Top > 【奈落の門】


【奈落の門】

Last-modified: 2019-06-09 (日) 09:31:11

概要 Edit

Ver.2.3で明らかになる場所。

【悠久の回廊】の果てにある巨大な扉。【光の神殿】はこの門を封じるために建てられた。
その向こうには【大魔王マデサゴーラ】の求める【創生の霊核】というチカラが眠っている。門を開けるためには勇者のチカラが必要となるため、魔族が手に入れることは不可能と思われていたが・・・。
実はドラゴンクエストXのタイトルロゴにそれらしき扉がVer.1から描かれている。というか、前作の神の国に似ている。

Ver.2.4 Edit

大魔王に操られた【トーマ】により封印が解かれてしまい、溢れ出た光が大魔王を【創造神マデサゴーラ】へと変貌させた。
決戦後、門の向こうから悪しき竜の幽霊が複数出てきたが、正体を現した【クロウズ】により一掃される。その直後にクロウズがその中に突っ込み、門を閉じてしまう。
その後は門も【魔瘴】に包まれて見えなくなってしまい、クリア後に訪れる事はできない。
なお実は、トーマが破壊した結界は【ナドラガ教団】のシンボルマーク(簡略版)である。

Ver.3.0 Edit

【竜将アンテロ】一味により再びアストルティアに出現。【六種族の祭典】を襲撃しようとするが、【主人公の兄弟姉妹】に先を越され、アンテロが張った幻術で見えない状態を保っていた。
【オルゲン】に作ってもらった【竜の香炉】を使用すると再び見えるようになる。
 
レンダーシア内海の上空にあり、(アンテロに敗れたなどで)再び訪れる際は【飛竜】を高く舞い上がらせないと辿り着けない。オートランを止めてスティックを下に引けば高さを上げることができる。
 
門の向こう側が【ナドラガンド】という【竜族】の世界であることが判明。アンテロが【ヒューザ】【フウラ】をナドラガンドに転送したあと、再び門を閉じてしまう。
最終目標がフィールドの上空に上がる様は、DQ8の暗黒魔城都市を彷彿とさせる。

Ver.3.1 Edit

【竜の聖印】の修理が完了し、【炎の領界】への道が開くが、その時点では一方通行で出口は【アペカの村】近郊となっている。

Ver.3.2 Edit

クエスト【奈落より常世まで】をクリアすると、【いざないの間】を通じてアストルティアとナドラガンドの往来が可能になる。それと同時にアペカの村近郊への移動はできなくなる。

ボス Edit