【ラッカラン住宅村】

Last-modified: 2021-09-08 (水) 09:35:20

概要

【娯楽島ラッカラン】にある【住宅村】
リリースされたVer.3.2時点では、レンダーヒルズ地区のみ存在する。
Ver.3.2リリース時からオーナーの館東側に入り口が出現していたが、中に入ることができるようになったのは2016年1月14日の朝6時から。
Ver.4.4現在は3000丁目(計12000件の土地)まで存在している。

各施設の利便性一覧

タダ宿神官預かり所紹介屋案内係バザー郵便局売店達人
【住宅村】(五大陸)※1×※2×※2※2※2※2×
【ラッカラン住宅村】※1×
【マイタウン】※1×
【娯楽島ラッカラン】×
【邪神の宮殿】××××××
【スキルマスターの石】×××××
【新エテーネの村】※3

※1自分の家か、権限を貰った家でベッドが必要
※2購入した土地により各施設へのアクセス時間が異なる。収納家具、ポスト使用可能
※3クエストクリアで順次解放、バシルーラ屋あり

地区

レンダーヒルズ地区

各土地の正面に【預かり所】【旅人バザー】を始めとした施設が揃う、いわゆる高級街。
他の住宅村にあった施設が一通り揃っているだけでなく、【酒場】【ダーマの神殿 出張所】もある。
ここの【素材屋】【タネ屋】は、他の住宅村にある売り物全てが並んでいる。
ただし回復ポイントと達人はいない。この点は【邪神の宮殿】【スキルマスターの石】等との使い分けが必要。
 
土地はすべてMサイズとなっている。
土地代は1億ゴールド固定と超高値。他の土地と異なり時間経過で値下げすることもなく、【タダ土地チケット】も使用できない。レンダーヒルズ専用のチケットである【レンダーヒルズ招待券】を使用すればタダで土地と交換できるが、単純に1億ゴールドの価値があるアイテムなため非常にレア。
また土地転売や【RMT】への暫定対処として、Ver.5.0までは土地の売却が出来ず、購入者のキャラクターを削除することができなくなる仕様があった。
更に購入者はRMTの疑いがないか調査されることになり、黒なら土地没収を含む処罰がなされる。
間抜けな話であるが発表によると処罰された実例が存在する。
Ver.4.5後期には【マイタウン】への引っ越しに限り、Ver.5.1からは他の住宅村への引っ越しも可能になったが、転売対策として空き地になってからしばらくの間は土地の購入ができなくなる。
 
最初の土地開放では1~100丁目にそれぞれ4番地ずつ、つまり400件の土地があったが、解放からわずか12分程で完売した。
このスピード完売は運営側も想定外だったのか、1週間待たずに土地の追加が発表された。
追加分の土地も1番地から3番地までは早々に完売したものの、4番地は一番近い施設が【家具屋】【郵便局】が遠く、更にラッカラン住宅の大きな利点である酒場やダーマの神殿 出張所も遠いという1億ゴールド掛かる割にあんまりな利便性の為か、ずっと売り切れずに残ってしまっていた。(後にこの問題は、Ver.3.3前期で施設の配置換えが行われ、解消された)。
確かに高額ではあるが、メンバーの多いチーム全員がお金を出し合うことで集会所として購入、というケースも多いようだ。
 
最近ではレンダーヒルズ購入を目的として1億ゴールドを貯金した人がかなりいるため、販売開始から1時間も経たずに全ての番地が完売してしまうようになった。
さらに上述の通り売却・譲渡できない為、現在土地を購入・入手することは一切できない。
そのため広場では販売当日にも関わらず「早く追加してほしい」との意見が複数出ているのが現状である。
 
Ver.4.3でレンダーシアの【ふくびき】が廃止となり、それによってヒルズのコンシェルジュでふくびきが一時できない状態となっていた。
後に、【スペシャルふくびき】のみができるようになり、その後Ver.4.4で、五大陸全てのふくびきが出来るようになった。

Ver.4.5後期

【マイタウン】実装に伴い、マイタウンへの引っ越し時に限り土地を手放すことが可能になった。
引っ越し時に5000万ゴールドがキャッシュバックされる。
ただし、転売対策として空き地になってから暫くの期間は他人が土地の購入をすることができなくなる。

Ver.5.1

マイタウン以外の住宅村への引っ越しができるようになった。
引っ越し時には1000万ゴールドがキャッシュバックされる。
これに伴いレンダーヒルズを所有しているキャラも削除ができるようになった。