適しているかもしれない。なに? サマンサの愛称はサミーが多い? いやほら『奥様は魔女』のサマンサもダーリンからサムって呼ばれてるし…。
  • 右手に携えた5inch単装砲 Mk.30の乗った銃型艤装は、ベルギーのFN社が1987年に開発した短機関銃、P90が元ネタか。
    機関部を銃床に収めたブルバップ形状ながら排莢口が下部にあるため利き腕を選ばず、レシーバー上部に銃身と平行に装着されたマガジンにより50発というかなり多い装弾数とコンパクトさを両立させ、5.7mm×28というライフル弾を短小型化したような弾により、短機関銃サイズの銃ながらボディーアーマー相手にも十分な貫通力を発揮するという画期的な銃。
    • 上記の通り二次大戦どころか冷戦期の銃なのだが、この銃がもともと軍の後方部隊が装備する護身用の火器、PDW (Personal Defence Weapon……個人防衛火器)というジャンルで開発されたため、護衛駆逐艦のサムが所持しているものと思われる。
    • 中破時に足元に転がっているのは空マガジンと思われるが、右手に握りしめている物も含めると6×50発で、300発は撃っている計算になる。
      これはおそらく、下記戦闘における後部砲塔の奮闘が元ネタだろう。

小ネタ Edit

  • 名前の由来はソロモンの戦いで活躍したサミュエル・ブッカー・ロバーツ・ジュニア米海軍准尉に因む。
    • ガダルカナルの戦い1942年9月27日に帝国陸軍の川口支隊と交戦、揚陸艇を駆って囮を務め友軍の撤退を支援するも自身は被弾し戦死。
      自身の名を冠する本艦の進水より1年4ヶ月ほど前の話である。ニムの魚雷がサラの右尻を吹っ飛ばす4日ほど前とも云う。
    • サミュエル・B・ロバーツ・ジュニア准尉の弟、ジャック・ロバーツ氏が、サマール沖海戦時に本艦に乗っており、生還したそうな
  • 実際のサミュエル・B・ロバーツは乗員たちから「サミー B」(Sammy B)と呼ばれていた。
  • 艦隊内での呼称(コールサイン)は「JUGGERNAUT(ジャガーノート/ジャガナート)」(ヒンドゥー教の神、クリシュナの別称)長い
  • 米軍駆逐艦の名前に人物名が多くなっている理由は当時の駆逐艦の命名基準が「海軍士官の名前」となっていたからである。(一部例外*1は存在するが)
「護衛駆逐艦」とは

護衛駆逐艦USSサミュエル・B・ロバーツ Edit

  • We're making a torpedo run. The outcome is doubtful, but we will do our duty.
    (我々は水雷突撃を敢行する。結果はどうなるかわからない、だが義務を果たそう)
    • USSサミュエル・B・ロバーツ艦長ロバート・W・コープランド少佐(栗田艦隊へ反転突撃する際の艦内放送より)

  • サミュエル・B・ロバーツとは、数ある護衛駆逐艦級のひとつであるジョン・C・バトラー級護衛駆逐艦の1隻であり、ブリキ艦と称されるほど貧弱な艦であり、そして
    The destroyer escort that fought like a battleship.(戦艦の如く戦った護衛駆逐艦)という愛称で呼ばれた太平洋戦争きっての武勲艦である。
  • 1943年12月6日、テキサス州ヒューストンのブラウン・シップビルディング社で起工、1944年1月20日にサミュエル・B・ロバーツ夫人の手で進水・命名され、1944年4月28日にロバート・W・コープランド艦長の指揮下で就役した。
サマール沖海戦までの略歴
装備と速度
『タフィ3』について
ロバート・W・コープランド艦長
  • サマール沖海戦
    • 暁の会敵
      1944年10月25日、午前6時30分。タフィ3はそれまで敷いていた警戒態勢を解除し、通常配置へ移行した。
      スリガオ海峡に展開していたオルデンドルフ隊から、西村艦隊の壊滅と志摩艦隊の撤退が報告されたためである。
      つい数時間前に決着したスリガオ海峡夜戦を最後に、レイテ島へと接近する日本艦隊は完全に排除されたものと思われた。

      しかし通常配置へ移行した、そのわずか11分後。
      タフィ3の艦載機が接近してくる艦隊を発見。さらに数分後、レーダーに映し出されたその偉容に、総員戦闘配置が発せられた。

      居るはずのない敵が、そこに居る。

      これこそは、日本が捷号決戦に際し、国家の威信を賭けて投入した主力の中の主力。
      かの大和を筆頭とし、第一戦隊・第三戦隊・第五戦隊・第七戦隊・第十戦隊・二水戦の総勢23隻からなる第一遊撃部隊『栗田艦隊』に他ならない。
    • 開戦
      栗田艦隊はパラワン水道・シブヤン海で幾多の損害を被っていたとはいえ、それでもタフィ3を一息にすり潰して、なお余りある戦力を誇っている。
      パラワン水道・シブヤン海の仇敵とばかりに、意気も軒昂とタフィ3へ襲いかかる栗田艦隊。
      栗田長官の突撃命令を受け、まず第七戦隊(熊野、鈴谷、利根、筑摩)と第五戦隊(羽黒、鳥海)の巡洋艦部隊が先陣を切って突入。第七戦隊が先陣を切り第五戦隊がこれに続いた。続いて突入を始めた大和ら戦艦部隊から快速の金剛が独断で分離して突進*4。これらはいずれもが第一級の名艦にして武勲艦だった。

      タフィ3を率いるクリフトン・A・F・スプレイグ少将は、ただちに全艦載機の発艦を命じる。
      同時に、第3艦隊や第7艦隊へ宛てて救援要請を送った。
      すぐ近くにいたタフィ2(第77.4.2任務集団)のフェリックス・B・スタンプ少将は直ちに艦載機を救援に発進させた。しかし、そうすぐにそれ以外の救援がこよう筈もない。
      タフィ3はわずかな戦力で、栗田艦隊に立ち向かうしかなかった。後にアメリカ海軍史において伝説となる、タフィ3とサミュエル・B・ロバーツの戦いが、ここに始まった。
      • なお、栗田艦隊で一番の快速部隊である第十戦隊、第二水雷戦隊ら駆逐艦部隊は燃料の残量に不安があったので突入せずに後方から追従し、脱落した敵艦の処理を命じられた。だがこの結果突入する戦艦・巡洋艦を護衛する小艦艇が居なくなったため、後述するタフィ3護衛の駆逐艦たちの決死の突撃を自分たち自身で対処せねばならなくなり、戦果を拡大できず逆に思わぬ損害を被った一因となってしまった。
    • サミュエル・B・ロバーツの戦い・序
      「We're making a torpedo run. The outcome is doubtful, but we will do our duty.(我々は水雷突撃を敢行する。結果はどうなるかわからない、だが義務を果たそう)

      これはサミュエル・B・ロバーツが栗田艦隊へ突撃するに際し、艦長ロバート・W・コープランド少佐が発した艦内放送である。
      ブリキ缶とも揶揄されるこの護衛駆逐艦は、その貧弱な武装でもって、精強にして最精鋭たる栗田艦隊へ、戦いを挑むことを決意した。
      実のところ、サミュエル・B・ロバーツには反転攻撃命令は出ていない。スプレイグ少将は駆逐艦3隻へ突撃を下命*5、護衛駆逐艦4隻には引き続き空母の護衛を命じていた
      しかし、駆逐艦の突撃から約30分後、サミュエル・B・ロバーツは反転、突撃を開始した

      本来、設計上の最高速度は約24ノットのはずだったが、この戦闘でサミュエル・B・ロバーツは28.7ノット (53 km/h)を記録した。*6
      サミュエル・B・ロバーツはまず目標を鳥海に定め、突撃を開始。鳥海まで4.600メートルに迫るが、ここで鳥海からの砲撃を受けた。
      より接近する必要があると判断され、鳥海への更なる肉薄を敢行する。この時、鳥海の20.3cm砲弾がサミュエル・B・ロバーツの頭上を掠めるように飛んでいたという。
      鳥海に肉薄したサミュエル・B・ロバーツは3本しかない魚雷を全て発射。次いで5inch単装砲と機関砲を総動員し、鳥海の艦上構造物めがけ猛烈な射撃を浴びせ掛けた。
      しかし相手は四戦隊随一の武勲艦、あの鳥海である。艦上構造物を破壊されながらも20.3cm砲を応射し、両艦の状況はまさしく至近距離での殴り合いの様相を呈した。
    • サミュエル・B・ロバーツの戦い・破
      鳥海との砲戦により、サミュエル・B・ロバーツの後部砲塔は破壊されてしまう。

      後部砲塔担当だったポール・H・カー兵曹は、瀕死の重傷を負いながらも用意されていた325発の5inch砲弾を全て撃ち尽くした。
      一度は仲間の手によって後退したカー兵曹であったが、なんと予備の砲弾を抱えて再び砲塔に戻ってしまった。
      次に救護班が駆けつけた時には、カー兵曹は最後の1発を握り締めながら戦死していた。壮絶な最期である。

      後部砲塔を破壊されたサミュエル・B・ロバーツであったが、しかし彼女の戦意はいまだ衰えてはいなかった。
      目標を筑摩に変更し、艦上構造物めがけ5inch砲と機関砲を猛射。第三砲塔を破壊した。
    • サミュエル・B・ロバーツの戦い・急
      筑摩の第三砲塔を破壊した、その直後。
      煙幕から出てきたサミュエル・B・ロバーツを金剛が発見する。金剛はこの護衛駆逐艦へ向けて主砲を発射。
      放たれた35.6cm砲弾がサミュエル・B・ロバーツのボート・デッキに直撃し、第二機関室には長さ12メートル、幅3メートルもの亀裂が入った。
      全幅11メートル、喫水4メートルのジョン・C・バトラー級護衛駆逐艦にとって、この損傷はまさしく大破と呼んで差し支えないものだった。

      その後もサミュエル・B・ロバーツには日本側の砲弾が命中弾、あるいは至近弾として降り注いだ。
      600発もの5inch砲弾と3本の魚雷すべてを撃ち尽くした彼女には、既に戦う力は残されていなかった。

      9時35分、総員退艦命令が発せられ、サミュエル・B・ロバーツは放棄されることとなる。
      乗員脱出のさなかにも砲弾は降り注いでいたが、生存者120名の退艦が完遂されるまで、彼女は沈没せずに持ちこたえた。

      総員退艦命令が発せられた30分後、矢矧率いる十戦隊の至近からの砲撃により、サミュエル・B・ロバーツはその生涯を終える。
      艦首を真上に向け、屈することなく沈んだ。
      圧倒的不利な戦力差を前に、貧弱な武装しか持っていなかった彼女は、しかし2時間半ものあいだ死力を尽くし、自らのやるべきことを果たした。
      コープランド少佐の言葉を借りるならば、まさしく「義務を果たした」のだ。
  • 戦ったのは誰?
    以上がサマール沖海戦でのサミュエル・B・ロバーツの死闘の経緯なのだが、実は同海戦が早朝の海域特有の靄とサミュエル・B・ロバーツら護衛の駆逐艦自身が展開した大量の煙幕の影響で乱戦状態だった事もあり、サミュエル・B・ロバーツが最初に交戦した相手が鳥海であったかどうかは実は不明である。これは

    ・鳥海側の記録がその後鳥海が沈没し、生存者を救助した駆逐艦藤波もその後空襲を受け沈没してしまい生存者がなく、記録を一切残せなかった。
    ・上記のような乱戦状態で日米双方が相手の艦を見間違て報告している。
    ・サミュエル・B・ロバーツが煙幕から躍り出て敵巡洋艦へ攻撃を開始した頃に利根・羽黒にも同様の状況で敵艦と交戦した記録がある*7
    ・この頃は第七戦隊の利根・筑摩が先頭で、鳥海は巡洋艦部隊4隻*8では最後尾だった。

    等から交戦したのは利根もしくは羽黒であった可能性が高い*9
  • その後
    サミュエル・B・ロバーツを含む沈没艦の乗員たちは3日間の過酷な漂流を経験し、多くが戦傷、衰弱、鮫の襲撃などで命を落とした。しかしサミュエル・B・ロバーツではコープランド艦長を含む120名が、そしてタフィ3全体では約1,150名が辛くも生還を果たした。今日、カリフォルニア州サン・ディエゴのフォートローズクランズ国立墓地にはサミュエル・B・ロバーツの90名を含むタフィ3の全戦死者が記録された「タフィ3メモリアル」がある。
    コープランド艦長ら生き残った乗員は、戦後「USS Samuel B. Roberts Survivors Association」(USSサミュエル・B・ロバーツ生存者協会)を結成し、この団体は21世紀になった今日も元乗員や遺族らによって運営されている。

    コープランド艦長が海軍十字章を授与されたのをはじめ何人もの乗員が栄誉を受けた。また、コープランド艦長と不屈の闘志を見せて散ったカー兵曹、そして護衛駆逐艦サミュエル・B・ロバーツの名は、戦後にオリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲートのUSSコープランド(FFG-25)、USSカー(FFG-52)、USSサミュエル・B・ロバーツ(FFG-58) としてそれぞれ残ることになった。

    新生サミュエル・B・ロバーツの通路には、艦長ポール・X・リン大佐によって先代サミュエル・B・ロバーツと全乗員の名前が刻まれた大きな銅の飾り板が飾られていた。1988年4月14日、ペルシャ湾でイラン・イラク戦争に伴うタンカー護衛任務に従事していたサミュエル・B・ロバーツは機雷に触れて大きな損傷を負ってしまう。しかし乗員は5時間にわたって火災や激しい浸水と戦い、ついに艦を救うことに成功した。その復旧作業中、乗員は通路を通る度に銅の飾り板に触れ、44年前に命を懸けて戦った先駆者たちに勇気をもらい復旧活動にあたっていたという。

この艦娘についてのコメント Edit

最新の30件を表示しています。 コメントページを参照

  • ブルマを履かせたい。 -- 2018-05-12 (土) 11:01:12
  • この子をお迎えして夢の海外駆逐6隻艦隊を編成してみた、うん、これは浄化されるわ・・・ -- 2018-05-12 (土) 13:26:17
    • バイストンウェルに還るのか・・・。 -- 2018-05-12 (土) 18:43:29
      • サミちゃんはシーラ・ラパーナであったか -- 2018-05-13 (日) 03:51:44
      • 艦これのコラボ相手がローソンじゃなかったら、ニー・ギブンの出番もあったろうに -- 2018-05-13 (日) 12:54:51
      • リーンの翼では、海軍のパイロット(サコミズ)が主人公だったから、無関係でもない……無理か -- 2018-05-14 (月) 05:09:29
  • 「サム」と呼ばれてるのを見て、ムラサマを振るう超凄腕のサイボーグ傭兵を思い出した。…そういや烈風のコードネームも「サム」だったな。 -- 2018-05-13 (日) 10:10:57
  • 大鯨ちゃんと手を繋いで買い物する絵なぞを見たいのう・・・ -- 2018-05-13 (日) 12:17:12
  • 低速駆逐というところ最大限生かす方法 5-3-1 随伴海防艦レベリングを考案。試行中 -- 2018-05-13 (日) 13:29:06
    • 海防艦(低速) -- 2018-05-14 (月) 10:48:26
    • 穴開けして高速化し、5-4に連れて行くのが早いんじゃね?とサミーがLv48になってから気付く俺提督…。 -- not木主? 2018-05-14 (月) 16:17:49
  • 夜戦開始時の「いいです/かー↑!」の言い方がなんか好き -- 2018-05-13 (日) 20:40:57
    • わかる。”す” と ”か”の間に若干タメがあるんだよね -- 2018-05-14 (月) 05:16:52
    • カー兵曹「呼ばれた気が」 -- 2018-05-14 (月) 06:20:55
      • お盆にはまだ早いっすよ -- 2018-05-19 (土) 21:28:49
  • 【速報】明日のメンテ以降も五周年任務は続行 -- 2018-05-14 (月) 10:38:06
    • なら6-5解放勧めたほうが良かったか…サンマのときは松輪もドロップしたし収集に有利だったやも… -- 2018-05-14 (月) 10:45:31
    • 収集イベントで海防艦も限定ドロップするみたいだし、任務が行き詰まってる提督にも朗報だね。 -- 2018-05-14 (月) 11:17:07
    • 中の人は自分のお迎えできるかな -- 2018-05-14 (月) 12:29:57
    • たった今、突貫で終わらせてきたところなんだが・・・まあ、まだ時間があると思ったら結局ギリギリになりそうだしこれで良かったんや・・・ -- 2018-05-15 (火) 04:43:18
      • 5月末までだと漠然と思ってたからメンテ告知見て焦って昨日の夜からやって終わらせたわ。まあミニイベ始まるみたいだし任務片付けるにしくないわな -- 2018-05-15 (火) 07:21:40
      • このwikiの情報だけでメンテは知ってても限定任務終了とは言われてなかったので念のための確認さえせずのんきにしていた俺。今回は良くてもそのうち何かしそこないするだろうから気をつけなきゃ -- 2018-05-15 (火) 20:42:49
    • 始まるときに5月末までやる予定って言ってたけどね -- 2018-05-15 (火) 22:29:47
  • サミュエルの主砲弾全部撃ち尽くした逸話もすごいが、ごく至近距離で12.7㎝砲をそれだけくらって死因が「護衛空母の砲撃の魚雷誘爆、あるいは金剛の誤射」ってのもすごいな。5inch砲とは言え、主砲の俯角がとれないレベルの近距離で喰らいまくって致命傷にならんとは -- 2018-05-14 (月) 21:43:05
    • 煙幕ぬけたサミーを逃さずに主砲斉射した金剛マジ金剛 「金剛の誤射」は鳥海に飛んで行った弾のことで・・・(小声 -- 2018-05-15 (火) 20:18:26
    • 死因じゃなくて落伍の原因な。復旧はしたが艦載機からは逃げられなかった -- 2018-05-16 (水) 02:17:25
  • この子八重歯で瞳がハートなんだな。今気づいた -- 2018-05-15 (火) 00:50:30
  • サム?なんかそんな名前の猫が居た気がするんだが? -- 2018-05-16 (水) 20:25:39
    • イーグル・サム「誰が猫だ、ゴルァ!」 -- 2018-05-18 (金) 19:02:40
      • 違うお前じゃないww確か名前が変わってサムになった猫だったはずだ -- 2018-05-21 (月) 21:05:07
      • アンクル・サム「名前が変わろうと、猫になろうと、私は私の職務を遂行するのみ。 I WANT YOU FOR U.S.ARMY」 -- 2018-05-24 (木) 18:31:42 New
  • あんなにかわいい顔してるのに白髭みたいな最後してんのな -- 2018-05-18 (金) 19:47:45
    • サム?「デュフフw」 -- 2018-05-18 (金) 21:33:07
  • コープランド艦長と戦後のサムちゃんの話を追記しました。位置とか書式とかは適宜編集をお願いします。 -- 2018-05-19 (土) 03:29:14
    • 本家wikiにはそれらしい表記がなかったけど、出展元は何かの雑誌? -- 2018-05-19 (土) 20:46:59
      • 出典元は海事史家のジョン・ワコヴィッツ氏の「For Crew And Country」です。未邦訳ですが他にもサミュエル・B・ロバーツと乗員たちのいろいろなエピソードが紹介されています。 -- 木主? 2018-05-20 (日) 00:14:36
      • thx。 John Wukovits著の、出版社 St Martins Pr(2013.1.29)という本かな?(アマゾネスドットコムをみつつ -- ? 2018-05-20 (日) 21:03:03
      • その本です。図や写真もけっこう豊富で資料的に価値が高い本だと思います。 -- 木主? 2018-05-21 (月) 01:50:31
  • 遅ればせながら、本日、5周年クエストを完遂し、お迎えできました。EOの2-5が難関でしたね・・・・そもそも、保有戦力の割に、(無駄に)司令部Lv.が高いので(笑) -- 2018-05-19 (土) 13:23:07
    • 同じく、本日お迎え! 海防艦ドロップありがたかったー! -- 2018-05-19 (土) 20:51:57
    • 俺も今日ようやく迎えられたよ。これでやっと本腰入れて主計任務できる。みんな頑張ろうぜ -- 2018-05-19 (土) 21:51:58
    • 本日五周年2-5任務完遂、やったぜ! 対空はさておき近代化改修maxとキラ付けが勝利のカギだ。 -- 2018-05-22 (火) 23:10:51
  • レベリングと食材を兼ねて4-2や2-4に出すんだけど、大破撤退の8割くらいはこの娘が原因。ま、低速駆逐はこんなもんか。 -- 2018-05-19 (土) 16:07:19
    • 低速関係ないんちゃう? -- 2018-05-19 (土) 21:49:48
  • 【小ネタ修正について】小ネタ修正案を、練習ページに掲載しましたので意見等をよろしくお願いします。枝に修正内容を別記します。 -- 2018-05-19 (土) 22:22:51
    • 1.重複していた内容を可能な限り一括化(起工日、進水日の内容等)し、練習ページ33の内容及び「2018-05-19 (土) 03:29:14」コメの内容を一部盛り込んでいます1。また、主役であるサミュエル・B・ロバーツの存在を霞めてしまうような濃い内容は簡潔にまとめるor削除しています。 -- ? 2018-05-19 (土) 22:23:13
    • 2.情報が不明瞭な内容(サミュエル・B・ロバーツから退艦時の帝国海軍からの砲撃状況等の時系列的な内容)はひとまず削除しています。 -- ? 2018-05-19 (土) 22:24:11
    • 3.外部サイトへのリンクは、悪意ある第三者によって容易に改ざんされる恐れがあるので、可能な限り使用しない方向です。 -- 2018-05-19 (土) 22:24:29
      • ねんのため、枝は木です -- ? 2018-05-19 (土) 22:24:54
    • 4.事細かな情報は本家wikipediaを参照してもらう方向で、こちらは小ネタの通り「軽く流せる情報量」にしたつもりです。 -- ? 2018-05-19 (土) 22:25:09
    • 5.この木が流れてしまった場合は意見木の頭に【小ネタ】等とつけてもらえると、意見コメを拾いやすいのでよろしくお願いします。また、若干流れが速い為、書き込み欄の下側に「小ネタ編集中」的な文章を追記したほうがいいのでしょうか。 -- ? 2018-05-19 (土) 22:25:31
    • ちょっと直し過ぎな気もします。自分の文章に書き換えたい気持ちはわかりますけど、いままで書いた人の気持も少しは考えたほうがいいかもしれません。あとWikipediaは特定の文献への偏りがひどく参考にならないので当てにしない方がいいです。 -- 2018-05-20 (日) 10:43:42
      • まず一つ目の「直しすぎ」と「いままで書いた人の気持ちも~」に関してです。現在の小ネタを編集していた編集人の何人がここで「書き込むための確認」をしましたでしょうか?よくて少し上の木主のように「追加しました」で、大半以上が意見すら聞かず、自分の書きたいことを前後の内容を気にせず書き込んでいます。これは「書き込んだものの勝ち」になると思います。 -- ? 2018-05-20 (日) 20:43:41
      • 二つ目「wikipediaは特定の~」に関しては、現状書かれている内容もそういった「特定の文献」の偏りが目立つ文章であると思います。 -- ? 2018-05-20 (日) 20:44:13
      • 三つ目は余談になりますが「自分の文章に書き換えたい」については、たとえば比叡改二の小ネタのように「真面目な文章ながらもどこかで灰色文字で落とす」が自分の文章例です。ここではそういった「自分」はかなり抑えて修正していると思っています。 -- ? 2018-05-20 (日) 20:44:44
    • ガタガタしすぎてて普通に読みにくいと思った。内容以前にレイアウトが気持ち悪い -- 2018-05-20 (日) 11:00:05
      • 3枝氏とあわせてのコメになります。「ガタガタ読みにくい=現状の小ネタ「サマール沖海戦」記事部分のスタイルが一番」という意見だと受け取りお答えします。 -- ? 2018-05-20 (日) 20:45:49
      • ここのwikiは基本的に小説・ラノベのように文章を列記していくのではなく、箇条書き形式で構成していくスタイルになっています。特に「サマール沖」のように葉コメの部分に集中して文章を書き込む形式はよろしくないと思います。他の艦娘の小ネタは「小説かラノベ」のような読み物になっていますか? -- ? 2018-05-20 (日) 20:46:35
      • 枝氏は該当箇所の編集者のような印象がありますが、作文のような「文章を流しただけの記事」でしたらこのwikiではなく別の違う場所で発表したほうがよいかと思います。 -- ? 2018-05-20 (日) 20:47:57
      • 俺はここの編集はしてないんだが。木こそ他人の意見に耳をかさず自分だけの正当性だけ主張して協調する気がないなら別の場所に行ってくれ。 -- ? 2018-05-21 (月) 01:14:48
      • 木主です。「枝主=編集主?」の件は失礼しました。 4葉コメにある「協調する気がない」場合、現状の小ネタをこれまで書き込んだ編集主のように、一切の連絡もせずに小ネタ変更に入ると思いますが、枝主はどう思いますか? 木主は、ほぼ愚痴のような枝コメに対して、現状小ネタの「よろしくない点」をあげたつもりです。 -- ? 2018-05-21 (月) 20:41:55
    • 文章がぶつ切りになりすぎていて逆に読みづらくなってる気がする。これなら現在のままでいいかなと思う。 -- 2018-05-20 (日) 17:42:25
      • もともと箇条書き構成が基本のこの場所で、ウィンドウを開く大きさ(特に横幅)が各提督でそれぞれ違うので「どこで改行が入るか」によって見やすさが変わるため、一行の文章量を可能な限り少なく、短くしているのが主な原因だと思います。 -- ? 2018-05-20 (日) 20:52:20
    • 別に修正議論自体は悪いとは思わないけどなんでそんなに上からなのかがワカラナイ。「正しく修正したい」という気持ちが強すぎて周りが見えなくなってるっぽいので少し落ち着いて。「はい論破」的な文章では誰も付いてきませんよ -- 2018-05-21 (月) 07:36:52
      • 木主です。特に「上から」目線での書き込みをしたつもりはありませんが、このあたりの捉え方は人それぞれでしょうか。「修正をしたい」という気持ちは確かにありますが、各枝コメの意見はしっかりと読み、それが可能なら修正その他を考えています。ただし現在の枝コメは「変更不要」のコメのみなので、修正その他の話し合いが出来ていないせいもあるかもしれません。 -- ? 2018-05-21 (月) 20:42:41
      • 「はい論破」の意見に関してですが、1、2枝氏達のコメに対し「このwikiでの掲載の仕方」を書いているにすぎませんので「論破する」以前の、そこにたどり着いていない状態でもあります。仮に、各枝氏や現在の小ネタ編集主が「論破された」と感じるのならば、このページの小ネタの異常さに、何らかの違和感を感じるのではと思います。 -- ? 2018-05-21 (月) 20:43:43
    • 結局「絶対に『ぼくの作り上げた最高の小ネタ』に置き換えたい!!」じゃねえかこの木主。「この案なら現状ママでいい」って意見を聞く気すら無いでやんの。 -- 2018-05-27 (日) 19:56:13 New!
      • 木主です。どのあたりを読んで「絶対に『ぼくの作り上げた最高の小ネタ』に置き換えたい!!」と思ったのか教えてください。「意見を聞く気すら無い」に関してですが、それは枝主の勝手な妄想だと思います。上のいくつかの枝と同じ文体ですのであまり多くは語りませんが。 -- ? 2018-05-28 (月) 13:59:31 New!
  • Thanksがサンキストに聞こえる… -- 2018-05-20 (日) 10:43:02
  • 護衛駆逐艦というのが今でいうところのLCSとかにあたるんだろうか -- 2018-05-20 (日) 11:49:25
    • コルベットあたりが一番近いかな。 -- 2018-05-21 (月) 01:26:45
      • コルベット? 翼が四枚あって映画版だと悪役ちっくな立ち位置だったトルメキアの船? -- 2018-05-27 (日) 17:48:06 New!
      • ガンダムSEEDのキャラクターだったような・・・・ -- 2018-05-27 (日) 18:10:04 New!
  • アメリカ製対潜兵器も持って来ない対戦エキスパートとな -- 2018-05-20 (日) 17:47:54
  • 2-4が突破できんとですつらたん -- 2018-05-20 (日) 18:13:23
    • 突破出来ない理由は何ですか? 羅針盤なら運ですが、道中大破撤退が多いのなら、頑張って育成するか、課金(ダメコンや補強増設)で乗り切りましょう。 -- 2018-05-20 (日) 18:31:52
    • なお、中の人は2-4を突破した模様。 -- 2018-05-24 (木) 23:22:36 New
  • ついにうちにもサモハンが…動けるぽっちゃり系艦娘…(喜びのあまり錯乱 -- 2018-05-21 (月) 02:26:26
    • それだと、声優さんが水島裕さんになってしまうような -- 2018-05-27 (日) 20:54:28 New!
  • 白城提督、そうとう気合入ってますね -- 2018-05-21 (月) 06:33:52
    • 任務の2-4で沼っている模様です; -- 2018-05-22 (火) 06:28:15
      • 白城提督、2-4突破した模様 -- 2018-05-24 (木) 20:44:42 New
      • 2-5は固定編成さえ育ってればラクとは言わないが2-4ほどは沼らないだろうからもう少しだな -- 2018-05-24 (木) 23:37:39 New
    • 先ほど2-5一発クリアでお迎えに成功した模様。サムちゃんよかったなぁ、お父ちゃんもお母ちゃんもちゃんと迎えに来てくれて。 -- 2018-05-25 (金) 00:25:40 New
  • FFG-58の方のサミーBは国際法の分野(オイル・プラットフォーム事件)でよく名前出てくるんだよね -- 2018-05-21 (月) 15:21:05
  • 上の議論がまとまると思えないので一点、「※この項目は現在調整中です」←これがうざいのでここだけでも解決したい。一旦表記を以前のに戻してここに絞って議論を開始したいがいかがだろう? -- 2018-05-22 (火) 02:05:21
    • それは「囲い大文字を戻す」ということで? -- 2018-05-22 (火) 04:33:17
      • とりあえずは元にね。ただ元のは個人的には強調しすぎだと思うし少し控えめな表示が望ましい思ってる。 -- ? 2018-05-22 (火) 05:03:02
    • 1枝1葉を見て改めて。元の「囲い大文字」の形に戻す事は、最も見栄えが悪くなる原因となるため反対です。「※この項目は現在調整中です」の部分は、上木の変更案が通る通らない関わらず、そのコメントを取り払う予定でした。「少し控え目」だとしても、一度練習ページ等で「このくらい」というのを提示するべきだと思います。 -- 1枝? 2018-05-22 (火) 05:29:39
      • じゃあ削除には賛成ということでよろしいかな? 本当に消したいのは「※この項目は現在調整中です」の文なのであの記述自体はどうなろうが構わないんだ -- ? 2018-05-22 (火) 05:44:22
      • 「※この項目は現在調整中です」部分の削除に関して反対意見がでるとは思いませんが、念のため1日程待った後削除します。 -- 枝&該当コメ書き込み主? 2018-05-22 (火) 20:25:21
      • 「※この項目は現在調整中です」の部分の削除完了しました。 -- ? 2018-05-24 (木) 00:01:57 New
  • ようやく育てる順番が回ってきたので配備したら「さあ今日もしっかり守ってこう!」野球かよwと思ったがそいや野球の母国の子でしたね (^^; -- 2018-05-23 (水) 11:14:21
    • 中の人もtwitterのバナーを球場の画像にするほど野球大好きだったりするので多少意識されてるのかもしれない -- 2018-05-25 (金) 09:20:58 New
  • サムちゃんにブルマを履かせたいんじゃ! -- 2018-05-23 (水) 19:43:47 New
    • サム「これを履けばいいんだな? I WANT YOU FOR U.S.ARMY」 -- 2018-05-23 (水) 20:01:20 New
    • ブルマの前にカボチャパンツをですね・・・ -- 2018-05-23 (水) 20:01:55 New
    • 馬鹿者! 異人さんには初期穴開き見せドロワーズに決まっておろう! -- 2018-05-23 (水) 21:01:30 New
    • 時代遅れのブルマよりスパッツの方が良いではないか(せんせんふこく -- 2018-05-24 (木) 02:32:12 New
      • 若造、スパッツでは宣戦布告にすらならないという事実を教育してやろう。 ブルマにはあって、スパッツには無いもの、それは『はみパン』! -- 古き上級?者? 2018-05-24 (木) 18:52:26 New
      • まぁ、スパッツ履くときはパンツなんて履かないからね(横槍 -- 2018-05-24 (木) 21:57:15 New
      • 即ちスパッツははみパンが出来ない、其の分ブルマには及ばないという事が2葉によって証明された訳だ。 -- 2018-05-24 (木) 22:20:25 New
      • ちょっと待て。ブルマはいいとして、色は何にするべきや? -- 2018-05-26 (土) 20:27:26 New
      • 第二次性徴前は黒、第二次性徴後は赤、非処女はえんじ色、ビッチは紫 -- 古き上級?者? 2018-05-27 (日) 07:32:37 New
  • 白城提督、ついに2-5一発突破でサムゲット -- 2018-05-25 (金) 02:59:18 New
    • よかった本当によかった。 -- 2018-05-25 (金) 10:13:38 New
    • 白城さんおめ -- 2018-05-25 (金) 16:40:31 New
    • 職業とは言え自分の声を客観的に聞くというのはどういう気持ちなんだろうね。 随分嬉しそうなのでそのまんまかなw -- 2018-05-25 (金) 17:15:01 New
    • よかったよかった。そして明日くらいに、「5周年任務はあと1週間」ツイがry -- 2018-05-25 (金) 20:11:07 New
      • つまり白城提督がクリアできない限り続いていた可能性も微レ存・・・・ -- 2018-05-25 (金) 20:57:55 New
      • F提督が運営に与える影響とか見ていると、まったく「ない」と言い切れないのがすごい -- 2018-05-26 (土) 08:57:08 New
  • わーいわーい└(・∀・)┐ズンズン┌(・∀・)┘チャッチャッ るんるるるんるるーん三( ^o^)三( ^o^)三( ^o^)デケデケデケ ひゃっはー!!! -- 2018-05-25 (金) 08:52:40 New
    • これは流行る -- 2018-05-25 (金) 08:53:13 New
      • 長すぎるから流行らないと思いました。 -- 2018-05-25 (金) 16:36:28 New
    • わーいわーい└(・∀・)┐ズンズン┌(・∀・)┘チャッチャッ るんるるるんるるーん三( ^o^)三( ^o^)三( ^o^)デケデケデケ ひゃっはー!!! -- 2018-05-25 (金) 15:50:28 New
      • これは楽しそうw -- 2018-05-25 (金) 17:33:21 New
    • サムがはしゃいでる光景を想像 -- 2018-05-25 (金) 18:39:34 New
    • ツィッターの表現力のすごさを実感したなあ。いや、ツィッターじゃなくて本人か。「いろんなアスキーアートがあるもんだ」と感心させられる。 -- 2018-05-25 (金) 21:18:40 New
  • あの帽子の正式名称知らなかったから今までレモン絞りって呼んでたわ サンキューサム -- 2018-05-25 (金) 19:59:26 New
  • レベル1から旗艦で2-4回って具材や福江掘りをしていたら、今や30レベルを越えた…そろそろサムちゃんもやさぐれてそう -- 2018-05-27 (日) 07:44:12 New
    • 「ブラック鎮守府でち・・・」 -- 2018-05-27 (日) 13:44:36 New
  • 保有数MAXの状態で任務クリアしたら、普通に加入してきて保有数MAX+1の状態になったんだが、バグか? -- 2018-05-27 (日) 20:56:56 New!
    • 同じく任務報酬のつ・し・までも同様の現象が起きているっぽい? -- 2018-05-28 (月) 02:48:11 New!
    • バグじゃなくて報酬艦とかに限り特例で限度超えてお迎えできる仕様。 -- 2018-05-28 (月) 14:05:25 New!
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 最多生産型のフレッチャー級に限ると「DD-449 ニコラス」(海兵隊士官)「DD-450 オバノン」(海兵隊士官)「DD-537 ザ・サリヴァンズ」(1人の名ではなく、5人兄弟の名字。艦名の由来は伊26の記事を参照)などがある
*2 一応、二等駆逐艦として大戦に参加した若竹型駆逐艦が結果的に近い位置づけになるが・・・かなり旧式である。
*3 船団護衛用の小艦艇という点で見れば、連合軍護衛駆逐艦と対比されるのは日本の場合は海防艦になる。シーレーン防衛の意識の薄かった日本が占守/択捉型をベースに建造した駆潜艇的な位置付けの海防艦と、Uボートの脅威から船団を守る実力を必要とされた外洋型護衛駆逐艦の性能の差は、日本とアメリカの国力と通商保護に対する認識の差であった。
*4 同隊には金剛と同型の榛名もいたがマリアナ沖海戦での損傷が完治しておらず速力が27ノットしか出なかったので低速の大和、長門に追従し金剛単独での突入となった
*5 ただしジョンストンは命令を待たずに艦長エヴァンズ中佐の独断で反転、突撃を開始していた
*6 本来420rpmが限度の回転数が477rpmに、ボイラーの蒸気圧は440ポンドが設計上の限度だがなんと670ポンドに達していた。
*7 但し利根の記録では相手は巡洋艦と記載されており誤認している
*8 この時点で熊野と鈴谷は損傷により落伍している
*9 筑摩も鳥海同様生存者(1名が米軍に収容されているが捕虜となったため記録がとれず、仮にとれたとしても兵卒のため詳細な記録は残せなかったと思われる)がいないため記録がない