Top > 【トーマ】


【トーマ】

Last-modified: 2018-11-07 (水) 12:16:35

概要 Edit

【グランゼドーラ王国】の王子。【勇者姫アンルシア】の兄。
【クロウズ】に続く鳥山明デザインのキャラであり、男性キャラの中でも屈指のイケメン。
【ドラゴンクエストX アストルティア創世記】の年表(オンラインモード開始時期が起点)には23年前に誕生とあるので22~23歳、妹とは7歳ほど離れていることになる。

【眠れる勇者と導きの盟友】(Ver.2.0) Edit

グランゼドーラ王家は代々勇者の血筋を受け継いでおり、彼もまた勇者になると目されていた。
そのため、幼少の頃から勇者として、魔王の手下に命を狙われている。
アンルシアとは非常に仲がよく、彼女は兄を支え助ける勇者の盟友になることを望んでいた。
しかし、彼は魔族との戦争中に、アンルシアを庇って致命傷を受けてしまう。
その際、アンルシアに自分が勇者の身代わりとして育てられたこと、またアンルシアこそが本当の勇者であることを告げ、命を落とす。
このことがアンルシアのトラウマとなり、彼女は自ら記憶を封印してしまう。

アンルシアの記憶の世界では、生前の姿と別に顔を隠したフードの男として登場する。
彼女の記憶が戻るときにはフードを取り顔を見せ、彼女を守ったことが本望であったことを告げ、アンルシアの勇者としての覚醒を祝って消えていった。

最終章で語られたトーマの最期のセリフでは「生と死のはざまに見た夢の中」として彼が主人公に会ったことを覚えている事がわかる。ミシュアの記憶の世界はトーマの夢の中でもあったようだ。

【重なりし運命の大地】(Ver.2.1) Edit

彼の遺体は【王家の墓】に埋葬されていたが、終盤のクエスト【ユリア妃の願い】で墓荒らしに遭っていたことが判明。
一方【海風の洞くつ】の王家の宝物庫には仮面を被った謎の人物がおり、先代勇者の指輪を奪い逃走した。

【紡がれし勇気の絆】(Ver.2.2後期) Edit

【仮面の男】の正体がトーマである事が判明。【大魔王マデサゴーラ】の手によって闇の勇者として蘇っていた。服装も黒、紫を基調としたダークな配色に。
【魔元帥ゼルドラド】【獣魔将ガルレイ】と共に【古き神の遺跡】にある結界の間に先代勇者の指輪を使って侵入し、その奥にある神の緋石の間でアンルシアと一騎打ちし退けた後、【神の緋石】を破壊し、偽りの世界の浸食を後押しした。

【天翔ける希望の双翼】(Ver.2.3) Edit

直接の登場はなし。
ゼルドラド戦後、マデサゴーラに従って【奈落の門】に向かったことが明らかになった。

【悠久の果ての決戦】(Ver.2.4) Edit

【悠久の回廊】の中では、生前の彼を含めたグランゼドーラ王室の一家団欒の光景が見られる。

奈落の門ではボスとして【トーマ王子】の名称で登場。
マデサゴーラの目的はトーマを使って奈落の門の封印を解く事であったが、覚醒していない彼単独ではそれは不可能であった。
アンルシアの【勇者の光】を吸収した事で奈落の門の封印を解いた後、【創造神マデサゴーラ】が倒された事で大魔王の支配を逃れたが、その身体は既に限界に達していた。
【創生の霊核】を得ようとするマデサゴーラの行く手を我が身をもって阻み、アンルシアにとどめをささせた。
アンルシアへの称賛と主人公への礼を述べるとトーマは成仏した。

エンディング後、アンルシアが持ち帰ったトーマの剣は母【ユリア妃】が城内の一室に飾っている。

【アストルティア・ナイト総選挙!】 Edit

初出場。4位にランクイン。

【第2回アストルティア・ナイト総選挙!】 Edit

2015年もノミネート。
Ver.2エンディングで男を見せてくれた彼がどこまで票を伸ばせるかが期待される。
問題はそれを見られたプレイヤーがどれだけいるかだが、さて…
 
結果は8位と大幅ダウン。
やはり難易度の高いラスボス戦を制して彼の活躍を見られたプレイヤーは少なかったか、はたまた敵として出てきた際の強敵っぷりに恨みを買われたのか…
6位以内を逃したということで次年度の参戦も難しくなってしまった。Ver.2のエンディングを見たか否かで大分評価が変わるであろうキャラだけに実に惜しい。時期に恵まれなかったという点でカンダタとは真逆である。

【アストルティア・ナイト総選挙 大予選会!】 Edit

この年の予選会にも出場。
 
しかし、またしてもラグアス王子より下の13位と惜しくも予選落ちという結果に。
予選落ちでも順位的には全体的に結構上に来ているのでがんばったほうだろう。

【がくぶちモンスターの秘密の部屋】 Edit

Ver.3.4後期より「一期一会」の扉の中におり、【ザンクローネ】同様、各種指アクセをくれる。ストーリーの進捗で台詞が変わる。