Whirlwind

Last-modified: 2018-11-24 (土) 16:01:43

日本名:ワールウィンド 略称:WW

分類クラススキルツリー
SkillBarbarianCombat Skills

基本情報

Of the Barbarian people, the Tribe of Thunder was the first to draw upon the primal forces of the weather. Tornadoes would ravage their plains as summer turned to the harvest season. The shaman of the tribe would interpret the tornadoes as an omen of evil during times of peace, and as a harbinger of great victory during wartime. Observing the strength of the whirlwind, these Barbarians learned to emulate the swirling melange of the cyclone in their attacks. As time went on and the tribes intermingled, the ability to attack in the manner of the whirlwind was passed down to all of the Barbarian people.

効果

クリックした地点まで、武器を持って回転したまま移動する。
移動中は全方向に攻撃判定がある。
武器のレンジIASによって射程距離・最大ヒット数が決まる(後述)。

Level12345678910
Mana Cost12.51313.51414.51515.51616.517
Damage %-50-42-34-26-18-10-2+6+14+22
Attack +%0+5+10+15+20+25+30+35+40+45
Level11121314151617181920
Mana Cost17.51818.51919.52020.52121.522
Damage %+30+38+46+54+62+70+78+86+94+102
Attack +%+50+55+60+65+70+75+80+85+90+95
Bonusを受けるスキル
なし
Bonusを与えるスキル
なし
秒間ヒット数 *1
ヒット数を決めるのは「武器のベース速度-武器IAS」である。
つまり防具でいくらIASを稼ごうと、Whirlwindのヒット数には何の影響も与えない。
武器のベース速度-武器IAS=Xとしてヒット数は以下の表にようになる。
  • 片手武器の場合
    X~1615~1110~-9-10~-33-34~
    frame1210864
  • 両手武器の場合
    X~1615~10~-9-10~-29-30~-59-60~
    frame141210864
    ※両手剣は、「盾持ち」「二刀流」「両手持ち」を問わず片手武器とみなす。

ここでいう所謂「ヒット数」とは実際には秒間攻撃回数のことである。
1.09 以前一般的に利用された eth バグを使う場合攻撃回数≒命中回数であるためにこんな言い方が定着してしまったのであろう。俗に言う 6hit とは実質 4frames 攻撃に相当する。つまり 25/4 = 毎秒 6.25回攻撃。
例えばベース速度-10の剣に20IASが付いていればX=-30なので6frameごとに攻撃し(いわゆる4hit)、ベース速度20の槍に30IASがついていればX=-10なので8frameごとに攻撃する。
また武器のレンジ、的の大きさ/数/動きによって実際の秒間ヒット数は更に大きな差が出る。そのため武器はなるべく長いレンジの物が好まれる*2
なお、WWが出始めて4frame目と8frame目では、武器の速度に関わらず攻撃が行われる。

二刀流の場合

レンジ内の目標の数によらず最速 4frame 毎に左右それぞれの武器で攻撃し、最大約12Hits/s。つまり実質2フレ攻撃。
ヒット数はかつて左手武器のみが影響すると思われていたが、1.13現在左右両方の武器の攻撃速度が用いられているようである。ソースはこちら*3
また、二刀流時のWhirlwindのページも参照のこと。

要約すると、多くの場合左手武器がヒット数を決めるが、Whirlwind開始から敵との接触までにある程度間があると右手がIAS計算に使われてしまうことがある。
よって右手に遅い武器を持つ場合は、常に敵の近くからWhirlwindを開始し常に敵と接触するように心がけるとよい。

評価

集団を同時に攻撃できる唯一の、そして最強のCombat Skill。
初期は地味で当たらずフラストレーションはたまる一方。しかし、IASを十分に備えた振りの速い武器を装備すればがらりと変わる。
毎秒 6.25回繰り出される攻撃は全て致命打壊滅打の適用対象*4で、これらを十分に稼げば大暴れが可能。(物理無効以外には)
十分なLSを確保出来ているなら、赤Potを飲むよりコイツで敵集団に突っ込んだ方が速いくらい。

回転中は敵との衝突判定が無くなるため、完全に囲まれた状況からでも脱出が可能でKBも無効化とFHRを考えずとも完全な攻めに廻ることが出来る。
ただしMana Burn集団に囲まれた場合は「マナが無い」という理由で脱出できない。ベルトのうち一列はFullPotを用意しておきたい。

以下注意点

  • マナ消費量がかなり多いので、十分なMSを確保しておかないとすぐに息切れしてしまう。*5
  • スキルEDは低めなので、育成中や高ダメージ武器がない段階ではスキルポイントの優先度は低い。
  • On Striking系のスキル投射効果が一切発動しない点にも注意が必要。
  • 回転中はPOTを飲むことが出来ない仕様なので、激戦区ではご注意を。
  • 回転中に武器スワップを行うと音だけが聞こえて実際にはスワップ出来ていない点も注意。
  • 近接物理攻撃系の中で唯一の範囲攻撃であるため、発動中にIron Maidenをかけられたら即死確実。
  • 早足を稼がないことでWhirlwindの速度を落とし、敵との接触時間を増やす方法もあるが、空振り区間の通過もその分遅くなるため、攻撃時間と空振り時間の比率が変化するわけではない。
  • 武器の効果は左右独立である。例えば右手武器にCrushing Blowが付いていても左手武器がヒットするときは効果がない。
  • 回転中はDefense盾ブロック率Weapon Blockなどの防御面はすべて静止時と同じ扱いになり、ペナルティは付かない。*6

使い方

敵集団を突き抜けて攻撃。
遠方へ回ると無防備+無制御状態が続くので、効率的に回るのを心がける。
集団の真ん中に突進+War Cryなんてのもあり。
1.12までのCSなどのIM-ZONEでは使用しないのが無難だが、使う場合はどきどきしながら恐る恐ると。そういった場所では、大抵の馬場はBerserkの使用で乗り切っていた。
しかし、1.13でIron Maidenを使う敵はいなくなったため、思う存分回れるようになった。

このスキルは、右クリックに割り当てて、Altキーを押して到達目標地点(敵のいない場所が好ましい)を指定して使うのがコツ。
左クリックに割り当て、標的をクリックして使うのは効率面で最悪。
どこまでも逃げ続ける敵(Zealot系)を直クリックしてしまい、周囲の敵から魔法を食らいつつ死ぬまで回り続ける羽目に陥る馬場はNoob丸出し、果てしなくSucksである。
万一そういった失敗を犯したなら速やかにRejoin、何事もなかったように「Fxxkin' Lag」。前線復帰しよう。

また、使い始めればすぐに分かると思うが、歩きの目標クリックと同様Whirlwindの移動は”必ずしも障害物を自動迂回するわけではない”ので、特定の障害物(一例:ACT1の外壁の出っ張り)が阻害する場合ぶつかって回転が止まってしまう点、注意。
また、大群に囲まれていると、被弾によって発動直後に攻撃が中断され、闇雲にクリック連打してもその場で不発回転を続ける事になったりして余計に危険。要注意。
Knockback付き装備との相性の良し悪しは、人によって意見が分かれる。

なお、WWが出始めて4フレーム目と8フレーム目では、武器の速度に関わらず攻撃が行われる。
両手持ちの場合は4フレーム目に左武器、8フレーム目に両方の武器で攻撃されるらしい。
このため、武器の速度を稼がなくとも小刻みに回ることで4フレ攻撃が可能で、海外ではDance of Death(死の踊り)と呼ばれている。
ただしマナを大量に食うので対ボス以外ではあまり使えない。

凍結状態、Decrepifyを食らった状態で使うと爽快な一撃。
速度が遅いと敵とすれ違う時間も増加してヒットしまくる。
凍結にイライラDecrepifyにイライラしたら回ってみると楽しい。

スキル振り

WW馬場なら20。ただしマナの消費が激しいので、RW Insightや高効率なMSなどのマナ供給手段が確保できるまではこちらは1+ブーストで止めておき、武器マスタリの方を優先するのも手。
他の戦闘スキルとの兼用ビルドでもブースト込みでそれなりに。スキルレベルが低いうちはダメージにマイナス補正がかかります。
前線からの逃走用に1だけ振っておくLA馬場も居るとか居ないとか。

このスキルが付加される装備

  • ユニーク/セット/RW 武器:
  • 個別スキルブースト(Staff Mod/Auto Mod):
    • Barbarian Helms+1-3 Any Skill (Barbarian Only) *1-3)*7

その他

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • イモキン一本 -- 2010-10-29 (金) 16:53:21
  • ここに書いてあるね(http://miyoshino.la.coocan.jp/eswiki/?JP_Tables#b20f4c20) -- 2011-01-07 (金) 05:12:30
  • 二刀流使えなさ過ぎる -- 2011-01-09 (日) 03:54:26
  • 盾持ちだと攻撃回数減るの?結局片手両手盾持ちすべて6hitってこと? -- 2012-03-31 (土) 18:02:29
  • ↑訂正 二刀、両手、盾持ちすべて6hit?となると二刀のメリットが減るような -- 2012-03-31 (土) 18:04:57
  • PvMなら12ヒットするし、pvpでも右に威力のある武器、左にowとかオーラとかの特殊武器を装備すれば案外役に立つ。防御力重視の戦いなら盾一択だけど。 -- 2012-04-30 (月) 10:11:22
  • ↑訂正 PvMで複数敵がいる場合ね。 -- 2012-04-30 (月) 10:12:43
  • 右クリック+Stand stillより左常時クリック(移動しながら)+Stand stillno -- 2015-08-15 (土) 21:02:30
  • 途中送信失礼。 後者の方が使いやすい気がする。 -- 2015-08-15 (土) 21:03:04
  • なぜかバリケードタワーを通り抜けられる素敵スキル。 -- 2015-09-13 (日) 20:31:45
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
表示編集コメント?

*1 D2Cの場合はどんな武器でも必ず6ヒットする。
*2 片手武器は最長3
*3 コメントアウトで訳を記載しているので詳しく知りたいならソースを見てください
*4 両手それぞれにDS, CB, OWが存在してもその値は足し算はされない。その武器がヒットする時のみ適応される。
*5 装備が調って攻撃力が高くなるほどMSは低くて済む。Grief+Fortの場合、雑魚敵集団を相手にするなら3~4%程度で十分。
*6 スキル発動直前に走っていたとしても、回転中のDefが0扱いになることはない。
*7 Holy Shield+3付きのWar Scepter系以上に出難いですが専用兜にこのスキルが付く可能性はあります。詳細