ダンジョン/恐怖の迷宮

Last-modified: 2019-12-27 (金) 04:25:19

はじめに Edit

2014/10/22の大規模アプデ「超越 Phase1.0」により上級IDは廃止となりました。

ダンジョン概要 Edit

「ロスアカディア領・悲愴の雪原」から入場

 
ダンジョン基本情報kyohu-info.jpg
パーティーソロ
入場可能Lv56Lv以上~
適正Lv58~62Lv
消費コイン40-
クールタイム10分10分
パーティー構成最大3人構成1人
マッチングアイテムレベル124以上-
ソロ用IDで、関連クエストの進行・達成が可能です。
一般的なIDでの、各職の基本的な動き方

クエストについて
関連ミッションクエスト:恐怖の迷宮(M:破滅の魔獣)

PTメンバー全員が初見者でもない限り、慎重に進めばLv57でも攻略可能。
道中の中ボスはほぼ全てにヘイト無視特殊行動がある。狙われた後衛は可能な限り回避する事。

MAP Edit

地下 1階地下 2階
恐怖の迷宮 地下1階.jpg恐怖の迷宮 地下2階.jpg
地下 3階
恐怖の迷宮 地下3階.jpg

道中 Edit

  • 基本は各部屋・通路にいる一般モブを順番に処理していく。
  • 至る所に銅像のようなものがあり、これが放出する波に当たるとMP減少(下級、解除可)のデバフにかかる。
  • 銅像の他にレーザー(高威力)や床から飛び出る針(上級のみ)といった設置物が多くある。周りをよく見て進む事。
  • 広間等で徘徊しているに注意。位置取りが悪いと奥の敵の群れに逃げ、リンクしてくる場合がある。
    奥に行かせないように近接職は犬と奥の敵の間に入ろう。リーシュ等も有効。
  • カラシュアルメロ戦直後の通路に門番と呼ばれるモブがいる。
    これを倒すと迷宮の守護者、カラシュグルドラ、ベルダレミレザス、アレイスターをスルーしてキリアンの部屋までいける。
    代わりに一般型ボスの「マリネウ」を倒す必要があるものの、かなりの時間と手間を短縮して進行できる。
    そのため、レコードや狩場クエ目的でない限り、門番を倒してショートカットすることが多い。
    ※現在このルートを選択しマリネウを倒すと、迷宮の守護者×2が消えているため先に進む通路を開く事ができず、「アイテム稼ぎにマリネウを倒して戻って進行」と言う事ができなくなっている。
  • 迷宮に入って1Fの雑魚MOBは全て無視して下(バトリーが居るフロア)に降り、そのまま階段下に張り付くようにしているとタゲが切れるで戦闘時間を節約できる。
    また、バトリーが居るフロアも通路上の雑魚をタンクが行ったん奥の方まで引き回して今度は階段を上がってタゲを解除する事により、バトリーだけ戦闘するといった事も可能。

中ボス Edit

クロアク Edit

画像分類
クロアク_0.jpg一般、拷問官系
位置
位置1.jpg
攻略
攻略効率重視orアイテムが欲しい場合に。
クロアクを倒すと後述のパラトゥサンを倒す必要が無くなるため、攻略時間の短縮が出来る。
安全面からバトリー部屋を選択する事が多く、無視される場合が多い。

部屋は狭く、当たるとダメージの大きい破壊不可能なビームオブジェと銅像が配置されている。
上級の場合は意志の秘薬がほぼ必須。
特にデバフは入れてこないが、攻撃力が高いので、サブタゲに注意。ローブ職が体当たりを食えば大ダメージになる。

バトリー Edit

画像分類
バトリー_0.jpg一般、蜘蛛女
位置
位置2.jpg
攻略
クロアクに比べると強くは無い。
ランタゲ後に行うジャンプ攻撃の際に被弾すると60秒間スキルが封鎖される。
このため回復役は絶対にタンクの傍に近寄らない事と、デバフにかかった人を速やかに解除する必要がある。

パラトゥサン  Edit

画像分類
パラトゥサン_0.jpg一般、精鋭系
位置
位置3.jpg
攻略
攻撃力が高めなので注意。
攻撃パターンは概ね以下の通り。
【1】腰を落とした後、回転攻撃
【2】腰を落とした後、連続攻撃。事前に「これでもくらえ!!!」の台詞有り
【3】ダメージを大幅減のバリアや攻撃力増加のバフを使用
【4】ボスを中心にサークル攻撃。計3回あり段階ごとに範囲が大きくなる。
【5】一定間隔で一番遠いプレイヤーへ向かって猛突進→突き上げ攻撃(昇竜拳)。
特に【5】は後衛が狙われ易い。向かってきたら誰もいない方へ引きつけ、攻撃を誘発させてから後方跳躍などで離れよう。
ただし連続では行ってこないので、隙の大きいスキルはこの直後に使うと良いだろう。
なお道を塞いでいる柵に接近しすぎると次の部屋の雑魚(拷問官タイプと犬)がなぜかリンクしてきて面倒なことになる。
ダメージを大幅に減らすバリアや攻撃力増加のバフをかけるので、エレプリは解除すること。
ちなみに、南の雑魚処理ルートを選ぶ事でスルー出来る。

カラシュアルメロ Edit

画像分類
カラシュアルメロ_0.jpg中型、アルメロ型
位置
位置4.jpg
攻略
恐怖の迷宮から初登場する新型モンスター。
攻撃範囲が180度近くあるため、タンク以外は後方に立った方が安全。

【攻撃パターン】
・腕回し
円状に腕を振り回す。出血効果付き。
本体から離れるか、アルメロ内部には当たり判定がないので回避スキル等で潜り込んで避けることも可能。

・千鳥レーザー
一番遠くにいるプレイヤーへ直進し、レーザーをばら撒く。
攻撃力が高いため可能な限り回避する。
アルメロが止まったら右側へ回りこむように避けること。
アルメロが止まる前に鈍足デバフスキルを当てる事でカット可能。

・ロケットダッシュ
ランダムターゲット攻撃、対象に向かって突進する。
動きは遅いので回避だが着地時にもダメージ判定があるので注意。

【HP30%以下】
・範囲爆破(近接)
サークルが発生し、数秒後にサークル内のキャラクターに即死級のダメージ。
アルメロが両手を地面につけ、手を高速回転させながら砂埃を巻き上げるモーションが特徴。
防御10000以上のランサー、ウォーリアーならばガード可能。

・範囲爆破(遠)
「カラシュアルメロが範囲爆破を唱えています。」というテロップが表示され、食らえば即死級のダメージを受ける。
モーションは近接爆破と同じだが範囲は4~20mに及ぶため、アルメロに密着(約3m)するか、21m以上離れることで回避できる。
憤怒時は猶予が短いため、後衛職は位置取りに気をつけること。

迷宮の守護者×2 Edit

画像分類
迷宮の守護者_0.jpg中型、クーマス型
位置
位置5.jpg
攻略
どちらも大してHPないので特に問題もなく終わるかと思われる。
ヒーラーが片方をヒールヘイトでタゲ維持しつつ、眠らせ続けるとすごく安定する。
エネルギー弾を打ってくる向かって右側のクーマスを先に倒す場合が多いので、Lv57のローブ職は、エネルギー弾にあたらないように注意(胴/手/足が庭園主シリーズ+6装備でも即死します)。
次の部屋の入り口に柵があり、左側のクーマスを倒せば消滅する。
補足
入って右側を眠らせて、左側だけを倒しカラシュグルドラ部屋に駆け込むと、右側は戻るので相手をしなくて済む。
カラシュグルドラ撃破後も同様に次の部屋まで行くとタゲが切れるため無視できる。
この手を使うときはこの部屋に入る前にバフのかけ直しなどしておくのが良い。

カラシュグルドラ Edit

画像分類
カラシュグルドラ_1.jpg中型、グルドラ型
位置
位置6.jpg
攻略
恐怖の迷宮から初登場するタイプの中型モンスター、見た目と裏腹に素早い。

【攻撃パターン】
・高速ジャプ
メインターゲットに使用、素早い上に転倒率が高いという厄介な攻撃。

・ラッシュパンチ
赤目モーションの後、連続でパンチを叩きつける。
初弾には気絶効果があるため、必ずガードしておきたい。

・潜行攻撃
ランダムで対象1人に向かって地中に潜行し、飛び出してくる。
威力が高い上に範囲も広く味方を巻き込みやすい。
対象には青いサークルが付き、またガードもめくられるため潜った位置から素早く移動して回避しよう。
アイスブラストなどでエフェクトが敵に付いていると位置を判別できる。

・大ジャンプ
赤目モーションのあと地面を叩き勢いをつけてジャンプし、落下攻撃を仕掛ける。
見た目より若干範囲が広く攻撃力が高いため後衛職は避けておく事。

・雑魚召喚
地中に埋まると同時に雑魚を召還する。一定時間が経過すると地中から出てくる。
1回目=一般タイプ、近接MOB3匹、近接範囲(回転)を連発してくるので痛い。
2回目=小型タイプ、HPが高めで数が多い。処理が遅れるとボスのいる位置で止まり、ボスのHP回復を始める。
小型タイプは攻撃地点から一番遠いプレイヤー狙うため、味方から離れすぎないようにすること。
召喚中は地中に潜ったままだが、ヒールヘイトなどによりタゲが移ると即座に地中から出てくる。
雑魚処理中の回復は抑えたほうが良い。
逆に倒した後であればこの性質を利用して誘き出した方が早く終わる。

・ローリングアタック
HP30%から使用する回転突撃。
多段ヒットしやすく、ダメージで転倒しないと死亡もありえる。
目が回るのか、数回使用したあとよろめきモーションを取るため、一気に畳みかけよう。
補足
一回目の召喚を阻止すると2回目の召喚の後にもう1回召喚をする。その場合、1回目に召喚するはずだった一般タイプのモンスターを召喚する。
羽を大きく広げるとジャンプ&着地の前兆ゆえ回避等の準備を。
潜行、一般MOB召喚後に全一般MOBを倒したとき、まれにボスが出てこないことがある。その場合、ヒールヘイトなどでターゲットを移すと出現する。

ベルダ・レミレザス Edit

画像分類
ベルダレミレザス_0.jpg中型、ベルダー型
位置
位置7.jpg
攻略
庭園の第3の試練の間に出現するベルダーブエノスと同タイプ、攻撃範囲が広い。

・前方180度ブレス
前方180度をブレスでなぎ払う、ダメージ+炎上デバフ。使用頻度が高いため、タンク以外は基本的にボスの後方で戦う必要がある。

・回転攻撃
赤目モーションの後、高速回転で周囲のプレイヤーを弾き飛ばす。ダウン確定攻撃のため、スタンスキルでカットするなど確実に回避したい。

・竜鱗沼発生攻撃
赤目モーションの後、ボス上空を鱗が回転し、地面に突き刺さる。突き刺さった場所には一定時間巨大な沼が発生し、触れるとダメージとデバフが付く。
・紫色:鈍足効果
・赤色:炎上効果
どちらの場合でも上空で鱗が回転するモーションを見たら即座に離れる事。

マリネウ Edit

画像分類
マリネウ_1.jpg一般、アルゴンシャマルラン系
位置
位置1.jpg
攻略
隠し通路の先にいる中ボス、中二病に感染している。
アルゴン族のシャマルランタイプで、必中攻撃、周囲範囲攻撃、そして超広範囲攻撃を使用する。
広範囲攻撃は部屋の半分位を占める広さで、しかも連続で使ってくるため後衛はあっという間に削られてしまう。

広範囲電撃を避ける戦法として、2階へ行く途中の階段を上がったところ広間横の段差で盾がタゲを持つと、
階段下にいる人は電撃を食らわないので楽に倒せる。
失敗することもあるので、ちょっとしたプレイヤースキルが必要。
階段の上にマリネウを連れて行く場合はPTメンバー全員が階段の上、または近くにいるほうがいい。
後衛が段差や階段から離れた所で戦っているとランタゲ時にマリネウが階段を降りてしまい、
そのまま連続範囲攻撃につながってしまうので注意。
特に階段ではなくフロア横で戦っているとフォローが効かなくなる場合もある。
PTにランサーがいれば、階段までリーシュで引き寄せてもらいたいところ。
引き寄せてもすぐ動いてしまうこともあり、リーシュもCTがあるので階段の方が安全ではあるが
PTメンバーに転倒スキル持ちがいる場合、最悪ランサーの上にマリネウを転倒させ、
ランサーはマリウネが邪魔で階段上にいけずにランサー以外全滅することがあるので注意すること。
上級でもあまり強さが変わらないため門番が出た場合、非常に凶悪なアレイスターをスルーできるので嬉しい。

アレイスター Edit

画像分類
アレイスター_1.jpg一般、ピエロ系
位置
位置8.jpg
攻略
数々の初見PTを潰してきたであろう凶悪ボス。
攻撃判定のない振り払い(顔前で×の字に十字架を振り、手を後ろに下げる)→地割れジャンプ攻撃をするとステージ全体に恐怖デバフ付きのオレンジ色の風が出る。
「誰から殺ってやろうか?」の台詞とともにこれを行った場合はただのデバフ攻撃だが、その少し後に台詞無しで同じ行動をする。
これが召喚行動で、ボス本体は後ろに下がり一般タイプのMOBを召還する。
(一定時間ボスは動かないので近づいたり叩いたりしないように)
(召喚後ボスは無敵状態になるので、数%で召喚されると苦汁をなめる事になる)
1回目:僧兵、弓1、斧2、槍1
2回目:僧兵,魔術師,弓2,ヲリ(剣闘士)
召喚されたMOBは蓄積していくので 空中庭園のような1体残しは通用しない。
周囲の仲間にバリアを展開する僧兵は最優先で倒そう。
次に単体火力の高い魔術師と後衛を集中して狙うAIをもつヲリを速やかに処理すべき。
1体1体の火力が高いので、タンク役の固さや職によって変わって来るとは思うが、タゲを維持して狭い範囲を出来るだけMOBが動かない様にマラソンすると安定するかも。
召喚について
召喚はHPが○○以下になったら使用というものではなく、○○以下になったら召喚スキルが使用できるようになるという判定のようで、いつも同じタイミングで使用することはない。 召喚はHPが85%, 20%の時、上級では70%、50%で召喚する。攻撃モーション途中に両閾値を切った場合は次の最初のモーションで召喚を開始する。また憤怒中だった場合は憤怒終了後の次のモーションで召喚を開始する。(タイミングがおかしく見えるのは削るのが早かったり閾値付近で憤怒状態である為)
アレイスターの召喚モーションをスタンや転倒で止めることが出来れば召喚をキャンセルさせることができる。だが少しでもスタンのタイミングが遅れると”召喚後の高みの見物動作”をキャンセルしてしまい召喚MOBと一緒に戦闘を続行するという最悪の事態を引き起こすというリスクがある。
またタゲを交互に移すことによって攻撃の動作をさせないという手法が主流。絶対に成功するとは言えないが、召喚される可能性が低くなる。
PTにランサーとウォリアーが居ればタゲのピンポンが容易になりこの方法が意外と簡単にできる(FAはランサーから)。
但しウォリアーのトレントブロー等によるタゲ奪取能力はかなり高いのでランサーから奪いすぎないように適宜調整する。
台詞の有り/無しや似た動作の通常攻撃もあるため、それらに誤ってタゲ変更を行なってしまい肝心の召喚行動を止められない、ということが無いようにモーションを見極める必要がある。
召喚後、初期位置に戻り一定時間動かなくなる。

ボス Edit

キリアン Edit

画像分類
キリアン_0.jpg中型、ガーディアン型
位置
地図には表示されない場所
攻略
恐怖の神、基本的にガーディアン型と同じ。
後述の即死のブレスがある為、マップの両サイドどちらかに陣取って戦うのが一般的。

「かかってこい!」でキリアンが中央に移動しても着いていかない事。
最初から最後まで左サイド・右サイドのどちらかで戦うように。

【キリアン】
電撃
上下反転し、周囲に電撃を放つ。
大ダメージ+大出血、範囲が広いので速やかに回避or防御行動を。
HP20%以下から反転モーションが無くなり、高速化する。

・ランダムターゲット突進
一番遠くにいるキャラクターに向かい、往復突進を仕掛ける。
多段ヒットする強力な攻撃、フルヒットすると死亡しかねないので絶対避けること。

・「かかってこい!」
「かかってこい!」のテロップが流れたあと、中央に移動して鈍足デバフを放つ。
その後、マップ奥にいる巨人が広範囲のブレスを吐く。食らったら死亡するという認識で良い。
マップ両サイドはブレスの当たらない安全地帯(画像参照)となっているため、最初からこの範囲で戦うのが望ましい。
キリアンブレス2.jpg
上図のオレンジ色の部分にいるとブレスにあたって即死する。目安としては「2本目の線まではセーフ、ピエロのPOP位置はアウト」

【ピエロ】
MAP奥の両サイドに居るピエロ2体(倒すと一定時間後リポップ)が定期的に小型MOBを数体ずつ召還してくる。
「キリアン様が! キリアン様をお守りしろ!!」の台詞有り。
また、同じサイドの壁にある悲痛の供物から「キリアンの恐怖」を発生させる攻撃の号令をする。発動時に「泣き叫ぶがいい!」の台詞有り。
ピエロが沸いたら誰かが倒しにいくと良い。

MAPの中央より左右側に踏み入れなければ、反対側のピエロは反応しないため、放置可能になる。
補足
巨人のブレスはキリアン討伐後でも事前に「かかってこい!」が発動していれば発生する。
倒したからといってすぐにドロップアイテムに向かわずにちゃんと巨人を見ておく事。

絶叫の殿堂(キリアンのいる所)に入った時点で、恐怖IDに入ってすぐの所に絶叫の殿堂に移動できる魔法石が出現する。
全滅した場合などにはこれを利用するが、キリアンが戦闘状態の場合はワープしてすぐのところにレーザー装置があり戻っても大抵死んでしまう。
全滅までは街に戻ったりせずにちゃんと残っておく事。

全身シャンドラ・マナイア+12以上の装備にし、アイアンウィルを使用。火の川をガード可能な場合もあります。
ウォーリアーならブレスが当たる直前のタイミングでエヴァジョンアタックで回避可能。
が、通常時はそんな危ない橋を渡らずに普通に避けましょう。

ID固有ドロップ Edit

極震慄シリーズ
暗黒道化シリーズ

その他 Edit

  • これまでのアップデートにより、ボスドロップ率が大幅に上がりました。
    (獲得時帰属装備追加。武器および防具を同時にドロップする確率が上昇。)
  • キリアンは伝説装備を複数ドロップする。
  • これらには獲得時帰属の性質を持っている物も多く、分配設定をよく確認してから
    攻略しよう。また当然ながらIDから一時的に出ているプレイヤには獲得権利が無いので、
    街で復活し復帰中にボスを倒したとき等は復帰者がIDに入ってから拾うようにしよう。
    なお、近くにいれば死亡したままでも獲得権利がある。
  • 2012/02/01アップデートにより、暗黒道化ドロップするように変更されました。

関連クエスト Edit

恐怖の迷宮関連クエスト

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 意志の秘薬の入手法が一見ではよくわからないので、補足のところに意思の秘薬について書き足しておきました。 -- 2014-03-24 (月) 00:48:12
  • 意志の秘薬廃止に伴い暫定的に更新。情報が古すぎるので時間があれば丸ごとリニューアルするかも -- 2016-12-11 (日) 22:18:56
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White