Top > 陣形

陣形

Last-modified: 2019-09-04 (水) 01:15:20

戦闘について > 陣形



各陣形の説明 Edit

  • 単縦陣(たんじゅうじん)
    最もシンプルで標準的な交戦陣形。艦隊運動もしやすく、砲雷撃戦に適している。
    • 砲撃戦火力が最も高く雷撃命中にも優れた、言わば攻撃は最大の防御を地で行く陣形。艦数が3隻以下の場合は単縦陣が自動的に選択される。
      ボス戦では複縦陣等にすると威力不足で倒し損ねる可能性が高いため、潜水艦ガン無視ならば単縦陣一択で構わない。
      • デメリットは対潜攻撃は他陣形と比べ全くダメージが入らないことと、旗艦を庇う確率が最低であること。
        敵潜水艦が出現しないと分かっているマスはほぼ単縦陣で良いが、旗艦に置く艦によってはもう1つのデメリットにも気を付けること。
    • 敵艦隊が使ってきた場合、砲撃・雷撃ともに100%の威力で飛んでくることになる。elite以上の潜水艦や戦艦、「鬼」や「姫」などを含む艦隊であった場合は恐怖そのもの。
      ただ複縦陣より航空戦・砲撃命中がマシなので編成次第では楽なことも…。また、他の陣形に比べれば敵旗艦に攻撃が飛んでいきやすい。
      • 敵を倒しきれない場合、雷撃戦にもつれ込むと雷撃命中が高いため喰らってしまいやすい。そのため敵水雷戦隊、レ級など雷撃が強烈な編成が使ってくると怖い。

  • 複縦陣(ふくじゅう-)
    単縦陣の応用版、2列の縦陣による艦隊陣形。
    • 砲雷撃火力が単縦陣に比べ下がってしまうデメリットこそあるものの単縦陣に次いで砲雷撃戦に向き、輪形陣に次いで対空戦にも向く、
      また弱いながらも単縦より僅かに高い対潜攻撃力を持つ、そして昼砲戦命中率に優れる特徴も持つオールラウンダー型である。
    • 砲撃戦火力を保ちつつ高命中率が期待できるため*1、後期型駆逐艦やPT小鬼群など低耐久・高回避の艦に対して効果的と考えられる。
      昼砲撃1巡目でなるべく無力化したい空母などにも有効だろう(もちろん十分な火力があること前提だが)。
      • 対潜用の僚艦を伴うことで潜水艦2隻以内*2残り水上艦の潜水艦混成部隊にも対応可能なので、
        ボス部隊が潜水1隻混成という状況でS勝利を狙うならばこの陣形がメインになるだろう。
        砲撃、対潜両用という点では単横陣と同じだが、こちらは、砲撃≧対潜(攻撃、命中)である。
    • 敵が使ってきた場合は味方の被弾率が上昇する為、駆逐艦や軽巡は大破撤退をもらいやすくなる点は要留意。
      • 敵艦隊が雷撃にあまり依存しない艦隊になるほど厄介。特に敵艦隊が戦艦や空母多数の場合、複縦陣でも火力が十分維持されていることもあり脅威になりがち。
    • Nelsonが旗艦である等の条件を満たしている時、特殊砲撃【Nelson Touch】が発動することがある。(詳細な発動条件はNelsonのページを参照)

  • 輪形陣(りんけい-)
    空母や旗艦等の重要艦を中心に、それを僚艦で取り囲む陣形。艦数が5隻以上で選択可能になる。
    • 砲雷撃戦は単縦陣や複縦陣に譲るものの、最も旗艦をかばう確率が高く防空倍率が一番高いため、対空戦に特に有利。
      航空戦・空襲戦マスではこの輪形陣を選択するのが定石。また、対潜にも単横陣に次いで向いている。
    • なお、陣形補正で強化されるのはあくまで対空砲火であり、制空権争いを有利にしたり航空戦のダメージを増加させたりする効果は無い。
      砲撃戦でも空母の攻撃によるダメージに特に影響を与えるわけではない。対空強化により航空戦のダメージを少しでも減らしたいときに有効と言える。
      • デメリットは、雷撃の命中率が極端に下がることと、夜戦命中率が低くなる点。砲雷撃戦で敵を殲滅するのには向いていない。
    • 敵側では通常海域におけるゲージ付ボス艦隊や、5隻以上で空母が多い艦隊等でよく使われる。かばう確率が高いため、旗艦の撃破には苦労させられがち。

  • 梯形陣(ていけい-)
    艦隊の突撃隊形のひとつ。斜線陣、単梯陣、左(右)梯陣など呼び方が多数ある。見栄えもいいので史実では観艦式などで用いられた。
    • 砲撃命中率は高いようだが、全体的に補正が複縦陣と単横陣の中間程度と中途半端でこれといった強みがなく、結果として使いどころはほとんどない。
      雷撃命中率が低いため、対潜火力で潜水艦を殲滅後水上艦の撃沈を狙う場合も砲撃命中に優れる複縦陣で済んでしまう場面が多い。
    • 何かこの陣形ならではの特性があるのではないかと言われ続けているものの、有力なデータは上がっていない。
      夜戦マス・潜水艦マスなどで回避率アップを期待して使う提督もいるようだが、いまだにオカルトに留まっている。
    • 敵では潜水艦隊がよく使用してくる陣形(1-5やイベント時等)。雷撃の威力・命中ともに控え目なため、ハンデとして設定されていると考えるべきか。
    • 2018/10/12 運営公式「由良のゆらゆら対潜講座(三〇秒通信)第三回目」*3にて敵潜水艦が敵水上艦との混在編成の場合に選択する陣形の1つとして紹介されたが、その理由が「謎の魅力にかける時」であったため相変わらず使い所は不明である。
    • 2019/02/27のアップデートにより 昼間砲撃戦火力の向上、同雷撃火力はそのまま、対潜力の向上、突破または夜戦突入までの生残性が上方修正された。
      • 今後さらに更新の可能性もあるとアナウンスされている。
    • 長門改二陸奥改二Coloradoが旗艦である等の条件を満たしていると、各種特殊砲撃が発動することがある。(詳細な発動条件は各艦娘のページを参照)
      • 現状はこの特殊攻撃狙いで選択する場面が多いか。

  • 単横陣(たんおう-)
    艦艇を横一列に展開した陣形。横列陣あるいは横一文字隊形とも言われる。公式の説明では「宇宙のソロモン戦争で用いられた」と書いてある。
    • 高い対潜攻撃力と雷撃回避を併せ持つ対潜向けの陣形で、潜水艦が半数以上を占める編成に対してはこの単横陣一択と言ってよい。
      しっかりとした対潜装備があればflagship潜水艦でも簡単に撃破する事が出来る。装備なしでもeliteクラスまでならおおむね撃沈可能。
      ただし、夜戦になると陣形に関係なく潜水艦にほとんどダメージが通らなくなるため要注意。(夜戦で戦闘開始の場合と、連合艦隊の場合を除く)
      • 一方で火力・雷装は大幅に下がり、雷撃の命中率にも下降補正がかかるため、潜水艦以外の敵を倒すのが難しくなる。
        雷撃回避という点では優秀だが、砲撃火力が低いため雷撃戦までに雷撃の本数自体を減らしにくい。水上艦隊相手にはあまり使うべきではないだろう。
        砲撃命中は複縦陣と同様に高いので、大ダメージを与えやすい戦艦や空母がいればある程度戦える。
    • 敵が使ってきた場合には砲撃威力補正は自軍が選択した時と同様大幅に下がるが、対潜威力補正は上がる。潜水艦を出撃させる際は注意したい。

  • 警戒陣(けいかい-)※期間限定海域開催中のみ。*4
    2017秋イベントで新規実装された陣形。史実ではスリガオ海峡への突入時に用いられた。
    山城、扶桑、最上が縦一列に展開し、その前方に満潮と朝雲、右前方に山雲、左前方に時雨が展開していた。
    • 主力艦を守る陣形であり、敵の攻撃が後半に配置した警戒艦に集中しやすくなる一方で、全体の回避補正が向上する、回避特化型の陣形である。また、この回避補正は駆逐艦に顕著とのことである。
      • デメリットは主力艦の火力低下。他の陣形と違い主力艦の夜戦火力も低下するため殲滅は非常に難しい。
        警戒艦の対潜攻撃力も大幅に低下するため、単横陣と間違えて選択すると潜水艦撃沈率も下がりやすい。敵を倒しきれずに敗北判定になる可能性も高いため、道中用の陣形と言えるだろう。
      • 砲撃支援の火力も主力艦同様に低下するため、砲撃支援による敵艦隊殲滅を狙う場合は単縦陣を選択した方が良い。航空支援は陣形に攻撃力が左右されないため警戒陣でも有用。
      • 6隻編成の場合、5,6番艦は特に回避率上昇が顕著。4番艦は狙われやすくなる一方回避補正が高くないため、相対的に被害を受けやすいことに注意。(検証詳細)
    • 本来は駆逐や軽巡を警戒艦(4-6,7番艦)に、戦艦や空母などを主力艦(1-3番艦)として主力艦を保護する陣形なのだが…
      主力艦と警戒艦を逆にして、耐久力に優れる艦に攻撃を引き付けつつ装甲と耐久で耐える戦法も可能。
      • 更に警戒艦の火力は低下しないため砲撃戦にも対応できる。むしろこっちのほうが主流の使い方である*5
    • 空襲戦マスの場合警戒艦に攻撃が偏る効果はあるが、回避補正は無い模様。そのため空襲戦は原則輪形陣のほうが勝る。*6
      • 警戒艦に攻撃が偏る効果を利用し、12cm30連装噴進砲改二装備で噴進弾幕を発動できる艦に攻撃を無効化させたり、装甲・対空に優れる艦で攻撃を受けて他の艦を保護するなど、やり方次第で空襲戦でも高い効果を発揮する。
    • 砲撃戦火力や対潜を一切気にする必要が無い潜水艦隊の場合、最高の陣形とも言える。
      雷撃威力命中を単縦陣並に維持しつつ、砲撃戦は回避特化にできる。
      • ただ夜戦ではどうしても威力が落ちるのでボスマス等では単縦陣にした方が良い。
    • 敵が使ってきた場合はこちらの砲雷撃が全然命中しないので注意。こちらの命中が落ちる連合艦隊時には更に厳しくなる。複縦陣や弾着観測射撃等で対策したい。
      そして雷撃威力・命中は単縦陣と同じであるため、水雷戦隊が使ってきた場合が最も厳しくなる。
  • 警戒陣のターゲット決定について、以下の手順で行われていると推測されている(ソース)。
    • 手順1:編成の中から攻撃対象をランダムに1隻選択する。
    • 手順2:手順1で選んだ艦が主力艦の場合、手順1をもう1回行い攻撃対象を決定する。
    • 上記手順に基づく1隻あたりの被タゲ率(かばう無しの場合)は次の通りになる。
      編成数4隻5隻6隻7隻
      主力12.5%8.00%8.33%6.13%
      警戒37.5%28.0%25.0%20.4%
    • 実際は「かばう」が発動するため旗艦の被弾率はもっと小さくなり、他の艦の被弾率はその分高くなる。

  • 連合艦隊用特殊陣形はこちら

各交戦形態の説明 Edit

陣形とは別に「T字戦」「同航戦」「反航戦」の判定が行われる。(「T字戦」のみ有利か不利の判定も行われる)この判定は陣形との相性で決まるわけではなく、ランダムで決定される。
攻撃力補正の詳細は戦闘についてを参照。なお、命中・回避に関して交戦形態が影響することはないと考えられている。

  • T字戦(ティーじせん)
    自艦隊と敵艦隊の向きが90度(=Tの字になる)違う状態での戦闘配置。「丁字戦(ていじせん)」とも呼ばれる(アルファベットのTではなく漢字の丁)。
    「―」方向か「|」方向かに分けられ、「―」方向になると有利、「|」方向になると不利になり、不利な側は有利な側から一方的に攻撃されやすい。これは、砲塔を真横に指向させると最大数の砲で斉射できる事による。
    • …というのが現実のT字戦なのだが、このゲームでは自艦隊がT字有利の場合敵艦隊も同時にT字有利の扱いになる(T字不利の場合は同様に敵艦隊もT字不利)という不可解な状況になっている。
      一時はバグも疑われたが、バグではなく艦これ独自の仕様のようである。どちらかがダメージ上一方的に有利(または不利)になることを防ぐためだと思われる。*7
    • そのため、T字有利と表示された場合は攻撃力が双方ともにかなり増加(倍率120%)、T字不利の場合はともにかなり減少(倍率60%)する。
      • 彩雲を装備していると「T字不利」を回避できる。*8
        代わりに反航戦の確率が少し上がる。「T字不利」が「T字有利」に変化するわけではない。
  • 同航戦(どうこうせん)
    自艦隊と敵艦隊の針路が同じ状態での戦闘配置。敵艦隊と味方艦隊が並走しながら砲撃戦を行う。
    現実の戦闘では照準をつけやすいため、敵味方ともに被害が大きくなりやすい。戦闘時間も長め。
    • ゲームにおいては、攻撃力補正にはプラスもマイナスもかからない(倍率100%)。
  • 反航戦(はんこうせん)
    自艦隊と敵艦隊の針路が180度(=正反対)違う状態での戦闘配置。敵艦隊と味方艦隊がすれ違いながら砲撃戦を行う。
    そのため同航戦とは逆の傾向となる。
    • 同航戦に比べ、攻撃力は双方やや減少(倍率80%)する。

各陣形、状況の図解 Edit

折りたたみ

各陣形による実際の効果 Edit

ダメージ・命中・回避補正 Edit

陣形攻撃力命中回避対空かばう
確率
オススメ運用
砲撃雷撃対潜夜戦砲撃雷撃対潜夜戦砲撃雷撃対潜夜戦
単縦1.01.00.61.0低?中?1.0通常戦闘マス、夜戦マス(殲滅>回避)、大多数のボス戦。敵潜水艦を完全無視の時。
複縦0.80.80.81.0中?1.2砲撃命中重視。優先度が水上≧対空>対潜の時。Nelsonの特殊砲撃を使う時。
輪形0.70.7?1.21.0極低中?低?1.6旗艦保護、航空戦・空襲戦マス(5隻以上)、対潜マス。
梯形0.750.61.1?1.0低~中?低~中?1.0優先度が水上≦対潜の時。特殊砲撃を使う時。謎の魅力にかけるとき
単横0.60.6?1.31.0極低中?高?1.0潜水艦マス、敵旗艦が潜水艦の時、(警戒陣が無いとき)雷撃回避向け。
警戒0.5
1.0
1.0
1.0
1.0
0.6
0.5
1.0

中~高1.1
上段が主力艦、下段が警戒艦の補正。主力艦・警戒艦の選出については欄外参照。
回避最重点、夜戦マス(回避>殲滅)、空襲戦マス(4隻時)、道中戦向き(※殲滅を狙わない時)

どの陣形にも、被弾した際のダメージを軽減する効果は無い(装甲値に影響を与えない)。
航空戦の威力に関しては対空値以外の陣形、交戦形態の影響は受けない(単縦でも輪形でも単横でも威力同一)。
ただし航空戦での命中率の違いや回避率の違いは不明。
対空は味方艦全員の艦隊対空ボーナスにかかる倍率。
警戒陣は、6~7隻編成の場合は1~3番艦が主力艦4番艦以降が警戒艦。4・5隻編成の場合は3番艦以降が警戒艦。
警戒陣における支援艦隊の攻撃力は主力艦補正(0.5倍)が適応される。


輪形陣、梯形陣、単横陣の雷撃命中率は他陣形と比べてかなり低い。
対潜値は昼戦・開幕夜戦・連合艦隊時のみに適応。通常艦隊時の通常夜戦はどの陣形でも強制的にカスダメになる。
また、砲撃回避に対する陣形影響はあまり大きくないと見られている。
雷撃回避に関しては、単横陣が10~15%ほど単縦陣より優れているという検証結果有り。

2015年06月26日メンテでの修正事項
2019年02月28日メンテでの修正事項

コメント Edit

過去ログ

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 警戒陣の被タゲ決定は交戦形態も絡むんじゃないかな、T字有利だと警戒陣でも普通に1~3を狙うようになる -- 2019-05-28 (火) 01:01:01
  • 警戒ゴミ過ぎんだろ。回避力の上昇より火力減少のデメリットのほうが遥かにでかいわ -- 2019-05-31 (金) 10:57:47
    • E-2とかの空襲マスを航空戦力無しで抜けるには輪形よりましかなって思う -- 2019-06-02 (日) 17:08:00
      • 木は回避の話をしてるっぽいし回避補正のない空襲戦においてはまた別の話では? -- 2019-06-03 (月) 19:30:07
    • そう思うなら選ばなきゃいいでしょ。 -- 2019-06-02 (日) 17:53:56
    • 警戒陣大活躍してますけどね・・・ -- 2019-06-03 (月) 19:24:04
    • まあ元がレイテの連続夜戦マスを抜けるための陣形みたいなものだし()違う状況では使いやすさ -- 2019-06-03 (月) 19:31:23
      • 送信ミス、まあ元がレイテの連続夜戦マスを抜けるための陣形みたいなものだし、(さらに当時は単艦退避もあったし)違う状況では使いやすさが変わるのも仕方ない…今でも使い処を選べば活躍できるし -- 2019-06-03 (月) 19:33:19
    • 回避の向上というより、被タゲを下三隻に誘導しやすくなるって考えた方が使いやすい。上三隻の砲撃火力減少とかと天秤にかけて使いたい状況で使えば良い。 -- 2019-06-05 (水) 22:30:17
    • 潜水艦いないのに単横使ってゴミとかいうようなものだな。陣形は状況によって使い分けるもの。 -- 2019-06-06 (木) 20:12:55
    • 強すぎる陣形だったのが長所短所のバランスが取れて他の陣形との差別化が出来て良い感じだと思うけどね。 -- 2019-06-06 (木) 20:26:32
      • バランス取れたならそろそろ通常実装してほしいね -- 2019-06-09 (日) 10:35:26
      • 本実装するなら海防艦や潜水艦にも警戒陣による回避補正つけてからにしてほしいかな。 -- 2019-06-23 (日) 20:33:50
  • いくらこっちが連合艦隊とはいえ敵の警戒陣強すぎだわ。嫁艦12隻の攻撃すべてかわしやがる -- 2019-06-05 (水) 15:37:41
    • そらご丁寧に駆逐艦が5・6隻目だしね。 -- 2019-06-07 (金) 21:42:02
  • 梯形陣の「突破または夜戦突入までの生残性が上方修正」って敵の潜水艦や水雷戦隊が有利になっただけじゃん。基本的にオカルト提督以外は使うシーンの無い陣形なんだから。おかげでイベントの潜水マスで敵が閉幕雷撃まで生き残りやがる。E-4Cの撤退原因がいい例だわ。マジで改悪の典型例。 -- 2019-06-09 (日) 10:29:04
    • はぁ‥オカルト提督ですいませんね、結構便利だから使うんですけども。 -- 2019-06-09 (日) 12:37:29
    • 長門陸奥タッチのテコ入れに見せかけた敵の強化だったって今回のイベントでひしひしと感じたわ -- 2019-06-22 (土) 06:45:56
      • 全然強くなったように見えんが -- 2019-06-23 (日) 20:20:03
      • 相手側でも警戒陣以外さっぱり避けないから自軍で回避目的で使うの止めるくらいには誤差くらいにしか感じないけどなあ……育成とランカーで4-4とか周っても初手から斜めだけど以前と何も変わった感じしないくらい周回に影響無いんだが… -- 2019-06-23 (日) 21:10:53
      • 正直梯形陣単体での脅威はそこまで無い。梯形潜水でカスダメ 与えて次の戦闘でヌ級やらタ級みたいな大破要員に連携パスするのが非常にいやらしい -- 2019-06-25 (火) 11:06:15
  • 複縦陣のレ級の雷撃でバルジアイオワ一発大破・・・複縦陣の雷撃でこんな火力出るん? -- 2019-06-10 (月) 19:04:48
    • 交戦形態書いてないから詳細な計算は省略するけど、普通に起こるよ。艦これのダメージ算出式はクリティカル補正が攻撃力自体(ダメージではない)に1.5倍だったり、装甲乱数が約0.7~1.3倍と幅広いから、ダメージにばらつきが出やすいから。攻撃力100に対して装甲100で受ける場合も、順当に当たれば装甲で弾ける(仕様としてはカスダメになる)一方一番良い当たり方すると80ダメージぐらいになるからね -- 2019-06-10 (月) 21:29:51
  • 警戒陣って夜戦マスでも影響あるの?めっちゃ当たるんだけど -- 2019-06-18 (火) 23:05:20
    • 最終計算結果で150(%)が結果されたけど特殊効果で最終計算結果に-50(%)されても意味ないのと一緒。警戒陣には警戒しろ -- 2019-06-20 (木) 05:12:31
  • 弱体化したとはいえ、警戒陣のある今だからこそ突破しておきたい海域と言えば、3-2、5-4、6-2、6-4あたり?5-3、5-5で使うのは少し怖い気がする。 -- 2019-06-20 (木) 21:25:53
    • その中だと使えそうなのは6-2と5-3くらいじゃね?2-5水上や3-5↓が定番と思うけど。 -- 2019-06-20 (木) 22:28:44
    • 警戒陣って大していい陣形じゃないよ。戦艦マスは2順してる間に手数で大破、水雷マスは火力不足で閉幕魚雷で大破、本当に有効なのは素の命中率が低くて1順で終わる夜戦マス。だから5-3と5-4だけど、5-3は道中支援+単縦陣の方が安定するから、1戦しのげばいい5-4以外だと正直使えない。他にあえて挙げるなら、敵が固くてどうしようもない3-5下、6-3かな -- 2019-06-23 (日) 20:08:14
    • 3-2は高速+安定。5-4は攻略なら正攻法でいい。6-4もなぁ…… -- 2019-06-23 (日) 20:37:55
    • 5-5はタゲ調整も兼ねるから仕様を理解していれば効果的。レ級マスを小破すらなしストレートは久々だった。運用はどの海域でもいいが、砲撃役、雷撃役、回避受け役まで想定することで効果は発揮する。6-3もおすすめヨ -- 2019-06-25 (火) 11:41:28
  • だからなんだってレベルではあるんだけど、警戒陣だと(あくまで単縦に比べて)水偵が落とされないんですよね...おかげでE2輸送ボスにゴーヤイクハチでも辿り着ける -- 2019-06-24 (月) 18:54:51
  • 深海側の梯形陣 回避と命中補正どうなってるんだよこれ -- 2019-06-27 (木) 05:20:58
    • 全然変わってるように見えんが -- 2019-06-27 (木) 06:13:16
  • 対潜できる艦娘がいないときの潜水マス陣形って梯形と単横どっちのほうが雷撃回避あるんすかね・・・ -- 2019-07-01 (月) 07:53:32
    • 雷撃回避は単横の方が高い。梯形陣強化後雷撃回避については特に変わってないんで。但し砲撃回避については梯形陣が1.4~1.45倍程度に強化され、単横を抜き陣形一位になっている。ソース -- 2019-08-30 (金) 21:42:12
      • 砲撃回避に1.45倍とか聞くと凄い補正に見えるけど所詮キャップ前回避値補正だから実質単縦陣より5~6%しか変わってない割りに夜戦命中とか体感で感じるほどガッツリ下がるからあんまり回避目的で選べないんよねえ・・・ -- 2019-08-31 (土) 21:56:04
  • あー、戦果最終日でまわさなきゃいけないのにイベント警戒陣がきて7-1で陣形選択ミスりまくってしまう。慣れって恐ろしい -- 2019-08-31 (土) 02:59:51
  • 警戒陣の警戒艦と主力艦がそれぞれ何番から何番なのか書いて欲しい。 -- 2019-08-31 (土) 19:28:07
    • 説明を流し読みせず、例えば口に出しながらでもきちんと読むのだ… さすれば汝の道と尻は開かれん… -- 2019-08-31 (土) 23:05:37
  • 警戒陣の回避補正すごいかも。5-2空襲レベリングをミスって進撃してしまったんだが4隻編成の一番下の瑞穂が赤疲労なのに猛攻をかわしまくって最終的に中破で耐えきった -- 2019-09-03 (火) 02:23:17
    • 警戒陣が2-5や3-5下ルートと相性が良いのは分かっていたけど、6-5下ルートでも使えるね。 さっさと今月分をクリアしてから基地航空隊をイベントに戻したいところ。 -- 2019-09-04 (水) 07:32:07
  • 5-2空襲レベリング、旗艦以外噴進弾幕の警戒陣4隻編成で前回イベント時はそこそこ旗艦が被弾してたんだけど、今回はGrecaleレベル1から改造の35まで無傷だった。しゅごい -- 2019-09-09 (月) 06:56:41
  • この夏も警戒陣の季節がやってきたから5-5やってたけど、普段に燃料15000ぐらい減るところが、サクッとクリアできて5000も減ってないぞ・・・やっぱり神だな・・・常設はよ -- 2019-09-09 (月) 14:43:32
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 昼砲撃命中率が約20%UPする効果がある。梯形陣、単横陣にも同様の効果あり
*2 潜水艦がボス旗艦の場合に複縦で挑む場合とflagship潜水艦については1隻を目安としたい。
*3 https://twitter.com/KanColle_STAFF/status/1050575721058324482
*4 2017秋イベ、2018冬イベ、2018初秋イベ、2019冬イベ
*5 警戒艦が落伍してでも主力艦を送り届けたい史実と違い、大破撤退が原則のゲームでは用法がひっくり返るのはある意味当然とも言える
*6 https://twitter.com/wowakayotareso/status/976382808447901702
*7 本当に一方的な有利・不利がついてしまうと、T字不利にメリットがなくなり彩雲が必須装備になりかねない
*8 T字不利の確率がほぼ0%となる。彩雲装備でT字不利を引いたという信憑性のある報告は挙がっていない
*9 https://twitter.com/syoukuretin/status/1100719117835751424、2019/3/2確認
*10 https://twitter.com/donpafu/status/1100719562247393282、2019/3/2確認
*11 https://twitter.com/syoukuretin/status/1100719117835751424、2019/3/2確認