Top > Cruiser Mk. II


Cruiser Mk. II

Last-modified: 2017-06-08 (木) 16:32:55

GB-Cruiser_Mk.II.png

Tier 3 イギリス 軽戦車 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

HP220
車体装甲厚(mm)30/22/12
最高速度(km/h)40
重量/最大積載量(t)14.33/14,5
本体価格(シルバー)31,000
修理費(シルバー)

パッケージ Edit

パッケージ名
(必要経験値/購入シルバー)
Valentine
(3,500/120,000)
Cruiser II
(1,400/31,000)
A9
(1,080/21,200)
A10
(3,040/39,600)
Cruiser Mk II*
(740/4,600)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
Cruiser Mk. IIQF 2-pdr Mk. IXA10 Mk.IA10E1220WS No. 11
120AP
APCR
HE
64
121
23
45
45
60
100
G
27.27
1,90
0,36
3230/26/3046320350
A9AEC Type 17940mm Pom-PomA10 Mk. IA10E1220WS No. 9
150AP
APCR
HE
49
71
23
45
45
60
160
G
32
1.90
0.43
3230/26/3046320375
A10AEC Type 1793.7-inch HowitzerA10 Mk. IICruiser Mk. II240WS No. 19 Mk. II
150HE
HEAT
47
110
370
280
30
G
5
3.40
0.58
3430/26/3046330450
Cruiser Mk II*AEC Type 179QF 2-pdr Mk. IXA10 Mk. IICruiser Mk. II240WS No. 19 Mk. II
150AP
APCR
HE
64
121
23
45
45
60
100
G
27.27
1.70
0.36
3430/26/3046330450

解説 Edit

  • 火力
    どれを選択するかは乗り手次第だが、基本的には3.7インチ榴弾砲を選択するのがいいだろう。
    とはいえ下記の通り癖の強い砲なので、あえて2ポンド砲を使い続けるのも一つの選択となっている。
    • QF 2-pdr Mk. IX
      初期砲はイギリス戦車お馴染みの2ポンド砲。
      ダメージ低めだが貫通力・発射速度・命中精度が高めで、使い勝手がいい。
    • 40 mm Pom-Pom
      Mk.Iでは重宝したポムポム砲は、2連射されてしまう仕様が追加されたため弾が散り、使い勝手が悪くなってしまっている。
    • 3.7-inch Howitzer
      最終砲。
      94mmという大口径榴弾砲。
      Tier3LTなのにもかかわらず370という破格のダメージが最大の魅力。
      HEの貫通力も47mmと同格相手なら正面から貫通が見込める上に、貫通した場合にはHTと歩兵戦車シリーズを除く全てのTier4戦車が即死圏内というミニロマン砲である。
      課金弾のHEATは110mmの装甲貫通力と280のダメージを持つ。
      難点は使いにくさ。
      榴弾砲は命中精度に難があるものがほとんどだが、その中でもこの砲は特別。
      砲の精度が悪い上に砲弾の飛翔速度も遅いため、よほどの近距離戦でもないかぎり静止目標を狙うのが吉。
      発射速度も素で分間5発、次弾発射までの12秒間の隙を如何にカバーするかが課題となる。
      このTierのLTは皆手数型でDPMが高いので纏わりつかれたらまず一方的にやられること間違いなし。
       
  • 装甲
    前面30mmはこのTierではそこそこの厚み。
    とはいえ安定して砲弾を弾けるほどではないので過信は出来ない。
     
  • 機動性
    LTとしてはかなり遅いため、運用法はMTやHTに近い。
    間違っても強行偵察などしないように。
     
  • 総評
    主砲の選択により大きく運用法が変わる。
    ハイリスク・ハイリターンの3.7インチ砲にばかり注目が行くが、2ポンド砲でも堅実に活躍できる。
    2ポンド砲の場合はライバルであるCruiser IVの劣化となるが、3.7インチが肌に合わないなら無理をせずこちらを運用するほうがいいだろう。

史実 Edit

巡航戦車Mk.I(A9)の設計終了後、A9を設計したジョン・カーデンは発展案として、重装甲を施した歩兵直協用戦車、後の歩兵戦車にあたる戦車の開発に着手しました。
1930年半ばに試作車両が完成し、後にA10として正式化されることになります。 足回りやエンジンこそベースとしたA9と変わりませんでしたが、車体前部の小砲塔を廃止、装甲厚を最大30mmに強化され、砲塔を小改良、機銃もペサ7.9mm機銃に変更され、同軸機銃と前面運転席右側に装備されました。
1936年の戦車区分変更で、歩兵戦車ではなく重巡航戦車に分類され、巡航戦車Mk.IIとなりました。
1940年9月までに170両が生産され、巡航戦車Mk.Iと同じくフランス戦と初期の北アフリカ戦に投入されました。
派生型に、3ポンド榴弾砲を装備した接近支援用のAS型がA9とA10に用意されました。

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • 手負いのTier5を横から食べるのは最高です! -- 2017-12-28 (木) 13:13:03
  • 瓦礫の後ろでドヤ顔してるやろうをワンパンするの楽しい -- 2018-05-10 (木) 06:24:25
    • 夢中になって自走から狙われていることがあるのを忘れて返り討ちとかあるから、そこは注意だな。 -- 2018-05-10 (木) 11:24:40
  • これに感動していつかは紅茶砲に進むのであろう -- 2018-05-24 (木) 21:44:57
  • これがほんとの軽v-2 -- 2018-06-02 (土) 19:39:46
    • すこ -- 2019-08-20 (火) 21:52:45
  • 稜線裏に隠れたつもりで安心して止まってる奴にオートエイムで照準つけて撃つと、自走砲じみた弾道のおかげで天面にぶち当たるの楽しすぎる。 -- 2018-06-02 (土) 21:31:37
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White