【断空なぎはらい】

Last-modified: 2021-03-26 (金) 09:06:58

【棍スキル】

【足ばらい】-【黄泉送り】-【なぎはらい】-【氷結らんげき】-【天地のかまえ】-【水流のかまえ】-【奥義・棍閃殺】-【断空なぎはらい】-【豪雪氷結乱撃】

概要

棍の【180スキル】で修得できる特技。
消費MP8、CTはIで150秒(開幕75秒)、IIで110秒(開幕55秒)、IIIで70秒(開幕35秒)。

性能

対象と前方扇状8m以内の敵に1.7~1.9倍×2(【僧侶】のものは2.2~2.4×2)のダメージを与える。
範囲はなぎはらいの5mよりも広くなっている。
 
複数の相手に効果的なのはもちろんだが、奥義・棍閃殺は3.05~3.35倍なので、単体相手にも奥義・棍閃殺をわずかながら上回るダメージを与える事が可能と言う優秀な技。
CTもそこまで長くはないが、出来ることならIIIで少しでも手数を増やしたい。
奥義・棍閃殺の後に出すと攻撃力上昇の効果を得てから出せるので技同士の相性も良い。
ただし、連続技の関係上、テンションアップからの攻撃は奥義・棍閃殺に劣るのでその辺は使い分けで。

Ver.4.1

対象を基準にして範囲効果を及ぼしていたのは不具合として修正され、使用者を基準とした範囲に変更された。
結果、遠くの敵を巻き込みにくくなった。
修正前は準備中に対象が動いた場合も範囲が変動していたため、なぎはらい以上に範囲の縮小を感じやすい。
なお、修正が告知されたのはVer.4.1.3aのアップデート時となった。

Ver.5.2

宝珠の補正が3%→4%に上方修正。
最大で24%の補正となり、倍率は最大で約2.3倍×2と範囲攻撃としては非常に高い威力を持つようになった。

Ver.5.3

【僧侶】の使用するものは2.2~2.4倍×2に強化された。