Top > 【怪蟲アラグネ】


【怪蟲アラグネ】

Last-modified: 2019-01-23 (水) 17:17:41

概要 Edit

【王都カミハルムイ】のストーリーの大ボス。各大陸の2つ目のキーエンブレムボスの中では【天魔クァバルナ】に次いで強敵とされる。
色違いに本作では【妖魔将ゲジュラ】【闇蜘蛛マルギト】【銀甲の崩撃将ダバム】がいる。
プレイヤーたちからの呼び名は「蜘蛛」or「クモ」。マリーンの「姉妹」などとは違い、登場の瞬間までまったく伏線がない「カミハルムイのストーリーに蜘蛛型ボスモンスターが出現する」という事実をネタバレしてしまう可能性があるので、まだクリアしていない人がいたら配慮した方がいいかもしれない。
ドラクエに蜘蛛のモンスターは少ないが、前作に登場してから強力な蜘蛛がとんと増えた。
 
名前の元ネタはギリシャ神話の蜘蛛女「アラクネ」からだろう。DQ11にも色違いかつ似た名のアラクラトロがいる。
デザインに関しては、和風なことも相まってアラクネというより牛鬼に近い。

活躍 Edit

本人曰く【暗黒大樹】から生まれた魔物で、エルトナの聖地を汚し【エルトナ大陸】を我が物にしようと企んでいた。
聖地への扉を開く黄金の指輪を手にするため【アグシュナ王妃】を食い殺してなりすまし、【ナシュロイ王】?をも殺して黄金の指輪を強奪。しかし【リタ姫】には正体を見破られエルトナの聖地に封印されていた。
50年後、【冥王ネルゲル】復活の余波を受けて封印が弱まり、【ニコロイ王】に幻影を見せて【暗黒大樹の葉】を玉座に奉納させ解放された。
図鑑によると、捕食した相手の姿と記憶を吸収し化けられるとのこと。

攻略法 Edit

メダパニ、ボミオス、ルカナン、【死グモのトゲ】【呪縛糸】【ひかりのはどう】と厄介な呪文・特技を使用し、通常攻撃には猛毒の追加効果がある。死グモのトゲは全員のHPの75%程度が減る大技だが、逆に言うと25%程度は必ず残るのでベホマラーなどで落ち着いて立て直したい。
だが回復・蘇生行動に反応して怒るという特徴があり、ロストアタックがないとかなり手強い。Ver.1.0時はサポ僧侶がベホマラーや天使をめったに使わないため、ソロ&サポで進めてきたプレイヤーにとって最初の壁になることが多かった。

強ボス Edit

Ver.1.1以降強ボス「怪蟲アラグネ強」として再戦できる。キーエンブレムボスの中では強敵の部類だったが、強ボスとしては弱い部類。
通常ドロップは【まほうのせいすい】、レアドロップはVer.1.1で【イエローオーブ】、Ver.1.2で【イエローアイ】、Ver.1.3以降は【黄色の宝石】、討伐報酬(Ver.1.2以降)はイエローオーブである。

攻略法 Edit

2回行動でHPの低いキャラが連続で攻撃を受けると死ぬ危険性があるが、現環境の前衛なら殆ど危惧することはないだろう。
 
ストーリー時とは違い【からくりしょうぐん】2体がお供として出現し、倒してもアラグネが呼び寄せる。攻撃は取るに足らないが、応援によるテンションアップが非常に厄介。
死グモのトゲは全員のHPの75%程度が減る技だが、テンションアップで威力が約1.5倍になってしまうので即刻ロスアタしよう。
からくりしょうぐんは3・3・7拍子の後に応援するので、9~11拍目辺りのタイミングでロストアタックをすると良い。
 
しかし他は10ダメージしかない【猛毒】【ターンエンド】でしか使わない【呪縛糸】、成功率の低い【メダパニ】と脅威といえるものがない。日替わり討伐に強ボスが加わってからは、その難易度の低さから、とにかく手っ取り早く終わらせたいプレイヤーに人気。

行動 Edit

怪蟲アラグネ強 Edit

からくりしょうぐん Edit