Top > 千代金丸

千代金丸

Last-modified: 2019-08-27 (火) 16:48:03
156番
まぁ、なんくるないさー、だ千代金丸(ちよがねまる)太刀
ステータス(MAX)
生存57(60)打撃46(59)
統率50(63)機動25(30)
衝力33(42)範囲
必殺30偵察29(29)
隠蔽27兵装備スロット2
装備可能刀装
軽歩/重歩/盾/軽騎/重騎
ランクアップチャート
千代金丸千代金丸 特(Lv25)
刀帳説明
戦で勝って負けた方の刀が献上されたり宝物になったりというのは良くある話だが、俺、千代金丸もそんな感じだ。
いろいろえらいめにあったが、どうにか生き残っている。それで思うんだが、生き残ったが勝ちだな
公式Twitterの紹介
琉球王国の王家に伝来した宝剣のひとつ。
刀身は日本製と思われるが、片手打ちの柄など日本刀の形式とは異なる独特な造りを見ることができる。
寄せては返す波のような語り口に耳を傾ければ、ウチナータイムへ誘われる。
(公式ツイッター本丸通信12

※ステータスは刀帳に表示されている初期値のもの カッコ内の数値は錬結・内番で強化できる限界値

CV:新垣樽助、イラストレーター:なまにくATK(クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

現在の入手方法

  • 入手不可
    • 今後も定期的に登場予定。(2018/06/28『イベント「連隊戦 ~初夏の陣~」報酬一覧!』より)

過去の入手方法

イベント報酬
キャンペーン報酬
期間限定鍛刀


ステータス

  • 生存の最大値が同刀種内4位(ランクアップ後も5位)とレア3の中では高水準。
  • 打撃は控えめな数値。(小烏丸と同値)
  • 大般若長光と同じく偵察が特前後ともに初期値から変わらない。

特性

他の刀剣男士との会話

  • 内番「畑当番」を北谷菜切との組み合わせで行うと、通常とは異なる内番台詞を聞くことができる。
  • 内番「手合せ」を北谷菜切との組み合わせで行うと、通常とは異なる内番台詞を聞くことができる。

その他

小ネタ Edit

  • 琉球王国(琉球国/現在の沖縄県)の王族・尚家に伝来した刀剣で国宝。
  • 登録名は「金装宝剣拵 刀身無銘(号 千代金丸)」。
  • 国宝指定は刀剣単体ではなく刀剣「治金丸(ちがねまる)」「北谷菜切(ちゃたんなーちりー)」および千点を超える文化財「琉球国王尚家関係資料」に対する。
  • 柄は大きな金属製の兜金(かぶとがね)で、菊の彫物と共に「大世」と刻まれている。
    「大世」とは琉球王国第六代国王・尚泰久王(しょうたいきゅうおう)の神号「大世主(おおよのぬし)」。
  • 鍔には菊の紋と花と猪の目の透かしが入るが、「てかね丸」の文字が刻まれている事から「千代金丸と治金丸は何処かで入れ替わった」という説が存在する。

来歴

  • 伝承によると14世紀に北山王・攀安知が所有した伝来の宝刀。
  • 当時の琉球は中山・北山・南山の三国に分かれて争っていた。
    攀安知は中山王・尚巴志との戦いに敗れ、1416年に北山は滅亡。今帰仁城(なきじんぐすく)で自害した。
  • この時攀安知は怒りに任せて千代金丸で御嶽(うたき)のイベ(霊石)に十文字に切りつけて自刃しようとした。
    千代金丸は主の命を守る霊力が込められた刀ゆえに持ち主を傷つけずに攀安知は千代金丸を志慶間(しげま)川に投げ捨て別の刀で自刃した。
  • 後に千代金丸は海へと流れて伊平屋島に漂着して自ら光り輝いた。現地の住民に拾われて尚巴志に献上される。
  • 尚巴志は1429年に南山を滅ぼして三国を統一の初代琉球国王となる。
  • 昭和4年(1929年)の「日本名宝展覧会」では尚裕侯爵所持として出展。
  • 平成14年(2002年)に重要文化財に指定。
    平成18年(2006年)に「琉球国王尚家関係資料」が沖縄県初の国宝に指定、那覇市・浦添市に寄贈。
  • 現在は那覇市歴史博物館が所蔵。

台詞

  • 沖縄方言(うちなーぐち)で訛っている。CVを担当した新垣樽助氏は沖縄県久米島出身なので、彼の沖縄方言はネイティブであることになる。
    • 「ウチナータイム」→ウチナーとは沖縄のこと。沖縄県は他の46都道府県とは異なる独特の時間感覚が存在し、これをウチナータイム、沖縄タイムと呼ぶ。南国であるためかその時間はゆっくり流れているという。
    • 「ヤマト」→日本の本土。沖縄県外の日本人は「ヤマトゥンチュ」、沖縄の人は「ウチナーンチュ」と呼ばれる。
    • 「なんくるないさ」→「真(まくとぅ)そーけーなんくるないさ」の定型句を構成する言葉。人として「まくとぅそーけ=正しい事、真(誠)の事をすれば」「なんくるないさ=何とかなるさ」を意味する。「挫(くじ)けずに正しい道を歩むべく努力すれば、いつか良い日が来る」という意味である。単に「何とかなる」と言う楽観的見通しを意味する言葉ではない。*6
    • 「ウミドゥヤー」→海鳥(ウミドゥイ)に愛称のアをつけてウミドゥヤーとなる。沖縄は島なので海鳥が町中でも見られる。
    • 「アガチ」→慌てもの。転じてヤンバルクイナ。沖縄本島北部(山原)の山岳地域に生息し、飛べない鳥として知られる。翼を動かす筋肉より足の筋肉の方が発達しており、丈夫な足で茂みの中を縦横無尽に走る。
    • 「今から来る」→今から行く。
    • 「ブタマシ」→不注意。直訳だと不魂。
    • 「マタラー」→ツバメのこと。日本各地で繁殖するツバメは沖縄では渡りの時季に通過するだけの旅鳥であるが、奄美大島以南にはリュウキュウツバメが周年生息(留鳥)する。沖縄本島ではもっとも普通に見られる野鳥のひとつ。
    • 「アシガチャー」→せっかちな人。性急な物。
    • 「あわてぃーはーてぃー」→大急ぎ。大慌て。かなり慌てふためいている際に使う言葉。

キャラクターデザイン

  • 全体的に南国の海や空を彷彿とさせる水色。着物もうっすら裾が透けており、涼しげな印象を与える。
  • 白い花があしらわれたサンダルは、柄に彫られた菊花を反映したデザインと推測される。
  • 内番衣装はかりゆしウェアで白地に魚・マンタ・蟹が藍で染め抜かれている。
    かりゆしウェアとは沖縄県内において夏の軽装として定着しているシャツで正装として仕事場や冠婚葬祭にも着られている。
    かりゆしとは「めでたいこと」や「縁起の良いこと」を意味する。
  • 紋は元の所有者である第二尚氏(琉球王国王族)の左三つ巴(左御紋:フィジャイグムン)をベースに波をアレンジしたもの。
  • 実装記念イラスト(公式Twitterより)

コメントでウミドゥヤーのように導くからさ  Edit

鍛刀成果の報告はレシピ報告内に、
ドロップ報告に関してはステージドロップ内にあるコメント欄にて行なっていただけると幸いです。

2015/02/02に設定されました当wikiガイドラインに基づき、入手・ダブり報告【のみ】・未入手の愚痴【のみ】のコメントはおやめ下さい。

ガイドライン周知のため、暫定的に折りたたんであります。




*1 メンテナンス後~メンテナンス前
*2 00:00~23:59
*3 山姥切長義、豊前江、祢々切丸を除く当時実装済みの男士
*4 00:00~23:59
*5 備考欄に記載のないものはメンテナンス後~メンテナンス前
*6 参考 琉球新聞 コラム「南風」 なんくるないさ