Top > 挑発ポスター


挑発ポスター

Last-modified: 2019-06-24 (月) 17:55:53

千葉ロッテマリーンズが、対戦相手を煽る目的で作るポスターのこと。





概要 Edit

ロッテの2005年の開幕戦の相手は、新規参入の東北楽天ゴールデンイーグルス。楽天にばかり話題を取られたくないという理由で挑発ポスターを作成し、好評だったことでその後も作られるようになり、現在では交流戦の風物詩となっている。
ちなみに、なぜか広島カープには比較的優しめ(多くは一部のにわかファンへの煽りで、チームそのものを煽るケースは少ない。)。

2005年開幕戦 Edit

←クリックで展開

2005年交流戦 Edit

←クリックで展開

2007年開幕戦 Edit

←クリックで展開

2007年CS Edit

←クリックで展開

2008年交流戦 Edit

←クリックで展開

2013年交流戦 Edit

←クリックで展開

2014年交流戦 Edit

←クリックで展開

2015年交流戦 Edit

←クリックで展開

2015年CS Edit

←クリックで展開

2016年交流戦 Edit

←クリックで展開

2017年交流戦 Edit

←クリックで展開

2018年交流戦 Edit

←クリックで展開

2019年交流戦 Edit

2016年のロボット「非交流戦士マジワラン」が再登場。ポスターの公開に先駆けて予告動画が作られ、各カードごとに個別の動画も作られるようである。2016年同様、チームの主要人物のダジャレを交えつつ貧相なセ・リーグのロボを叩きのめす。
また今回はセ・リーグのロボがあらゆる物から変形している。*4なお、2019年は8勝10敗(4球団連続負け越しの後2連続勝ち越し)と、挑発の結果逆にやり返されている。

  • 告知 : セ・リーグを、吹き飛ばせ!
  • 広島:どん底へ、いって鯉。
    試合結果は6-2、6-3、6-7xで2勝1敗。
    今年の交流戦で初めて勝ち越しに成功し、広島をどん底…とまではいかないがセ界の首位から陥落させることに成功した。*5
  • 横浜:黒星でも、ラミっこなしよ!
    試合結果は3-6、5-6、3-1で1勝2敗。
  • 阪神:その読み、的外れやのぉ~*6
    試合結果は3-11、5-4、3-4で1勝2敗。
  • ヤク:負けがチカチカ!三振の山だ
    試合結果は12-3、8-4、2-6で2勝1敗。
  • 中日:負けないよーだ
    試合結果は1-4→雨天中止→8x-7→4-5で1勝2敗。
    6月16日の試合では9回裏、7-2から打者一巡でサヨナラ勝ちという凄まじい風呂試合を炸裂。
  • 巨人:888888(ハハハハハハッ)!みんな、のみしてやる!
    試合結果は3-4、6-5、3-11で1勝2敗。

関連項目 Edit



Tag: ロッテ






*1 昨オフにルイス・クルーズがロッテから巨人に移籍している。
*2 ジャビットとはかなり造詣が異なり、普通のウサギに近い。
*3 前述の「謎のオブジェ」もこの3人がモチーフ。森福は頭にラーメン(福岡・博多の名物)を乗せ、キャタピラー(球速の遅さ(と投球準備の遅さ)を揶揄)を備え付けたロボット、陽は北海道の形のモニュメント、山口は目元に黒い星(元の所属先がベイスターであることと負け星のダブルミーニング。)がついたピエロ。
*4 広島が鯉のぼり、DeNAが星形のシウマイ、阪神が的と矢、ヤクルトがボロボロの傘、中日がしゃちほこ、そして巨人は財布(がま口)。またマジワラン自体も帆船(海賊船?)から変形する模様。
*5 広島は翌日からのオリックス戦で3タテを食らい、結果的に交流戦のどん底へ落ちることに。特に第3戦はどっかで見たような光景であった。
*6 一部では2戦目の植田海のギャンブルスタートを予言していたともネタにされた。